お買い得情報

Gemini Lake搭載の14型ノート「Jumper EzBook X4」はかなり狙い目だ

  • 2018-06-12
  • 2018-06-13

中国のパソコンメーカーJumperより、新しい14インチノートパソコン「EzBook X4」がリリースされ、GearBest.comにて販売され始めたようなので、概要をまとめました。

Apollo Lakeよりも新しいIntel Gemini Lake世代のCPU「Celeron N4100」を搭載するほか、128GBのSSD、フルメタルボディ、バックライト付きキーボードなどなど、安さを意識させない充実っぷり。これはかなり狙い目です。

3万円台とは思えないほど充実したスペック

Gemini Lake世代のCeleron N4100を搭載

最大の焦点はプロセッサです。

同社のEzBook 3 Pro、Teclast F7、YEPO 737Aなどなど、2017年人気を博した格安ノートパソコンの大半は、Apollo Lake世代のCeleron N3450を搭載していましたが、去年12月にその後継シリーズ「Gemini Lake」がリリースされました。EzBook X4は、このGemini Lake世代のモバイル向けプロセッサ「Celeron N4100」を搭載し、従来機よりも処理性能が底上げされています。

Passmarkのベンチマークスコアで比べてみると、こんな感じ↓

旧世代のN3450がシングル726点でマルチ1828点であるのに対し、新世代のN4100はシングル1016点・マルチ2554点で、シングルとマルチ共に3~4割スコアが伸びています。ちなみに、Atom x5-Z8350はシングル415点・マルチ1283点で、ちょうどその倍にあたります。

それでもまだCore m3-6Y30(3051点)には届かぬものの、マルチは500点あまりの僅差で、シングルに至ってはほぼ同スコア。ブログ執筆や簡単な写真編集などの軽作業に限って使えば、スペック不足の心配は無さそうです。

メモリは4GB標準搭載だが、最大8GBまで増設できる

実行用メモリ(RAM)は4GB DDR4Lを内蔵。オンボードかと思いきや、筐体内部には2つのSO-DIMMスロットがあり、片方は空いているとのことなので、裏蓋外せば最大8GBまで増設できるようです。

eMMCよりも早いM.2 SATAの128GB SSD

ストレージとしてはeMMCよりも早いSATA SSDを内蔵し、128GBと余裕があります。

こちらも換装可能で、裏にある開口部のネジを2本外すだけでアクセスできるため、RAM換装よりもハードルは低め。SSDの形状については確かな情報を得られませんでしたが、開口部の形状から、Type2242のM.2と推測できます。

外観とつくり

14インチのフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイは対角14インチちょうどで、横1,920 x 縦1,080ピクセルのフルHD解像度。11クラスでFHDだと、125%や150%に拡大しないと見難いですが、14インチあれば100%表示(ドットバイドット)でストレス無く作業できそうですね。

ただ、IPSではなくTNパネルなのは残念なポイント。(IPSのほうが視野角が広く発色が優れるため)

ヒンジ含めオールアルミ製の筐体

一昔前の中華パソコンといえば、どれもプラスティッキーなものばかりでしたが、今となってはすっかりアルミボディが主流に。

このEzBook X4も筐体はアルミで作られており、キーボード面と液晶面を繋ぎ合わせているヒンジまでもがアルミ、おまけにトラックパッドも銀色で、非常に統一感のとれたクールなデザインに仕上がっています。

キーボードも銀色で、バックライトも装備

中華PCによくある黒いプラキャップにシールが貼られたキーではなく、文字がしっかり刻印された良質なキーキャップを使用し、低価格機でありながらバックライトも装備しています。モデルチェンジの度に着々と進化してきたJumperさん、いよいよ本気モードへ突入です。

拡張端子

拡張端子は可もなく不可もなく。フルサイズのUSB 3.0が2基(左右1基ずつ)、Micro SDカードスロット、Micro HDMI、3.5mmオーディオジャック、丸い充電端子を搭載します。

残念ながらUSB Type-Cは備えず。モバイルバッテリーからの給電はできないため、自宅のデスクに据え置いて使うスタイルが好ましいでしょう。

Jumper EzBook X4の仕様表

OSWindows 10 Home (日本語対応)
プロセッサーIntel Celeron N4100 4コア/4スレッド 1.1GHz〜2.4GHz
ストレージ128GB SATA SSD (M.2 2242)
メモリ4GB DDR4L(2スロット内1スロットは空いていて、最大8GBまで増設可)
ディスプレイ14インチ 1,920 x 1,080ピクセル TN液晶 タッチ操作には非対応
グラフィックチップIntel UHD Graphics 600
光学ドライブ無し
バッテリー駆動時間9,600 mAh 公称4~5時間駆動
ワイヤレスWi-Fi 802.11b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
接続端子USB 3.0 x2、Micro HDMI x1、3.5mmオーディオジャック x1、Micro-SDカードスロット x1、電源 x1
サイズ横333 x 縦220 x 厚み13mm
本体重量1,363g

GearBestにて発売記念セール開催中!通常よりも20ドル安い299.99ドル

日本発送にも対応するお馴染みの通販サイトGearBest.comにて、EzBook X4発売を記念したセールが行われており、現在は通常よりも20ドル安い299.99ドル = 約3.3万円で販売中。フリーギフトとして、USB接続の有線マウスとUSB 2.0の4ポート拡張ハブも付いてきます。

N3450搭載マシンよりも50ドルほど高価ではありますが、性能もビルドクオリティも格段に良くなっており、割安感しか感じられない狙い目の一台です。

これを皮切りに、負けずまい!と他社もGemini Lakeパソコンを売り出してくるはずなので、競合機種に関しても追ってお伝えしたい思います。

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。