お買い得情報

Mi Notebook Air 12型が5.1万、13型が7.6万!GearBestが最安値販売

  • 2016-12-21
  • 2017-10-25

2016年末が迫るなか、GearBestでは今年を締めくくるプロモーションを多数実施しています。先ほどGearBestのスタッフの方より、Xiaomi Mi Notebook Airの値引き情報を頂きましたので、早速皆様にシェアしたいと思います。

Mi Notebook Airは12インチモデルと13インチモデルの2機種展開。気になるお値段は12インチが499.99ドル=51,941円、13インチが739.99ドル=76,873円で、いずれも2016年最安値での販売となります。

この頃は円安ドル高が進み、12月21日現在のドル円レートは1ドル=117.6円。日本人にとって海外製品は割高になりつつありますが、両機種の販売ページでの日本円価格は1ドル=103.8円換算で表記されているので、しっかりセールの恩恵を受けられます。

但し、両機種とも200台限定での値引き販売ですので、Mi Notebook Airを狙っている方はお早めにチェックをお願いします。

Xiaomi Mi Notebook Air 13

詳細スペック表

OSWindows 10 Home 64bit
プロセッサーIntel Core i5-6200U 2コア4スレッド 2.30GHz
ストレージ256GB PCIex4 NVMe SSD
メモリ8GB DDR4 2133MHz
ディスプレイ13.3インチ 1920 x 1080ピクセル
グラフィックチップNVIDIA GeForce 940MX
光学ドライブ無し
バッテリー駆動時間最長8時間
接続端子USB-Cx1、USB 3.0x2、HDMIx1、オーディオ端子x1
サイズ309.6 x 14.8 x 202mm
本体重量1.28kg

MacBook Air 13よりも薄くて軽くてコンパクト

Mi Notebook Air 13の比較対象にされるであろう同一サイズのラップトップ「MacBook Air 13インチ」、Xiaomiはよりモバイル性に長けたデバイスであることを売りにしており、MacBook Air 13インチよりも薄型で軽量かつコンパクトに仕上がっています。

MacBook Airよりも2.2mm薄くて70g軽量、11%コンパクトなのです。

Intel Core i5-6200Uを搭載、実用的な性能を確保

プロセッサにはIntel第6世代(Skylake)のCore i5-6200Uを搭載しています。Uプロセッサはより長いバッテリー駆動時間を求められるノートパソコン向けに設計されており、実用的な処理性能を確保しつつも省電力性を追求しています。

Core Mを積んだMi Notebook Air 12よりも電源消費が大きいために駆動時間は短いのですが、CPU性能は3、4割増しといったところ。ちなみに、現行のMacBook Air 13インチモデルのi5-5250Uよりも若干ですが高性能です。

独立したグラフィックチップを装備

CPU内蔵のIntel HD Graphics 520とは別に、独立したグラフィックチップとしてNVIDIA GeForce 940MXを搭載してます。

ただ、過度な期待は禁物です。GPUの性能を数値化して現す「Passmark」のスコアは1,168、上位版MacBook Pro 15インチに積まれているRadeon R9 M370Xのスコアは1,878ですので、高負荷なゲームや動画編集をやるには力不足です。

Xiaomi Mi Notebook Air 12

詳細スペック表

OSWindows 10 Home 64bit
プロセッサーIntel Core m3-6Y30 2 コア4スレッド 0.9GHz
ストレージ128GB SATA SSD
メモリ4GB LPDDR3 1866MHz
ディスプレイ12.5インチ 1920 x 1080ピクセル
グラフィックチップIntel HD Graphics 515
光学ドライブ無し
バッテリー駆動時間11.5時間
接続端子USB-Cx1、USB 3.0x1、HDMIx1、オーディオ端子x1
サイズ292 x 12.9 x 202mm
本体重量1.07kg

13インチモデルよりかは性能控えめ。バッテリーは長持ち

13インチモデルではCore i5を搭載し、メモリも8GBとたっぷり積まれていましたが、12インチモデルの性能は控えめです。

12インチMacBookにも積まれている省電力のCore m3-6Y30プロセッサを搭載し、メモリは4GBとまずまずな性能。その反面、バッテリーの持続時間は13インチよりも長いので、むしろ12インチの方が外出に適したマシンとも言えそうです。

中華ラップトップによくあるAtomプロセッサよりかは高性能で、軽い写真編集や動画編集程度なら耐えられます。

重量は約1kgで、MacBookよりも薄い

12インチの良いところは、軽量で薄いボディでしょう。重量は1.07kgと軽量で、厚みは12.9mmと12インチMacBookよりも薄型です。

ネットブラウジング中心のサブノートとして使うなら、13インチよりモバイル製の高い12インチをおすすめします。持ち運ぶなら、やはり軽くて薄いマシンのほうが良いので。

おまけ:GearBestでお買い物する方法

「海外ガジェットは面白そうだけど、個人輸入には不安を感じる...」と、いまいち踏み出せない方へ。GearBestの使い方や決済方法について下の記事にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです↓

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。