レビュー

Xiaomi Mi Notebook Pro徹底レビュー:丸一日使ってみて感じた長所・短所(Part2)

  • 2018-01-07
  • 2018-04-13
9/10
  • Intel第8世代CPU+爆速SSDで超快適なレスポンス
  • 確かな打鍵感のあるキーボード
  • 指紋認証センサーによるスムーズなログイン
  • 臨場感あるステレオスピーカー
  • MacBook Proにも引けを取らない良質なメタルボディ
  • 日本語化するため、OSの再インストールを要する
  • 冷却ファンのノイズが少し気になる
  • ディスプレイの光沢が激しい
  • サイズも重量もそれなりにあるので、機動性はいまいち
  1. 購入した理由、開封の様子、本体外観
  2. 丸一日使ってみて感じた長所・短所
  3. ベンチマーク結果、バッテリー駆動時間
  4. 周辺グッズ、販売情報

※この記事は2ページ目です。初めてご訪問された方は、1ページ目からお読み頂いたほうが分かりやすいかと思います。

Xiaomi Mi Notebook Pro Core i5 + 8GB RAM + 256GB SSD

丸一日使ってみて、良いと感じたところ

流石はPro!高性能CPU+超速SSDのコンビで、段違いにレスポンスが良い

ガツガツした作業にも耐えられるパワフルなラップトップを求め、コスパに優れた「Mi Notebook Pro」を手にした訳ですが、期待通りの性能でした。Web閲覧やブログ更新はもちろんのこと、PhotoshopやLightroomなどのグラフィック系ソフトもモタツキ無く動いてくれるので、自宅のデスクトップPCと同じようなスピード感で作業が進みます。

まず注目したいのが、人間でいえば頭脳にあたるパーツ「CPU」です。Mi Notebook Proには、Intel第8世代つまり現状最新型のCore i5-8250UまたはCore i7-8550Uが載っています。末尾にUが付く「Uシリーズ」は、ノートパソコン向けの省電力型プロセッサで、性能の低い順にCore-M(MacBookやMi Notebook Air 12に搭載) < Uプロセッサ < HQプロセッサ(MacBook Proに搭載)といった感じ。

第7世代から8世代へ移る過程でコア数が倍増、つまり4コア/8スレッド構成となっているため、「省電力型」とはいえマルチコア処理においては著しくスピードアップしています。

今回手にしたのは、最も安価なi5搭載版。より高性能なi7でも良かったのですが、両者の性能差は微々たるもので、i5でも十分事足りるであろうと判断。もちろん、お財布の都合も…。

Geekbuying 4のスコアで比べてみます。左がこれまで使ってきたMi Notebook Air 12、右がMi Notebook Proになりますが、シングルコアスコアで約2倍、マルチコアスコアは約3倍も伸びていることが分かります。i7ならマルチスコアで1.5万点を叩き出すらしいですが、体感上ほぼ変わらないはずです。

内蔵ストレージとしてはPCIe接続のSSDが搭載されているため、申し分ない転送速度を発揮してくれます。読み込み速度は約3,500MB/s、書き込みは約1,400MB/sを記録し、筆者が所持するどのパソコンよりも高速です。

パフォーマンスやバッテリーに関する詳しいレビューは、後日お届けしたいと思います。

【2018年1月21日追記】ベンチマーク結果や駆動時間など、Mi Notebook Proのパフォーマンスに特化した記事「Mi Notebook Pro(Core i5版)のベンチマーク結果・バッテリー持続時間」を新たに書き起こしましたので、そちらも併せてお楽しみ下さい。

キーボードはしっかりと打鍵感があり、間隔もナイス

Xiaomi Mi Notebook Pro キーストローク

Mi Notebook Proは過度な薄型化をしていないので、構造には程よい余裕があり、キーボードにも十分な間隔と深みが設けられています。

キーストロークは1mm以上あるため、確実な打鍵感を得られます。キーピッチ(キー中心から隣キー中心までの間隔)は19.5mmで、MacBook Proよりも余裕があるとのこと。

ただ、EnterやBackspaceに隣接するかたちで、HomeやPageUp・Down等の特殊キーが配されているため、右手小指の打ち間違えが頻発しました。また、右一列の特殊キーによってキー全体が若干左へズレているため、指も若干左に寄せるよう意識しています。こればかりは、慣れるしかありませんね。

指紋認証がめちゃくちゃ便利!精度や速度共に問題なし

Xiaomi Mi Notebook Pro 指紋認証

トラックパッド右上には、指紋認証センサーが取り付けられており、指をあてることでパスコードを打つことなく速やかなロック解除が可能。Windows 10より実装されたセキュリティ機能「Windows Hello」の一環である、指紋認証システムと連携する仕組みです。

パソコンの生体認証は何かとハズレが多い印象で、あまり期待していませんでしたが、精度と速度共に大満足。スマホと同じくらいのスピードで、素早くログイン出来ます。

半信半疑だったスピーカーだが…良いじゃん!!

最大の驚きは、スピーカーの音質と音圧。

Mi Notebook Air 12のスピーカーがいまいちだったので、Proに関しても「オマケ程度かな」と高を括っていましたが、「ドルビーアトモスのサウンドテクノロジー搭載」というだけあってノートパソコンとは思えないほど音が良いです。

削れがちな中低音あたりが程よい具合に持ち上がっていて、ステレオ感もあるので、非常に臨場感のあるサウンドを奏でてくれます。裏面にある2基のみで、よくここまで頑張っているな!と感心。

残念なポイント

日本語化の作業が面倒くさい

日本人が使う上でネックとなるのが日本語化の作業。

Mi Notebookシリーズには「Windows 10 家庭中文版」という中国国内向けのOSが入っており、その状態では日本語化できないため、開封後まずやるべきことは一般向けWindowsの再インストール。同工程はMi Notebook Air 12で一度経験しているので、特に戸惑いやトラブルなく出来ましたが、やはり面倒くさいです。

しかし、これさえクリアすれば国内のパソコンと変わらぬ操作感で使えるので、次回の記事「Win10中文家庭版のXiaomi Mi Notebook Air / Proを日本語化する方法」にて具体的な手順を紹介します。

ファンレス慣れしているせいか、内部から発せられる風切り音が耳につく

スマホやタブレットのように、ノートパソコンも冷却ファンを持たない「ファンレス機」が増えてきましたが、Mi Notebook Proには2基のファンが内蔵されています。

電子機器にとって発熱は大敵なので、それを速やかに排出してくれる冷却ファンは欠かせない存在。しかし、小型ファン特有の「シャー」という甲高いノイズが耳につき、ファンレスに慣れてしまうと騒々しく感じてしまいます。

静音性でいえば、Mi Notebook Air 12は最強ですね。

ディスプレイの光沢が激しい

ディスプレイの発色や解像度には不満ありませんが、いかんせん表面光沢が激しいので、屋外での視認性に欠けます。近々、アンチグレアフィルムを購入しようかと。

覚悟の上だったが…大きくて重い

重々覚悟の上で手にした訳ですが、やはり現物は大きくて重たいです。本体重量はMi Notebook Air 12の倍近い1.95kgあり、15.6インチともなるとそれなりに嵩張るため、気軽に持ち運べるマシンとは言い難いですね。

Xiaomi Mi Notebook Pro vs Air 12 比較

本体厚は15.9mm。Mi Notebook Air 12よりも3mm分厚くて、ちょうど現行のMacBook Proと同じくらい。

Xiaomi Mi Notebook Pro vs Air 12 厚み比較

Xiaomi Mi Notebook Pro Core i5 + 8GB RAM + 256GB SSD

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

  • Capybara より:

    はじめまして。
    貴重なMi Notebook Proのレビューありがとうございます。
    つい先日私もCore i7/8GBモデルを購入しました!

    Air同様にSSDの換装ができるのが何気に嬉しいです。
    スロットも2つありますし。
    容量や速度に不満が出てきたら換装に挑戦してみようかなと考えてます。

    重さは確かにネックですよね。
    薄さの割には持ち上げたときかなりずっしり来る感じで文鎮のようです(笑)。
    持ち出しにはやっぱりAirですね~。

    ところで私の個体だけかもしれませんが
    一部のUSB機器を繋ぐとたまにWindowsがフリーズします…
    機器との相性なのか、まぁこんなもんなのかなーと諦めてます。

    • pasoju より:

      コメント、ありがとうございます。

      >Air同様にSSDの換装ができるのが何気に嬉しいです。
      そうですね!外部HDDを持ち歩かずとも、パソコン1台で完結出来るのは大変有り難いことです。
      私は、Premiereでの動画編集や、音楽制作(DTM)に活用したいと考えていますが、大容量SSDを付け加えれば無敵のマシンに仕上がりそうです。

      >一部のUSB機器を繋ぐとたまにWindowsがフリーズします…
      外部HDDやUSBメモリやUSB-Cハブなどなど、一通り試してみましたが、同様のトラブルは今のところありませんね…。機器との相性問題でしょう。

  • 倉下幸三 より:

    はじめまして。
    詳しい実機レビューありがとうございます。
    私もXiaomi Mi Notebook Air 12を所有しており最近スペック不足を感じXiaomi Mi Notebook Proの購入を考えておりお聞きしたいことがあります。

    残念なポイントで
    >小型ファン特有の「シャー」という甲高いノイズが耳につき、ファンレスに慣れてしまうと騒々しく感じてしまいます。

    とのことですが、常時耳につく状況でしょうか、またファンが回っていないときもあるのでしょうか。
    詳しく教えていただけると幸いです。ファンレスの慣れてしまい心配です。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • pasoju より:

      CPUやGPUに負荷がかかり、パソコン内部の温度が上昇し始めると、ファンが回り始める仕組みとなっています。
      筆者の個体の場合、Webブラウジング程度であれば回りませんが、YouTubeにて高解像度動画を観たり、Photoshopで写真編集を行うと、ファンが回ります。

      どうやら、そのしきい値が低めに設定されているためか、幸い熱暴走は上手く回避できている様子です。

      >最近スペック不足を感じXiaomi Mi Notebook Proの購入を考えており…
      Mi Notebook Air 12とは段違いのスピードで動いてくれるので、処理能力を求めて買い替えた私としては、「大正解!」と満足しています。

      • 倉下幸三 より:

        ご返信ありがとうございます。
        購入に踏み切りました。
        これからもわかりやすいレビユー楽しみにしております。
        どうぞよろしくお願いします。

  • Kronee より:

    日本人によるレビューがあまり見当たらなかったので、助かりました!管理人さんと同じi5版を注文したいと思います。

    一つ質問というより依頼なのですが、内蔵SSDの型番をお調べいただく事は可能でしょうか?

  • アリヒロック より:

    まだ中華ECサイトで買い物したことないのですが、このPCの購入を検討しています。
    日本に輸入する形で購入するときに、ノートPC1台でも関税はかかるものなのでしょうか?

    • pasoju より:

      本来なら、1.6万円以上の買い物で商品代金x4.8%の輸入消費税が掛かる…はずですが、通販サイト側で”業・販・割・引”してくれます。(あまり大きな声では言えないので、お察しください)
      なので、これまで関税や輸入消費税を支払った試しがありません。

  • 森のクマさん より:

    はじめまして。
    本製品購入にあたり何度も参照させて頂き大変助かりました。ありがとうございます。

    それと、もしご存知であれば教えて頂きたいのですが、こちらのmi notebook pro(i7/16GB)で使えるusb-c to LAN アダプター、あるいはLANアダプター付きのusb-c ハブを教えて頂きたいのですが、何かお勧めのメーカー等ありますか?

    • pasoju より:

      LANポート付きのハブですが、「dodocool 8in1 USB-Cハブ」なんて如何でしょう。3基のUSBやHDMI出力、MicroとフルサイズのSDカードスロットなどなど、計8つもの端子を備えるので、デスクトップ並の拡張性を得られます。
      過去のレビュー記事:拡張セヨ!! 有線LANも付いた「dodocool 8in1 USB-Cハブ」をレビュー

      ただ、上記のハブはLANの差込口が固いのが難点です。
      頻繁に抜き挿しするのであれば、「AUKEY USB C to Gigabit Ethernetアダプター」のようなアダプタを単体で繋ぐほうが賢明かと思います。
      アマゾンの販売ページ:https://amzn.to/2JfoXDD
      (こちらのアダプターは動作検証をしていませんが、OS問わず非常に多くの機種をサポートしているので、Mi Notebook Proでも使えるはずです)

      • 森のクマさん より:

        pasoju 様
        素早い返信、ありがとうございます。
        お勧めしていただいたdodocool 製のusbハブを買い求めようかと思います。
        ただ、電力ロスの点や使用頻度の点から、8in1ではなく6in1の方にしようかと存じます。
        この度はご親切にありがとうございました。

  • ちゅうきた より:

    はじめまして。
    こちらのレビューを参考にさせていただき、先日Geekbuyingにてi5モデルを購入しました。とにかくコスパがいいところに惹かれて…これから楽しんでいきたいと思っております。
    ひとつ質問というかアドバイスをいただきたく…シャットダウンしたあとは充電ケーブルは外しておいたほうがいいのでしょうか?

    • pasoju より:

      残量100%にも関わらず充電を続けると「過充電」に陥ってしまい、バッテリーを痛める原因になり得ます。
      Mi Notebook Pro本体のインジケータランプが緑へ切り替わり次第、充電ケーブルを抜くのが好ましいかと思います。

      • ちゅうきた より:

        早速の返信ありがとうございました!
        以前使っていた国内メーカーのノートPCは、過充電防止の機能があったようでつなぎっぱなしだったもので…。こまめに抜くようにします。

  • ei より:

    Xiaomi Mi Notebook Proの購入を予定しているのですが、壊れたりしたら修理はしてもらえますか?

    • pasoju より:

      初期不良の場合はショップ側が返品または交換に応じてくれる場合がありますが、基本的には自己対処になりますね。