レビュー

Fire HD 10 2017総合レビュー:主な用途、Google Playの導入(非公式)について(Part4)

  • 2017-11-27
  • 2018-03-25
8/10
  • MacBook Pro並に精細な10.1インチの大画面
  • 他のFireタブレットとは比にならないほど速く動作し、ベンチマークスコアも高水準
  • 電池持ちも良好で、12時間の連続動画再生が可能(当ブログの検証)
  • 1万円後半という安さ
  • 充電時間が遅い
  • カメラの画質が悪い
  • ディスプレイがテカリすぎ・指紋目立ちすぎ
  • Fire OSによって、せっかくの性能が活かしきれていない
  1. 本体のつくり、ディスプレイ、機動性
  2. 性能、ベンチマーク、バッテリー
  3. 買う前に知っておきたいデメリット
  4. 主な用途、Google Playの導入(非公式)について
  5. 価格、割引情報、周辺アクセサリ

※この記事は4ページ目です。初めてご訪問された方は、1ページ目からお読み頂いたほうが分かりやすいかと思います。

Amazon Fire HD 10 タブレット (Newモデル)

 肝心の用途は?Fire HD 10はどんな使い方に向いているのか

プライムビデオをはじめとする動画再生

先ほどもお伝えしたとおりFire HD 10の画面は高精細で発色も良いので、動画視聴にはもってこいのデバイスです。

アマゾンプライムビデオやNetflixなどの動画サービスはもちろんのこと、ちょっとした裏技を使ってGooglePlayストアを導入(後述します)すれば、YouTubeやニコニコ動画それにAbema TVも快適に楽しめます。

それに、最大256GBの大容量Micro SDカードに対応しているので、ダウンロードした動画の保管庫としても最適かと。

スマホとは段違いの迫力で映像を楽しみたい方には、ぜひともこのFire HD 10を薦めたいですね。

「大きなスマホ」感覚でWebブラウジングや調べもの

パソコンやiPadのような生産性は無いので、基本的にコンテンツを“受ける”ためのタブレットになりますが、「大きなスマホ」感覚でコンテンツを楽しむならFire HD 10はベストチョイスだと思います。

動画視聴もそうですが、Webでニュースやレシピを調べたり、ニュースアプリをインストールして情報収集する場面では、小さな画面のスマホよりも大画面を備えるFire HD 10の方が圧倒的に効率が良いです。流し読みが出来るわけですね。

本“も”読めるオールインなタブレットとして

従来のFire HD 10では画面解像度が足りず、雑誌の細かな文字が潰れてしまいましたが、進化した2017年モデルならそんな心配は無用。

読書に特化したデバイスが欲しいなら、電子ペーパーで目に優しい「Kindle」を選ぶのが無難ですが、本“も”読めるFire HD 10なら、単行本だけでなく雑誌や漫画をカラー表示で読めます。アマゾンコンテンツを一通り楽しめるオールインワンなタブレットとして、Fire HD 10はベストチョイスだと思います。

HD 10に関していえば、GooglePlayストア導入で最強の格安タブレットへと変身する

Fireタブレットには、Android OSを基にアマゾンが独自の機能を盛り込んだ「Fire OS」が搭載されていますが、残念ながらGoogle系サービスは一切使えません。(GmailやGoogle検索はブラウザーから利用できます)

Google系サービスが使えないということは、YouTubeアプリも使えないので、知らずに購入してしまうとかなりの痛手を被ることになるでしょう。

その代わり、プライムビデオやPrime Music、Kindle本といったアマゾンコンテンツにはホーム画面から直行出来るようになっており、とにかくアマゾン一緒に染め上げられたOSです。アマゾンさんが用意した豊富なコンテンツがお財布を刺激してくるので、ある意味かなり危険なデバイスです(笑)

そういったアマゾンの策略を含めてFireタブレットの面白みだと思うので、筆者は基本的に「FireタブレットはFire OSのまま使うべき」と考えています。しかしFire HD 10に関して言えば、せっかくの性能がFire OSの制限によって活かしきれていない!と感じたため、思い切ってGooglePlayストアをはじめとするGoogle系サービスを導入しちゃいました。

それはもう快適で、YouTubeやニコ動、Abema TVなどお馴染みの動画サービスを大画面で楽しめますし、Google Chromeや日本語入力を導入することで通常のAndroidタブレットと変わらぬ利便性を手に入れられます。

その時の様子は「Fire HD 10にGoogle Playストア入れちゃったので方法を解説します」の記事にまとめましたので、興味のある方は覗いてみて下さい。

Amazon Fire HD 10 タブレット (Newモデル)

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

  • あぜみち より:

    初めまして”あぜみち”と申します。
    HD10 でタブレットデビューしました、これからたどたどしく使い始めます。 ところHD10でプロジェクターで画像を投影することは可能でしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • pasoju より:

      プロジェクターで投影するということは、何かしらの方法でタブレット本体とプロジェクターを繋ぐ必要がありますね。
      ざっと調べてみたところ、以前のモデルはMiracastやケーブル接続による出力に対応したものもありましたが、残念ながら現行モデル(Fire 7、HD 8、HD 10)では出来ないようです。

      詳しくは、アマゾンのヘルプページ「Fireタブレットとテレビなどのディスプレイを接続する」をご覧下さい↓
      https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/?nodeId=201686930

  • オリオン より:

    はじめまして。
    ちょうどこのタブレットの購入を考えていたので、助かりました〜
    性能については大体把握できましたが、電池持ちはどんな具合でしょうか?

    • pasoju より:

      使用状況によって左右しますが、Webブラウジングや読書であれば9〜10時間、動画視聴だと7〜8時間といったところかなと思います。