ニュース

Xiaomi Redmi Note 4XがGearBestにてお目見え!販売日は未定

  • 2017-01-31
  • 2017-10-16

先日、Xiaomiがそろそろ発表すると見られるMi6について書きましたが、Mi6だけでなく他の機種にも要注目です。

Xiaomiは、ハイスペック・高級路線の「Mi」シリーズとは別に、安価でコスパ重視の「Redmi」シリーズも展開しており、その最新モデル「Redmi Note 4X」がそろそろ発売されるもようです。中国のガジェット系通販サイト「GearBest」(ギアベスト)のプリセール情報をチェックしていたところ、この見慣れない端末名を発見しまして、詳しく見てみると現在はまだ予告の段階に留まっているようです。今のところ、価格は302.33ドル = 34,528円と表記されています。

発売開始がいつになるのかは不明ですが、近日中に正式リリースされるものと思われます。製品ページの「Arrival Notice」をクリックしてメールアドレスを入力すると、入荷し次第その旨をメールにて知らせてくれるようです。気になる方はポチッと登録してみて下さい。

Redmi Note 4Xの詳細情報について、今わかっている範囲内でまとめてみました。

※まだXiaomiより正式リリースはされていないため、記事には誤報が含まれている可能性があります。ご了承の上お読み下さい。

Redmi Note 4Xのスペック

GearBestの製品ページより、Redmi Note 4Xのスペックを引用します。以下のとおりです。

詳細スペック表

OSAndroid 6.0 MIUI 8.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 653 8コア 2.0GHz
ストレージ64GB
メモリ4GB
ディスプレイ5.5インチ 1,920 x 1,080ピクセル IPS液晶ディスプレイ
内側カメラ500万画素
外側カメラ1,300万画素
バッテリー容量4,100mAh
拡張MicroUSBx1、オーディオ端子x1
SDカードMicroSD
センサーGPS、指紋、加速度、ジャイロ、コンパス、環境光、近接
SIMカードMicro-SIM x1、Nano-SIM x1(microSDカードスロットと兼用)
幅 x 厚さ x 高さ76 x 8.35 x 151mm
本体重量175g
カラーシルバー、グレー、ゴールド

対応周波数帯

  • GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
  • CDMA2000:BC0
  • WCDMA:B1/B2/B5/B8
  • TD-SCDMA:B34/B39
  • LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B38/B39/B40/41

Redmi Note 4との違いはプロセッサのみ。Snapdragon 653搭載

以前、Redmi Note 4の発売と同時にニュース記事を書いていますので、従来モデルのおおよそのスペックに関しては把握しています。

今回発見したNote 4Xのスペックや外観の写真を見る限り、Note 4との相違点はプロセッサのみかと思われます。先日、Snapdragon 625を搭載したNote 4がインドにて発表されたばかりですが、プロセッサ以外のスペックはそれとほぼ変わっていません。

Redmi Note 4Xに採用されたのは、QualcommのミドルクラスSoCの最新型「Snapdragon 653」で、Snapdragon 652(旧620)の強化版という位置付けです。4基のA72と4基のA53から成るオクタコア(8コア)SoCで、クロック周波数は1.95GHzです。

気になる性能ですが、まだSoCに関する情報があまり出回っていないため、詳細は不明です。ですがSnapdragon 652より1割ほどパワーアップしていると仮定すれば、Antutuベンチマークでは7万点後半〜8万点台を記録しそうです。また、625よりも3割ほど高いスコアを出すでしょう。

価格は302.33ドル。発売日は今のところ不明

GearBestでは今のところ302.33ドル = 34,528円と表記されており、もしこれが確定すれば以前よりも1万円ほど値上がりした事になります。まだ発売前なので、今後どこらへんの価格帯で落ち着くかは分かりませんが…。

発売日に関しては今のところアナウンスされていませんが、近日中にリリースされそうな雰囲気ではあります。

記事の冒頭でも書きましたように、製品ページの「Arrival Notice」をクリックして自分のメールアドレスを登録すると、入荷と同時に速やかに案内メールが届くようです。

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。