比較

【2018年最新版】並外れたコスパを誇るオススメの中華スマホ

  • 2018-06-16
  • 2018-06-16

先日、「【2018年1月】3万円前後で買えるオススメSIMフリー格安スマホ TOP5」という記事を投稿しましたが、当ブログの主力部隊はやはり中華スマホ!中華系通販サイト通じて購入できる数ある中華スマホの中でも、並外れたコストパフォーマンスを発揮している機種をいくつかご紹介します。

なお、前回の記事はランキング形式でしたが、今回は順位不同ということで。

【2018年6月16日追記】OnePlus 6とHuawei Honor 10が仲間入り!

この記事にてご紹介するスマホは、全て国内未発売のため、電波法令に則った技術基準適合証明いわゆる「技適マーク」が付いていません。購入および国内での使用は、各々自己責任でお願いします。

目次

正統派フラッグシップ「OnePlus 6」

OnePlus 6 / 6GB RAM + 64GB ROM SIMフリースマホ

やはり、「中華スマホ」「コスパ」と聞いて真っ先に思い浮かべる端末といえば、フラッグシップキラーこと「OnePlus 6」でしょう。

中国国内1位・世界4位のメーカーOPPO(オッポ)、その子会社であるOnePlusが手がけた最新作で、とにかく評判が良いんです。ハイスペックかつ低価格でドヤ顔する機種は他にも沢山ありますが、OnePlusシリーズはカメラやデザイン、そしてユーザビリティに至るまで抜かり無く、まさに「正統派」に相応しい出来栄え。

現存するスマートフォンとしては最高峰のパワーを持つ「Snapdrgaon 845」を搭載していながら、日本円にして6~7万円で買えてしまいます。中華スマホとしては決して安くありませんが、性能に対するコストパフォーマンスは抜群です。

縦横比18:9のAMOLED(有機EL)ディスプレイ

5から5Tへモデルチェンジした際は画面が縦長となり、縦横比は16:9から18:9へ変更されましたが、OnePlus 6は更に縦に伸びた2,280 x 1,080ピクセルで縦横比は19:9に。画面上部には、賛否両論あるノッチ(切り欠け)が設けられ、カメラや受話口といった各パーツはそこへ集約されました。

6インチの5Tよりも更に大きな6.28インチディスプレイですが、本体そのものは5Tとほぼ変わらぬサイズ感で、持ちやすさは損なっていません。

ディスプレイの方式としては、AMOLED(有機EL)を採用。液晶のようにバックライトを持たないため、沈み込みの深い完全なる黒色を再現でき、鮮明でコントラストの高い映像を映し出します。

光学手ブレ補正や4K60fps動画撮影に対応したデュアルカメラ

OnePlus 5と5Tで既に搭載されていたデュアルカメラは、今回著しい進化を遂げています。以前よりも画素ピッチの広いソニー製最新イメージセンサー「IMX519」の採用や、f/1.7の明るいレンズによって、以前よりも暗所撮影に強くなったほか、OnePlusとしては初となる光学式手ぶれ補正も備わりました。

また、より強力なSoC「Snapdragon 845」を搭載したことで、4K動画の60fps撮影も可能に。iPhone Xと対等に戦えるほどのカメラ性能を、その半額ほどで実現してしまったことになります。

顔認証 + 指紋認証の二刀流

前面カメラを通じてユーザーの顔を認識し、画像認識技術によってそれを解析する顔認証システムが備わっており、画面へ顔を向けて電源ボタンひと押しするだけでロック解除できるので楽ちん。しかし、iPhone Xのような3Dスキャニング式ではなく、正直言ってセキュリティ性は低いですし、真っ暗闇では鈍ります。

顔認証を補助すべく指紋認証センサーも併設されており、シーンによって使い分けることが出来るのはありがたいポイント。

OxygenOS搭載のグローバル版は、Playストア標準搭載&日本語対応

グローバル版のOnePlus 5Tには、「OxygenOS」というカスタムROMが搭載されており、Google PlayストアをはじめとするGoogleサービスが完備されています。しかも、OxygenOS独自の機能までもが完全に日本語化されているので、日本人からも多大な人気を集めています。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid Oreo / Oxygen OS
プロセッサーQualcomm Snapdrgaon 845
CPU:8コア 2.8GHzx4 + 1.8GHzx4
GPU:Adreno 630
ストレージ64GB、128GB、256GB UFS 2.1 2-LANE
メモリ6GB、8GB LPDDR4X
ディスプレイ6.28インチ 2,280 x 1,080ピクセル AMOLEDディスプレイ
内側カメラ1,600万画素 1.0µm f/2.0 電子式手ぶれ補正対応 (IMX371センサー)
外側カメラメイン:1,600万画素 1.22µm f/1.7 光学式+電子式手ぶれ補正対応 (IMX519センサー)
サブ:2,000万画素 1.0µm f/1.7 (IMX376Kセンサー)
バッテリー容量3,300mAh DashCharge(5V 4Aの急速充電)対応
拡張USB Type-C(2.0) x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカード非対応
センサーGPS、指紋認証、ホール、加速度、ジャイロ、近接、周囲光、コンパス、センサーハブ、NFC
SIMカードNano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ75.4 x 7.75 x 155.7mm
本体重量177g
防水・防塵性生活防水に対応(IP等級は非公開)
カラーミラーブラック、ミッドナイトブラック、シルクホワイト

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • FDD LTE:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71
  • TDD LTE:B34, 38, 39, 40, 41
  • TD-SCDMA:B34, 39
  • UMTS(WCDMA):B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
  • CDMA:BC0, BC1
  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz

OnePlus 6 / 6GB RAM + 64GB ROM SIMフリースマホ

P20 Pro同等のパワーが半額で手に入る「Huawei Honor 10」

Huawei Honor 10

P20/P20 Proと同じKirin 970搭載なのに、お値段半額ほど

HuaweiのHonor(オナー)シリーズは、上位機種Pシリーズの性能をなるべく保ったままコストダウンしていて、この「Honor 10」はフラッグシップのP20・P20 Proと同じKirin 970チップを搭載していながら、400ドル前後 = 4~5万円という低価格を果たしています。「P20やP20 Pro狙ってるけど、必ずしもLeicaカメラを求めないし、それよりも安さを追求したい!」という方にはうってつけの一台でしょう。

CPUは4x 2.36GHz + 4x 1.84GHzのオクタコアで、プロセスルールを16nmから10nmへ微細化したことで電力効率を20%向上。グラフィック処理を担うGPUは、従来(Kirin 960)のMali-G71 MP8からMali-G72 MP12へパワーアップし、20%の性能向上のみならず50%の電力効率向上も果たしています。また、AI処理に特化した「NPU」(Neural Network Processing Unit)を新設することで、画像認識等の処理に強くなりました。

Leciaじゃないけど、十分高性能なデュアルカメラ

Huaweiのカメラスマホといえば、「Leciaと共同開発したデュアルカメラ・トリプルカメラ」が印象深いですが、廉価版のHonorシリーズは残念ながらLeicaブランドを冠していません。

しかしながら、メイン1,600万画素 + サブ2,400万画素と十二分に解像度を確保しているうえ、AIによるシーン分析や背景ぼかし撮影もしっかり備わっているので、カメラに対するこだわりは負けず劣らずです。

3.5mmジャックとHi-Fiオーディオチップ「AK4376A」を内蔵

Mate 10 ProやP20では省かれてしまった3,5mmオーディオジャックですが、普及版として徹しているhonorシリーズには依然として備わっているので、音ゲーマーの助け舟にもなり得そう。

また、前作Honor 9もそうでしたが、Honor 10にも旭化成エレクトロニクス社のHi-Fi対応オーデイオチップが内蔵されており、並のスマホよりもオーディオに力が入っています。型番は「AK4376A」で、Vivo X20にも同じチップが載ってますね。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid 8.1 / EMUI 8.1
プロセッサーHiSilicon Kirin 970
CPU:8コア Cortex A73 2.8GHzx4 + 1.8GHzx4
GPU:Mali-G72 MP12
NPU:Neural Network Processing Unit
ストレージ64GB、128GB
メモリ4GB、6GB
ディスプレイ5.84インチ 2,280 x 1,080ピクセル IPS液晶ディスプレイ
内側カメラ2,400万画素 f/2.0
外側カメラメイン:1,600万画素 f/1.8 電子式手ぶれ補正対応 カラーカメラ
サブ:2,400万画素 モノクロカメラ
バッテリー容量3,400mAh Huaweiスーパーチャージ(5V 4.5Aの急速充電)対応
拡張USB Type-C(2.0) x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカード非対応
センサーGPS、指紋認証、ホール、加速度、ジャイロ、近接、周囲光、コンパス、指紋認証、NFC
SIMカードNano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ71.2 x 7.7 x 149.6mm
本体重量153g
カラーターコイズブルー+パープル(影紫)、シルバー(海鸥灰)、ブラック(幻夜黑)、インディゴブルー+パープル(幻影蓝)

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • FDD LTE:B1, 3, 5, 7, 8, 19
  • TDD LTE:B38, 40, 41
  • WCDMA:B1, 2, 5, 6, 8, 19
  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz

Huawei Honor 10

最新機種には一歩劣る性能だが、コスパは最強「LeEco Le Pro 3 Elite」

LeEco Le Pro 3 Elite

Snapdragon 820搭載しつつお値段2万円以下

このスマホの凄いところは、Snapdragon 820(835の2世代前)という高性能なSoCを搭載していながら、お値段を2万円以下に抑えている点。820仲間といえば、Xiaomi Mi5やZTE AXON 7などが挙げられますが、それらよりも更に安く、筆者の知る限り同SoC搭載機としては最安です。

型落ちとはいえ、Antutuベンチマークでは13~14万点を記録するので、そこそこ負荷の高い3Dゲームもいけます。

SDカード非対応でありながら、ストレージ容量は32GBと心もとない

ストレージ容量は32GBと心もとないうえ、Micro SDカードによる拡張は出来ないので、アプリや動画・音楽の詰め込みすぎには注意したいところ。

実行用メモリは4GBを積んでおり、現行Androidスマホとくらべても遜色ありません。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid 6.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 820
CPU:8コア 2.15GHzx4 + 1.60GHzx4
GPU:Adreno 530
ストレージ32GB、64GB、128GB
メモリ4GB、6GB
ディスプレイ5.5インチ 1,920 x 1,080ピクセル 401ppi
内側カメラ800万画素 f/2.2 OV8865センサー
外側カメラ1,600万画素 f/2.0 IMX298センサー 光学式 + 電子式手ぶれ補正対応
バッテリー容量4,070mAh 急速充電QuickCharge 3.0対応
拡張USB Type-C x1
SDカード非対応
センサーGPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、環境光、近接,電子コンパス、ジャイロ、指紋認証、HALL、赤外線
SIMカードNano-SIMx2
幅 x 厚さ x 高さ73.9 x 7.5 x 151.4mm
本体重量175g
カラーゴールド、ローズゴールド、シルバー、グレー

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz
  • CDMA:BC0, 1
  • WCDMA:B1, 2, 5, 8
  • FDD-LTE:B1, 3, 7
  • TD-SCDMA:B34, 39
  • TD-LTE:B38, 39, 40, 41

LeEco Le Pro 3 Elite

Android One搭載で戸惑いなく使える「Xiaomi MiA1」

Xiaomi MiA1

純正Android OS搭載で、Playストアも日本語ロケールも入ってる

XiaomiスマホはMIUIという独自のカスタムOSがインストールされていますが、このMiA1だけは例外です。

GoogleがAndroidを普及させるべく展開する「Android One」準拠しているため、カスタマイズの施されていない素のAndroid OSが搭載されているほか、発売日より最長2年間は最新OSへのアップデートが保証されます。(現状ではAndroid 9.0まで保証)

もちろん、Google Playストアや日本語ロケールも標準搭載なので、使い心地はY!mobileのAndroid Oneスマホと全く一緒。残念ながらおサイフケータイやワンセグといった国内向けの機能はありませんが、やはり最大の魅力は“中華プライス”で、送料等入れても2万円ちょっとで買えてしまいます。(ワイモバのX3は6.7万円、507SHは3.7万円)

標準+望遠のデュアルカメラを搭載し、2倍ズームやぼかし撮影に対応

背面には標準画角+望遠のデュアルレンズカメラを搭載し、光学2倍ズームや、背景をぼかして被写体を浮き立たせる撮影モードが実装されています。Android Oneでなおかつ2眼カメラを持つ機種は、かなりレアな存在ですよね。

ただし、レンズの明るさは上位機種Mi6には及ばず、メインf/2.2 + サブf/2.6とやや暗め。光学手ブレ補正も無いので、暗所撮影には向きません。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid 7.1.2、Android 8.0や9.0にアップデート予定
プロセッサーQualcomm Snapdragon 625
CPU:8コア 2.0GHz x8
GPU:Adreno 506
ストレージ32GB、64GB
メモリ4GB
ディスプレイ5.5インチ 1,920 x 1,080ピクセル 403ppi
内側カメラ500万画素 1.12μm f/2.0 (S5K5E8センサー)
外側カメラメイン:1,200万画素 1.25μm f/2.2 (OV12A10センサー)
サブ:1,200万画素 1.0µm f/2.6 (OV13880センサー)
バッテリー容量3,080mAh 急速充電QuickCharge 3.0対応
拡張USB Type-C x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカード最大128GBのMicro SDカードに対応
センサーGPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、環境光、近接,電子コンパス、ジャイロ、指紋認証、HALL、赤外線
SIMカードNano-SIMx2
幅 x 厚さ x 高さ73.9 x 7.5 x 151.4mm
本体重量175g
カラーブラック、ゴールド、ローズゴールド、レッド

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz
  • WCDMA:B1, 2, 5, 8
  • FDD-LTE:B1, 3, 4, 5, 7, 8, 20
  • TD-LTE:B38, 40

Xiaomi MiA1

ズルトラ難民が救われる6.44型ファブレット「Xiaomi Mi Max 2」

Xiaomi Mi Max 2

6.44インチの圧倒的大画面

Xiaomi Mi Max 2 サイズ比較

「大画面こそ正義!」というファブレット第一主義の方、またXperia Z Ultra(通称ズルトラ)の後継をお探しの方へ、Xiaomi Mi Max 2を激推ししたいですね。

最大の売りは、めちゃくちゃ大きなディスプレイ。対角6.44インチという圧倒的な大画面からは、並のスマホとは比べ物にならないほどの情報量と迫力を得られ、“大きなスマホ”というよりかは“小さめのタブレット”感覚。

大容量バッテリー + 低燃費SoC  = 驚異的な電池持ち

この機種を語る上で決して無視できないのが、電池持ちの良さ。

5,300mAhもの巨大バッテリーに加え、燃費に優れるSoC「Snapdragon 625」を内蔵。つまりハイスタミナ+低燃費という最強のコンビによって、他のスマホを凌駕するバッテリーライフを実現しており、日常使いであれば2〜3日は充電要らずで使えてしまいます。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid 7.1.1 / MIUI 8
プロセッサーQualcomm Snapdragon 625
CPU:8コア 2.0GHz x8
GPU:Adreno 506
ストレージ64GB、128GB
メモリ4GB
ディスプレイ6.44インチ 1,920 x 1,080ピクセル 342ppi
内側カメラ500万画素 1.12μm f/2.0 (S5K5E8センサー)
外側カメラ1,600万画素 f/2.2 IMX386センサー
バッテリー容量5,300mAh 急速充電QuickCharge 3.0対応
拡張USB Type-C x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカードMicroSDカード(最大128GB対応)
センサーGPS、A-GPS、GLONASS、BeiDou、赤外線、ジャイロ、加速度、近接、環境光、HALL、指紋認証
SIMカードNano-SIM + Micro-SIM
幅 x 厚さ x 高さ88.7 x 7.6 x 174.1mm
本体重量211g
カラーゴールド

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz
  • CDMA:BC0
  • WCDMA:B1, 2, 5, 8
  • FDD-LTE:B1, 3, 5, 7, 8
  • TD-SCDMA:B34, 39
  • TD-LTE:B38, 39, 40, 41

Xiaomi Mi Max 2

世界最大バッテリーを搭載するバケモノ「DOOGEE BL12000」

DOOGEE BL12000

12,000mAhの超大容量バッテリーを搭載

そうそう、バッテリーといえば、DOOGEEから最近リリースされた「BL12000」も見逃せません。

本体内部には6,000mAhのバッテリーが2つ = 計12,000mAhの超大容量バッテリーが内蔵されており、スマホとしては世界最大のスタミナを誇ります。

これにより、1,000時間のスタンバイ、90時間の通話、50時間の音楽視聴、25時間の動画視聴を実現したとのこと。

バッテリーを大きくすればするほど、充電時間がネックとなる訳ですが、大丈夫。BL12000は12V / 3A (36W)と非常にハイパワーな急速充電をサポートしており、それに対応した充電器が同梱されます。

めちゃくちゃゴツくて分厚い本体

ディスプレイのある前面だけみれば、今風のスタイリッシュなスマホに思えますね。しかし、厚さ14mmの側面、そして本体総重量300gというスペックを目にすれば、コイツが只者でない事に勘づくはずです。

“スマホにデカい電池を載せた”というより、“大容量モバイルバッテリーに画面付けた”と申したほうがイメージしやすいかと。

スペック・対応周波数帯

OSAndroid 7.0
プロセッサーMediaTek MT6750T
CPU:8コア 1.5GHz x4 + 1.0GHz x4
GPU:Mali-T860 MP2
ストレージ32GB
メモリ4GB
ディスプレイ6インチ 2,160 x 1,080ピクセル 403ppi
内側カメラ800万画素 130度広角 + 1,600万画素 88度標準画角
外側カメラ1,600万画素 + 1,300万画素 f/2.0
バッテリー容量12,000mAh 12V /3Aの急速充電対応
拡張MicroUSB x1、3.5mmオーディオジャック x1
SDカードMicroSDカード(最大256GB対応)
センサーGPS、A-GPS、GLONASS、ジャイロ、加速度、近接、環境光、指紋認証
SIMカードNano-SIM x2
幅 x 厚さ x 高さ74.7 x 14 x 162mm
本体重量300g
カラーブラック、ブルー

対応周波数帯は以下のとおり↓

  • GSM:850, 900, 1800, 1900MHz
  • WCDMA:B1, 8
  • FDD-LTE:B1, 3, 7, 8, 20

DOOGEE BL12000

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。