ニュース

Xiaomi Mi MIX 2S 登場!スペックや特徴、旧作との違いを総まとめ

  • 2018-03-27
  • 2018-04-08

中国の電子機器メーカー小米(Xiaomi / シャオミ)は本日3月27日、同社のハイエンドスマートフォン「Mi MIX 2S」を正式に発表しました。スペックや主な特徴、旧作Mi MIX 2との違い、価格など、現状で得られる情報を一通りまとめてみました。

Xiaomi Mi MIX 2Sスペック表

OSAndroid / MIUI
プロセッサーQualcomm Snapdragon 845 10nm LPP FinFETプロセス
CPU:Kryo 385 4x 2.8GHz + 4x 1.8GHz オクタコア
GPU:Adreno 630
ストレージ標準版:64GB、128GB、尊享版:256GB
メモリ標準版:6GB、尊享版:8GB
ディスプレイ5.99インチIPSディスプレイ 2,160 x 1,080ピクセル アスペクト比18:9 ピクセル密度403ppi
内側カメラ500万画素
外側カメラメイン:1,200万画素 + 望遠:1,200万画素 デュアルレンズカメラ
バッテリー容量3,400mAh QuickCharge 3.0とQiワイヤレス充電に対応
拡張USB Type-C x1
SDカード非対応
センサーGPS、A-GPS、Galileo、GLONASS、BeiDou、電子コンパス、加速度、環境光、超音波による近接センサー、ジャイロ、ホール、気圧、指紋
SIMカードNano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ74.9 x 8.1 x 150.86mm
本体重量189g
カラーブラック、ホワイト

尊享版(256GB)の対応周波数帯↓

  • GSM:850MHz, 900MHz, 1,800MHz, 1,900MHz
  • CDMA1X, EVDO:BC0, BC1, BC6, BC10
  • WCDMA:B1, B2, B3, B4, B5, B6, B8, B9, B19
  • TD-SCDMA:B34, B39
  • TD-LTE:B34, B38, B39, B40, B41
  • FDD-LTE:B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B13, B17, B18, B19, B20, B25, B26, B27, B28, B29, B30

標準版(64GB、128GB)の対応周波数帯↓

  • GSM:850MHz, 900MHz, 1,800MHz, 1,900MHz
  • CDMA1X, EVDO:BC0
  • WCDMA:B1, B2, B4, B5, B6, B8
  • TD-SCDMA:B34, B39
  • TD-LTE:B34, B38, B39, B40, B41
  • FDD-LTE:B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B20

MIX 2S vs MIX 2 vs MIX

今回のMi MIX 2Sと一世代前のMIX 2、そして初代MIXの主要スペックを比較してみました。

MIX 2S MIX 2 MIX
リリース 2018年3月 2017年9月 2016年10月
SoC Snapdragon 845 Snapdragon 835 Snapdragon 821
実行用メモリ 6、8GB 6、8GB 4、6GB
ストレージ 64、128、256GB 64、128、256GB 128、256GB
ディスプレイ 5.99型 2,160 x 1,080 5.99型 2,160 x 1,080 6.4型 2,040 x 1,080
バッテリー 3,400mAh 3,400mAh 4,400mAh
背面カメラ 12MP + 12MP 12MP 16MP
前面カメラ 5MP 5MP 5MP
イヤホンジャック 非搭載 非搭載 搭載
本体重量 189g 185g 209g

ベースデザインは旧作Mi MIX 2を踏襲

まずデザインに関してですが、背面に新設されたデュアルカメラ(後述)を除けば旧MI MIX 2と変わりありません。カラーバリエーションはブラックとホワイト。

以前に増してiPhone Xへの対抗意識があらわとなった今作ですが、画面上部の切り欠け(ノッチ)までもをパクらなかったのは、実に賢明な判断だと思います。

最も注目すべき新要素はカメラ

両カメラ1,200万画素のデュアルカメラは標準画角 + 望遠の組み合わせ

Mi MIX 2Sの最大の変更点は、背面のカメラがシングルカメラからデュアルカメラへ変更されたこと。両カメラとも1,200万画素で、メインカメラは標準画角、もう一方のサブカメラは望遠レンズとなっています。

  • 標準レンズ:1,200万画素 4軸手ブレ補正 f/1.8
  • 望遠レンズ:1,200万画素 f/2.4

IMX363センサーを採用し、iPhone Xよりも暗所撮影に強いと謳う

メインカメラのイメージセンサーは、ソニー製のIMX363を採用。全画素が位相差センサーとしての役割を果たす「デュアルピクセル技術」が組み込まれているため、暗所においても高速なオートフォーカスを実現しています。

また、解像度こそ1,200万画素と極めて標準的ですが、画素サイズが1.4μmと大きめなので、ノイズ軽減にも期待できます。

発表会ではiPhone Xを引き合いに出す場面が目立ち、暗所においては、iPhone Xよりも速くフォーカス合わせができるほか、不自然なテカリを抑えられるとアピールしていました。

DxOMark Mobile Photoベンチマークでは101点を記録

カメラの能力をテストするDxOMark Mobileのスコアも公開され、101点をマーク。ただし、これはあくまでも静止画の撮影能力を測る「Photoスコア」であり、動画部門「Videoスコア」はPixel 2やiPhone Xよりも低い88点。

結局、トータルスコアはiPhone XやHuawei Mate 10 Proと同じ97点に落ち着きました。

Xiaomi Mi MIX 2S: A Chinese gem – DxOMark

画像AIを用いた自動チューニング

Mi MIX 2Sも最近のAIブームに乗っかって、AIを活用した機能が数多く実装されており、そのうちの一つが、画像AIを用いた被写体の認識と自動チューニング機能。

夜景や建物、多肉植物、猫、フードなどなど、計25種類のパターンから最も適切なモードを選び出し、明るさやコントラストや色の濃淡などを自動調節することで、よりダイナミックな写真へ仕上がります。

Huawei Mate 10 Proにも同様の機能が盛り込まれていますね。

2倍ズームや背景ぼかしに対応

サブカメラは望遠レンズなので、2倍の光学ステップズームにも対応しています。

また、デュアルカメラの醍醐味ともいえる「背景ぼかし撮影」も装備。

自動翻訳機能も実装

写した文字を翻訳する自動翻訳機能も実装されており、現在の為替レートに基づいて通貨換算する機能もあります。これはかなり便利そう。

Androidトップのパフォーマンス

Galaxy S9やXperia XZ2に引き続いて「Snapdragon 845」を採用

処理性能の要となるSoC(システムオンチップ)としては、Qualcomm製の最新ハイエンドチップ「Snapdragon 845」を採用。Samsung Galaxy S9やXperia XZ2等のフラッグシップAndroidスマホに引き続くかたちで、現状のAndroidデバイスとしては最高の性能を手に入れたことになります。

ベンチマークアプリの大御所「Antutu v7」では、27万点を越えるとのことで、一世代前のSnapdragon 835を搭載するMi6に比べると実に30%以上もスコアアップ。

CPUのKryo 385は、2.8GHzの高クロックコア(big)が4基 + 1.8GHzの低クロックコア(LITTLE)が4基 = 計8コアのオクタコア構成。高クロックコアに関しては、Snapdragon 835の2.45GHzよりも0.35GHzクロックアップしているため、単純に処理能力が向上しています。

ゲーミングにおいて重要となるGPUとしては「Adreno 630」を内蔵し、従来比で30%向上しつつ、消費電力を30%削減。Mi MIX 2Sの発表会では、実機でARゲームをプレイする様子も披露されました。

また、長時間のゲームプレイにおいて、iPhone Xよりも低発熱であることがアピールされました。

メモリとストレージ

最下位版は6GB RAM + 64GBGB ROM、中位版は6GB RAM + 128GB ROM、最上位版は8GB RAM + 256GB ROMという構成です。メモリとストレージの規格は従来と変わらず、RAMはLPDDR4xを、ストレージはeMMCよりも高速なUFSを採用。

ワイヤレス充電に対応

ライバルのiPhoneに対抗すべく、Mi MIX 2SにはXiaomi初となるワイヤレス充電が組み込まれ、Qi規格により最大7.5Wで充電が可能です。

また、これにあわせてXiaomi製のワイヤレス充電器も「小米无线充电器」リリース。お値段はたった99元 = 約1,600円と激安です。

価格は据え置き

気になる価格ですが、旧Mi MIX 2から据え置き。64GBモデルが3,299人民元 = 約5.6万円、128GBが3,599人民元 = 約6.1万円、256GBが3,999人民元 = 約6.7万円です。

カメラや性能は大きな進化を遂げたものの、価格はキープしたままなので、中華スマホ愛好家たちの注目の的となりそうです。

小米MIX 2S-小米商城

Xiaomi Mi MIX 2S

Xiaomi Mi MIX 2

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

  • kichi より:

    初めまして。
    記事を読んでいまして気になったのですが、128GB版と256GB版の対応周波数帯が
    逆ではないでしょうか?
    販売ページでは逆になっていると思います。
    勘違いであればすみません。

    • pasoju より:

      ご指摘くださりありがとうございます。
      私の編集ミスで、標準版と上位版の対応バンドが逆になっていました。

  • より:

    お久しぶりです。
    最上位版なんですが、縁については最下位版、中位版と違って金属製ではなく、ボディ全体はセラミック製(フルセラミックボディ)らしい。
    今のところ、最上位版の購入はかなり難しく、転売価格は4999元に上がっています。

    • pasoju より:

      どうせ買うなら!と、対応バンド豊富な最上位版を狙っていますが、流石に今の価格だと手が出ませんね…。満を持して搭載したデュアルカメラの実力、ぜひとも確かめたいので、おとなしく64GBモデルを購入する予定です。