レビュー

Android使いにお薦めしたい、Micro USBとUSB-C一体型バッテリー

  • 2017-11-10
  • 2017-11-10
10/10
  • Micro USBとUSB-C内蔵で、これ一台あればほぼ全てのAndroidデバイスを充電できる
  • 10,000mAhの大容量バッテリーを備えつつ、スマホ並みに小型・軽量
  • 指紋が目立ちにくいアルミボディ
  • 隠れているUSBポートを使えばiPhoneも同時充電

    スマホの周辺機器を幅広く取り扱っておられるdodocoolというメーカーさんより、モバイルバッテリーのレビュー依頼を頂いたので、ご紹介したいと思います。

    当ブログでは、これまでにも同社のバッテリーを幾つかレビューしていますが、今回の製品はAndroidユーザーぜひとも使って貰いたい一品です。バッテリー本体にMicro USBケーブルとUSB-Cアダプターが内蔵されており、これ一台あればほぼ全てのAndroidデバイスを充電できるという優れもの。

    では、実際の使用例やスペックなど見ていきましょう。

    今回レビュー用として「dodocool MicroUSB & USB-Cケーブル内蔵式モバイルバッテリー」をdodocool様より提供頂いたため、タイアップ記事となっています。ステルスマーケティングではありませんし、中立で率直なレビューを致します。

    dodocool MicroUSB & USB-Cケーブル内蔵式モバイルバッテリー

    パッケージと同梱物

    では早速、開封と共に同梱物をチェックします。いつものことですが、簡素ながらも丁寧な梱包状態。

    箱の中には、バッテリー本体に加えて、Micro USBケーブルや持ち運び用のソフトポーチが入っていました。

    同梱のMicro USBケーブルは、バッテリー本体を充電するためのもので、全長約20cmと短いので持ち運びに適しています。

    バッテリー本体の作り

    以前レビューした同社のケーブル一体型バッテリーはプラスチック筐体で、指紋が目立ちやすく、安っぽさが否めませんでした。対する本製品は全面がアルミ合金で作られており、サラサラとした手触りが心地よくて指紋も目立ちにくいので、非常に清潔感があります。

    角が丸まっているので、手に持ったときのホールド感やポケット内での収まりにも優れます。

    裏面には諸々の仕様が書かれており、容量は10,000mAh 3.85V = 38.5Whとのこと。

    側面の隅には、バッテリー本体を充電するためのMicro USB端子が設けられています。個体差あるかもしれませんが、よく見てみると埋め込まれている端子が僅かに傾いているので、より一層の品質向上に期待したいところ。

    本製品最大の特徴は、一体式のケーブル。本体上部にはMicro USBケーブルが収納されているほか、それをUSB Type-Cへ変換するアダプタも付いているので、大抵のAndroidデバイスはこれ一台で充電できてしまうわけです。

    収納部分には少しばかり余裕(あそび)があるので、取り出したケーブルがしまいづらいといった感触はなく、脱着はスムーズに行えます。

    10,000mAhの大容量ながらコンパクト・軽量

    バッテリー容量は10,000mAhあるので、一般的なAndroidスマホを2〜3回フル充電出来る計算で、機種によりけりですがタブレットもOKです。なおかつ、スマホと同程度のコンパクトボディを実現しているので、持ち運びが億劫になることはありません。スマホ数台分のスタミナが凝縮されている感じですね。

    下の画像は、左に5インチスマホの「Huawei nova」、右に同容量を持つモバブ「Anker PowerCore II Slim 10000」を並べた様子ですが、それらよりも一回り小さいことが分かります。

    USB-Cアダプタ含めた重量は204gなので、大きめのスマホを持ち歩くような感覚です。

    使用例

    では、実際の使用例を見てみましょう。

    まずはMicro USBですが、一体型のケーブルをそのまま端末へ繋げば、自動的に充電が始まります。

    USB Type-Cの場合、本体に収納されているアダプタを挟む必要があるのでちょっと面倒ですが、繋いでしまえばとてもスマート。

    ワットチェッカーで測ってみたところ、約5V / 1.5A = 7.5Wで充電されていることが分かりました。急速充電には対応していないため、電池の大きなスマホは充電に時間掛かりますが、並のバッテリーと同水準なので特に不満ありません。

    そうそう、書き忘れていましたが、実はUSBケーブルを繋ぐことも可能です。一体式ケーブルを取り外すと隠しポートが現れ、そこへLightningケーブルを挿し込めばiPhoneを充電出来る上に、Androidデバイスとの同時充電にも対応しています。

    アマゾンにて販売中。お値段は3,000円以下

    今回ご紹介した「dodocool MicroUSB & USB-Cケーブル内蔵式モバイルバッテリー」はアマゾンにて販売中で、記事を執筆している2017年11月10日現在の価格は2,898円です。容量同じで大きさも殆ど変わらないAnker PowerCore II Slim 10000より400円ほど割安なので、妥当なお値段といえるのではないでしょうか。

    Androidスマホをメイン機として愛用されている方には、満を持してお薦めしたい一品です。

    dodocool MicroUSB & USB-Cケーブル内蔵式モバイルバッテリー

    また、読者様用の割引クーポンコードも発行して頂きましたので、ご購入の際はぜひご活用下さい。販売業者SmartHome-JPにて今月11月30日まで使えるクーポンで、注文確定時に「TXYZ4R6X」と入力・適用することで20%オフの2,319円で購入できます。

    コメントお待ちしています

    記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

    誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

    批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。