レビュー

現状最安のスナドラ845スマホ「Xiaomi Poco F1」実機レビュー

  • 2018-11-16
  • 2018-11-17
10/10
  • 格安なのにSnapdragon 845搭載!ずば抜けたコストパフォーマンス
  • 安定したゲームプレイを支える液冷システム
  • 丸一日使い込めるバッテリーライフ
  • 上位機種譲りの3D顔認証&指紋認証
  • イヤホンジャック&Micro SDカード対応
  • 安っぽさを隠しきれていない筐体(値段相応か)
  • 上位機種に比べると見劣りするカメラ(値段相応か)

今年の8月始動したXiaomiのインド向けブランド「POCO」。その初号機「Poco F1」(Pocophone F1)を購入したので、実機レビューをお届けします。

Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM

ハイエンドでも格安なPocophone

Xiaomiのスマートフォンは、可能な限りコストダウンを図ったエントリークラスRedmiブランドと、高級志向でありながら他社のハイエンド端末よりも価格を抑えたMiブランドで展開されてきましたが、スマホ激戦区であるインド市場でシェアを広げるために「POCO」という切り札を出してきました。インド向けには「POCO by Xiaomi」として、グローバル向けには「POCOPHONE by Xiaomi」として展開しています。

ハイエンドでなおかつ安価というのがPocophoneの売りで、いわばRedmiシリーズとMiシリーズの良いとこ取り。Poco F1は、Qualcomm最強のSnapdragon 845チップを搭載するうえ筐体内部には液体冷却ユニットを搭載し、6GBまたは8GBの大容量RAMと高速なUFS 2.1ストレージを搭載。キャッチコピー「Master of Speed」(スピードの王者)の如く、Mi8やMi MIX 3同等の高いスペックを誇ります。

それでいて、価格は20,999インドルピー = 約3.2万円~と比較的リーズナブル。Snapdragon 820・821積んでいながら2万円前後という破格を実現したLeEco(楽視グループ)のLe Proシリーズなんて、半ば伝説になりかけているスマホもありますが、まるでそれを彷彿させるような機種です。

パッケージと付属品

Xiaomiスマホといえば某林檎メーカーみたいな真っ白なパッケージが多いですが、Pocophoneは黒と黄を主体としたデザインで新鮮です。今回入手したのはグローバル版(POCOではなくPOCOPHONEのほう)で、隅っこには「Global Version」と赤いシールが付いていました。

Xiaomi Poco F1 パッケージ

黄色の主張が激しい!どこかで見たことあるなぁと思ったら、アレですよ、CoCo壱番屋ですよ。

Xiaomi Poco F1 開封

同梱物を並べてみました。充電器やUSB-Cケーブルのほか、ソフトケースやSIMトレイの排出ピン、簡単な説明書が入っていました。

Xiaomi Poco F1 同梱物

USB充電器はEUプラグなので、日本で使うためには変換アダプタを噛ませる必要がありますが、サードパーティ製でもQuickCharge 3.0対応であれば問題なく急速充電できます。

Xiaomi Poco F1 USB充電器

サラサラ背面へソフトケースを付けると、手に程よくフィットして滑りにくくなります。オマケのわりに作りは上々で、変な滲みや歪みはありませんでした。

Xiaomi Poco F1 ソフトケース

端子やボタン周りの処理も完璧。

Xiaomi Poco F1 ソフトケース

ボディの高級感はまるで無いが、指紋が目立たないのは嬉しい

本体前面には対角6.18インチの液晶ディスプレイが備わっており、上部にはもはやスタンダードになりつつあるM字型のノッチ(切り欠け)があります。特筆すべき点のない見慣れたデザインですね。

Xiaomi Poco F1 ディスプレイ

自撮りのためのフロントカメラ、3D顔認識を実現している赤外線センサー、受話口、近接センサーなど、前面のパーツはすべてノッチ内へ収められています。ベゼルは決して細くはありません。

Xiaomi Poco F1 ディスプレイのノッチ

Androidでお馴染みの3ボタン(戻る・ホーム・タスク)は、画面内に表示されるオンスクリーンタイプです。

Xiaomi Poco F1 ソフトウェアボタン

Poco F1とXiaomiのスタンダードモデル「Mi8」を並べてみました↓ ぱっと見た感じは大差ありませんが、Mi8のほうがベゼルが狭くてスタイリッシュに仕上がっています。

Xiaomi Poco F1とXiaomi Mi8の外観比較 前面

ひっくり返して背面へ。下の写真を見るとメタルボディのような風合いを感じますが、実はポリカーボネート(樹脂)製のユニボディで、価格相応の安っぽさを隠しきれていない印象を受けました。Mi8のガラスボディやMi MIXのセラミックボディには遠く及びませんし、Mi Max 3やMiA2のメタルボディよりもチープな質感で、「Redmiにスナドラ845載っけた」みたいなイメージ。

指紋が目立たないのは有り難いポイント。ツルテカなプラスチックボディ、安いくせに背伸びしてたガラスボディよりかは断然好きになれます。

Xiaomi Poco F1 背面

デュアルカメラの下には指紋認証センサーが付いています。その直上にカメラレンズがあるため、誤って触れてしまうこともしばしばですが、通常使うメインカメラはサブカメラの上に付いているので大きな支障はありません。

Xiaomi Poco F1 背面の指紋認証センサーとデュアルカメラ

背面下部には銀色に光り輝くPOCOPHONEロゴ。

Xiaomi Poco F1 背面ロゴ

充電端子は両面リバーシブルなUSB Type-Cなので、Micro USBみたく表裏を確認せずとも挿し込めます。左右のグリル穴はスピーカーとマイク。

Xiaomi Poco F1 底面

画面側からみて右側面には電源ボタンと音量調節ボタンがあります。Xiaomiスマホはすべてこの配置だったはず。

Xiaomi Poco F1 音量調節ボタンと電源ボタン

そして本体上部には3.5mmイヤホンジャックがあります。Snapdragon 845積んでいてイヤホンジャックが付いているXiaomiスマホはPoco F1ただひとつ。

Xiaomi Poco F1 上部にある3.5mmイヤホンジャック

SIMカードスロットはデュアルスロットで片方はMicro SDとNano-SIMの排他仕様、つまりNano-SIM + Nano-SIMのデュアルSIMかNano-SIM+Micro SDの組み合わせで運用できます。

Xiaomi Poco F1 Nano-SIM / Micro SDカードスロット

300ドルなのにスナドラ845 + UFS2.1ストレージ

Poco F1最大の魅力といえば、300ドルというお手頃価格でありながらハイスペックなSnapdragon 845チップを搭載していること。さ現時点で手に入るSDM845搭載機としてはおそらく最安ではないでしょうか。驚異的なコストパフォーマンスです。そうそう、データを保管するストレージ(ROM)としては「UFS2.1」というスマホ最速の規格を採用していて、これもまた上位機種譲り。

ベンチマーク上ではiPhone XSのA12 BionicチップやHuaweiのKirin 980チップに一歩劣るものの、SDM845のパワーがあれば大半のゲームはストレス無く動いてくれるので、実用上不満を感じる場面は極めて稀です。

各種ベンチマークスコア↓ 左から順に、総合ベンチ「Antutu Benchmark v7」、CPUの処理能力を測る「Geekbench 4」、ストレージの転送速度を測る「AndroBench」です。

Antutu Benchmark v7比較グラフ↓

  • CPUスコア
  • GPUスコア
  • UXスコア
  • MEMスコア
  • Apple iPhone XS MaxApple A12 Bionic
    356332
  • Xiaomi Black SharkSnapdragon 845
    290000
  • Xiaomi Mi8Snapdragon 845
    270179
  • Xiaomi Pocophone F1Snapdragon 845
    266064
  • Samsung Galaxy Note9Samsung Exynos 9810
    240622
  • Xiaomi Mi6Snapdragon 835
    209386
  • Huawei P20 ProHiSilicon Kirin 970
    206033
  • Xiaomi MiA2 (Mi6X)Snapdragon 660
    130558
  • Xiaomi Mi Max 3Snapdragon 636
    119185
  • Xiaomi Redmi 5 PlusSnapdragon 625
    76427

Geekbench 4比較グラフ↓

  • マルチコアスコア
  • シングルコアスコア
  • Apple iPhone XS MaxApple A12 Bionic
    11316 4815
  • Apple iPhone XApple A11 Bionic
    10167 4193
  • Xiaomi Pocophone F1Snapdragon 845
    9051 2371
  • Xiaomi Mi8Snapdragon 845
    9009 2401
  • Samsung Galaxy Note9Samsung Exynos 9810
    8814 3657
  • Xiaomi Black SharkSnapdragon 845
    7203 2430
  • Huawei P20 ProHiSilicon Kirin 970
    6781 1891
  • Xiaomi Mi6Snapdragon 835
    6619 1925
  • Huawei Mate 9HiSilicon Kirin 960
    6258 1928
  • Elephone U ProSnapdragon 660
    5831 1630
  • Xiaomi Mi Max 3Snapdragon 636
    4870 1322
  • Xiaomi Redmi 5 PlusSnapdragon 625
    4282 867

ゲーミングスマホさながらの液冷システム

SoCから発せられる熱を効率よく逃がすための工夫として、本体内部には「LiquidCool Technology」という液状冷却システムが組み込まれて、長時間のゲームプレイングも安定してこなせます。一見ただの格安スマホですが、中身はゲーミングスマホみたいなもんです。

実際にどれほどの効果があるのか。SDM845仲間である「Xiaomi Mi8」と液冷搭載ゲーミングスマホ「Black Shark」を用意して、ヘビーゲームとして知られる「PUBG Mobile」を20分間プレイ。「CPU Monitor」というアプリを用いてCPU温度とバッテリー温度を1分おきに記録してみました。その結果がこちら↓

バッテリーの温度はBlack Sharkのほうが若干低いですが、CPU温度は同等かそれ以下に保たれており、Mi8よりも4~5℃低く推移しています。

PUBG Mobileの標準設定は「HD画質」で、最高設定はHDR画質 + ウルトラfps + アンチエイリアスオンの組み合わせ。

Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM

電池持ちも急速充電も良好

さすが4,000mAhのバッテリー積んでいるだけあり、特に気にせず使い込んでも丸一日は優に持ちます。Webページの閲覧や写真編集など日常的な作業を自動で繰り返して、バッテリー残量が100%から20%へ減るまでの時間を測るベンチマーク「PCMark Work 2.0 Battery life」で調べたところ、10時間42分というなかなかの好結果に。Xiaomi Mi8やMi MIX 2S、OnePlus 6よりも長持ちです。

  • Xiaomi Mi Max 2Snapdragon 625 / 5300mAh
    18:20
  • Xiaomi Mi Max 3Snapdragon 636 / 5500mAh
    15:08
  • Xiaomi Redmi 5 PlusSnapdragon 625 / 4000mAh
    12:16
  • Huawei Honor Note 10HiSilicon Kirin 970 / 5000mAh
    10:59
  • vivo NEX SSnapdragon 845 / 4000mAh
    10:48
  • Xiaomi Pocophone F1Snapdragon 845 / 4000mAh
    10:42
  • Xiaomi Mi8Snapdragon 845 / 3400mAh
    10:12
  • Huawei P20 ProHiSilicon Kirin 970 / 4000mAh
    10:00
  • Xiaomi Mi MIX 2SSnapdragon 845 / 3400mAh
    9:48
  • Huawei Honor 10HiSilicon Kirin 970 / 3400mAh
    8:50
  • OnePlus 6Snapdragon 845 / 3300mAh
    8:45
  • OPPO Find XSnapdragon 845 / 3730mAh
    7:39
  • Huawei nova lite 2HiSilicon Kirin 659 / 3000mAh
    6:50

急速充電も見逃せません。Poco F1はQualcommの充電テクノロジー「QuickCharge 3.0」に対応しているほか、USB-PD(Power Delivery)という急速充電もサポート。いずれも1時間半ほどでフル充電できます。

カメラは可もなく不可もなく

処理性能へ全フリすることでコストカットを果たしている機種なので、カメラに関しては可もなく不可もなくといった感じ。

背面デュアルカメラのメイン側には、Mi8やMi MIX 3と同じソニー製IMX363イメージセンサーが採用されており、1.4μmというラージピクセルと全画素が位相差AFとして機能する「デュアルピクセルAF」が強みです。しかしながら、上位機種にある光学式手ぶれ補正は省かれており、レンズもf/1.9とやや暗めなので、暗所や夜景はノイジーでブレやすくなります。また、サブカメラは望遠レンズではないため、ズーム撮影も弱点の一つ。

カメラアプリに関しては上位機種と遜色ないレベルで、AIによるシーン分析に対応しているほか、ポートレードモード(背景ぼかしモード)で撮った写真は撮影後でもぼかし具合やフォーカス位置を微調節できます。Huaweiほどではないにしろ、UIも機能も丁寧に作り込まれていて好感を持てました。

では手持ち撮影で撮った作例をいくつか。読み込み時間短縮のため圧縮した写真を掲載していますので、細部までチェックしたい方は各画像をクリックしてオリジナルデータをご覧ください。(※一枚あたり数MBあるのでデータ量にご注意を)

1/400, f/1.9, ISO100, AIオン
1/400, f/1.9, ISO100, AIオン
1/15, f/1.9, ISO1260, AIオン
1/15, f/1.9, ISO1260, AIオン
1/30, f/1.9, ISO1450, AIオン
1/30, f/1.9, ISO1450, AIオン

ここから先はポートレートモードで撮影↓

1/30, f/1.9, ISO1396, ポートレートモード
1/30, f/1.9, ISO1396, ポートレートモード
1/100, f/1.9, ISO100, ポートレートモード
1/100, f/1.9, ISO100, ポートレートモード
1/30, f/1.9, ISO2925, ポートレートモード
1/30, f/1.9, ISO2925, ポートレートモード

Poco F1(左)とMi8(右)で2倍ズームの比較↓ 一見違い無いように思えますが…

拡大してみるとMi8のほうがくっきり鮮明。

続いて夜景を比較↓ (左:Poco F1、右Mi8)

Mi8は窓のサッシや内装までしっかり写っていますが、Poco F1は白飛びとボケが目立ちます。

ちなみに、動画は最大4Kの30fps撮影に対応していて、スローモーションは最大1080pの240fps撮影が可能。

Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM

MIUI + Poco Launcher

OSとしては本家Xiaomiと同じくAndroidベースのカスタムROM「MIUI」ですが、それをさらにPOCO向けにリメイクした「MIUI for POCO」なるものがプリインされています。グローバル展開を前提に作られているため、PlayストアはじめとするGoogleサービスはもちろん、有り難いことに日本語ロケールも入っていました。ん?と不自然な翻訳もところどころ目につきますが、実用上は特に支障ありません。

面白いのはホームランチャー。ホームとアプリ一覧が別居しているドロワー表示が標準装備されていて、コミュニケーション・エンターテイメント・ツール…とカテゴリ別にアプリを探したり、赤・黄色・緑…とアイコンの色別に絞り込むこともできます。

3D顔認証もあるが、地域設定が日本だと使えない

赤外線の3Dスキャニングによる顔認証も付いているので、ぜひとも利用したいところですが、地域設定を日本に設定すると設定画面から「顔データを追加する」が消えてしまうという問題点が。Mi8やMi Note 3のグローバル版でも同じ現象が確認されていますが、唯一の解決策は地域設定を香港や台湾やインド等に変えるというもの。

筆者の場合、香港へ変えてみたところ問題なく設定できたので、顔認証出ない!とお困りの方は試してみてください。日付・時刻の設定にある「タイムゾーンの自動設定」をオンにすれば、地域関係なく日本時間が反映されるはずですが、それでもズレる場合はタイムゾーンを日本標準時(GMT+9)へセットすればOK。

肝心の認証速度はMi8と比べても全く遜色ないレベルで、寝起きでも暗闇でも確実かつスピーディーに読み取ってくれます。iPhone Xみたいなスワイプは不要で、電源ボタンワンプッシュ→画面ちら見するだけで解除されます。めちゃくちゃスムーズです。

主なスペックと対応周波数帯

Xiaomi Poco F1の主なスペックは下の表のとおり↓

OSAndroid 8.1 / MIUI for POCO
プロセッサーQualcomm Snapdragon 845 10nm LPP FinFETプロセス
CPU:Kryo 385 4x 2.8GHz + 4x 1.8GHz オクタコア
GPU:Adreno 630
ストレージ64GB、128GB、256GB UFS2.1
メモリ6GB、8GB LPDDRX デュアルチャンネル
ディスプレイ対角6.18インチIPS液晶ディスプレイ 2.246 x 1,080ピクセル アスペクト比18.7:9 ピクセル密度403ppi
内側カメラ2,000万画素
外側カメラメインカメラ:1,200万画素 f/1.9
サブカメラ:500万画素 f/2.0
バッテリー容量4,000 mAh QuickCharge 3.0対応
拡張USB Type-C x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカード対応
センサーGPS、加速度、ジャイロ、環境光、近接、電子コンパス、指紋認証センサー
SIMカードNano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さStandard Edition:75.5 x 8.8 x 155.5mm、Armoured Editon:75.5 x 8.9 x 155.7mm
本体重量Standard Edition:182g、Armoured Editon:187g
防水・防塵性無し
カラーブラック、ブルー、レッド、Armoured Edition(カーボン調)

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
  • WCDMA:B1, B2, B5, B8
  • FDD-LTE:B1, B3, B5, B7, B8, B20
  • TDD-LTE:B38, B40, B41

相性が良いのはソフトバンク回線で、LTEはB1とB3とB8に対応しています。ドコモでも使えないわけではありませんが、プラチナバンドのB19に対応していないため、山間部や建物の影で繋がりにくくなる可能性が高いです。auはB18およびB26に対応していないとキツイので諦めましょう。

なお、Poco F1とPocophone F1はいずれも技適を通過していませんので、当然ながら技適マークも付いていません。購入および国内での使用は100%自己責任のもとお願いしますね。

総評と販売情報

筐体がややチープだったりカメラが平凡だったり、残念なところが無いといえば嘘になりますが、それを全て打ち消してくれるのが3万円台という安さ。Snapdragon 845チップと液冷のコンボ、長持ちするバッテリー、イヤホンジャック&Micro SDカード対応などなど実用面に関してはほぼパーフェクトで、決定的な欠点を見つけられないというのが正直なところです。コスパ重視で中華スマホを選ぶなら、真っ先に検討すべきはこのPocophoneでしょう。

現在はGearBest.comやBanggood.comといった中華ガジェット専門のECサイトにて販売されており、価格は300ドル台。日本円にすると3~4万円で手に入ります。MiシリーズやRedmiシリーズみたく中国版とグローバル版を見分ける必要がないため、はじめての中華スマホとしても良さげ。

Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM

随時更新中:Xiaomi Poco F1が安くなるクーポン・フラッシュセール

Xiaomi Poco F1を通常よりも安く購入出来るクーポンコードやフラッシュセールの情報を随時更新しています。使用するにあたっては、以下の事項に注意して下さい。

  • 入力ミスを減らすためにも、当ページに記載されているクーポンをそのままコピーアンドペーストしてお使い頂ければ幸いです。
  • 同じ商品でもバージョンが複数存在する場合がありますので、掲載しているリンクから購入すると間違いないかと思います。
  • 稀に、クーポンとセールが被る場合がありますので、より安い方法でご購入下さい。
  • クーポンコードには有効期限や台数の制限が設けられていますので、購入時にはクーポンが適用されているか必ず確認して下さい。

GearBest:「GBMP7U」で$339.99

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 128GB ROM ブラック
  • 適用後価格:$339.99
  • 先着150台限定で2018年12月14日まで

Banggood:「12F1BG6」で$317.88

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 128GB ROM
  • 適用後価格:$317.88
  • 先着500台限定で2018年12月31日まで

Banggood:「F1BG664」で$292.39

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM
  • 適用後価格:$292.39
  • 先着500台限定で2018年12月31日まで

Banggood:「12F1BG6」で$317.88

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 128GB ROM
  • 適用後価格:$317.88
  • 先着500台限定で2018年12月31日まで

Banggood:「12F1BG」で$299.19

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM
  • 適用後価格:$299.19
  • 先着500台限定で2018年12月31日まで

Geekbuying:「BJEJBFPL」で$309.99

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 64GB ROM ブラック
  • 適用後価格:$309.99
  • 先着50台限定で2018年12月20日まで

Geekbuying:「EERAHQLM」で$329.99

  • モデル:Xiaomi Poco F1 6GB RAM + 128GB ROM ブラック
  • 適用後価格:$329.99
  • 先着50台限定で2018年12月20日まで

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

  • kei より:

    poco版のMIUIですが、本家MIUIにあるセカンドスペースとDualAppは有効でしょうか?
    ご教示下しさいませ

    • pasoju より:

      セカンドスペースもデュアルアプリも、共に問題なく使えましたよ!本家MIUIと全く同じ挙動でした。

      • kei より:

        ありがとうございます。

        仕事用+私用のデュアルで運用中のmi5で
        バッテリーが弱り後継機を物色中です。

        ある程度のパワーがありROM容量も欲しいのですが、
        RedmiS2は今更SD625に戻るのとバッテリー容量が少なく断念
        R6proは、同様にコスパ今一
        RN6proでは64GB上限でデュアル+TFカードが刺さらず残念でした。

        poco128GB版ならバッテリー・容量共十分ですし
        このままデュアル運用できそうですし
        コスパは最強ですよね