レビュー

薄くて大容量な「Anker PowerCore II Slim 10000」は2017年の決定版

  • 2017-09-24
  • 2017-10-25
9/10
  • スマホとの重ね使いも可能な小型・薄型ボディ
  • PowerIQ 2.0対応で従来よりも充電速度が向上
  • 指紋が目立ちにくいマットな質感
  • ゴムっぽい裏面はホコリが付きやすく目立ちやすい

モバイルバッテリーといえば、あの超有名ブランド「Anker」を思い浮かべる方は多いかと思いますが、同社が今月の初めに発売した新製品「PowerCore II Slim 10000」はご存知ですか?

以前当ブログでは、「PowerCore 10000」をレビューしましたが、今回の「PowerCore II Slim 10000」はその名の通り1万mAhのバッテリー容量は据え置きつつも、外装が30%ほど薄型化=Slim(スリム)になりました。面積はiPhone 7/8同等なので、「スマホと重ねて使う」という使い方を実現しており、機動性と容量を兼ね備えた2017年の決定版とも言える一台です。

実際に使い始めてから2週間ほど経ちましたので、詳しい使用感などをお伝えしていきます。

Anker PowerCore II Slim 10000

パッケージの様子と同梱品について

パッケージは水色と白を基調としたシンプルで清潔感のあるデザインで、天面にはAnkerのロゴが。

裏面はこんな感じ。

箱の中には、PowerCore II Slim 10000本体と説明書類、バッテリーそのものを充電するためのMicro USBケーブル、そして専用のソフトポーチが入っています。

説明書には、各ポートの入出力やその他仕様が事細かに記されています。

ケーブルは片方がバッテリー側へ繋ぐMicro USBで、もう片方はスマホの充電器やパソコンに繋ぐUSB Type-Aです。バッテリーだけでなく、一部のAndroidスマホの充電にも使えますね。

全身黒に包まれたボディ。細部まで作りをチェック

本体天面の様子

天面は黒塗りのプラスチックで作られていますが、表面にはサンドブラスト加工が施されているので、指紋が目立ちにくいのは嬉しいポイント。中央にはAnkerのロゴ、隅にはインジケーターランプが配置されています。

滑り止め効果のある裏面

裏面はゴムのような手触り。冒頭でも説明したように、薄型な当バッテリーはスマホと重ねて使えるので、滑り止めとしてゴム素材を用いたと思われます。

こちらも心地よい手触りとなっていますが、素材の特質上ホコリが付きやすく目立ちやすいので、使わない時は付属のポーチへ入れておけば安心です。

端子

端子は側面にあり、中が青いのが他のデバイスへ電力を供給するUSB Type-Aで、その隣りにある小さな端子はバッテリー本体を充電するMicroUSBです。

稲妻マークと共に書かれている「IQ」とは、「PowerIQ 2.0」に対応している旨を指します。これはAnkerが独自に開発した技術で、繋いだデバイスを自動で検出し、適切な電力によって充電する仕組みになっています。

インジケーターランプとボタン

側面にある丸いボタンを押すと、青色の4灯式インジケーターランプが光り、25%刻みでバッテリー本体の残量を把握できます。

小型で薄いPowerCore II Slimなら、“重ね使い”できます

PowerCore II Slim 10000は縦横寸法は137 x 66mm。iPhone 7や8とほぼ同じくらいの面積でありながら、中にはiPhone x4〜5台分くらいの大容量バッテリーが収められているので、スタミナと機動性を上手く両立させた一台です。

では、厚みはどうでしょう。本体厚は16mmで、iPhoneをはじめとする一般的なスマホ2台分に相当します。ただ、重量は210gなので、スマホ2台を重ねて持つよりかは遥かに楽ちん。

小型で薄型なPowerCore II Slim 10000なら、下のようなスマホとの重ね使いも可能で、ポケモンGOのサブバッテリーとしても活用できますね。総重量は300gを超えるので、流石に長時間持っていると疲れますが、iPhone 6/7/8等の小柄なスマホとの組み合わせは抜群です。

急速充電と充電速度について

PowerIQ 2.0により最大18Wの出力が可能

先ほどもお伝えしたように、PowerCore II Slim 10000にはAnkerが独自に開発した技術「PowerIQ 2.0」が組み込まれています。

Anker公式のプレスリリースページによると、従来のPowerIQが最大12Wだったのに対し、今回のバージョン2.0では最大18Wに引き上げられ、充電速度が向上しているとのこと。

「PowerIQ」は接続された機器を自動検知し、最大入力12Wまでのデジタル機器に対して適した最大スピードで急速充電を行うAnker独自のテクノロジーです。

「PowerIQ 2.0」では、入出力とも最大18Wまでの全てのデジタル機器にフルスピードで充電できるようになったため、Galaxy S8をわずか90分で満充電できるだけでなく、急速充電に対応した充電器をご利用いただくと、最速約4時間程度でバッテリー本体への充電も完了致します。

Anker | プレスリリース 進化したPowerIQ 2.0搭載のスリムな大容量モバイルバッテリー 「Anker PowerCore II Slim 10000」を販売開始

QuickCharge 3.0対応のXiaomi Mi5sは1時間40分でフル充電

まずは、QuickCharge 3.0に対応しているXiaomi Mi5sで検証します。残量ほぼ0の状態から100%に至るまで、要した時間は1時間40分ほどで、以前レビューしたdodocoolのQC3.0対応充電器とほぼ同じペースで充電されています。

充電を始めた直後Ampereでチェックしたところ、電流は2,980mAでした。

急速充電非対応のHuawei novaは2時間半

次に、QuickChargeには非対応のHuawei nova。バッテリー容量は3,020mAhでMi5sよりも若干小さいですが、20%から100%に至るまで2時間半ほど掛かったので、急速充電の有無が大きく響く結果となりました。

アマゾンにて3,299円で販売中

今回レビューした「Anker PowerCore II Slim 10000」はアマゾンにて販売中で、記事を執筆している2017年9月24日現在の価格は3,299円です。無印版のPowerCoreより900円お高いというのは考え物ですが、スマホと重ね使いも可能な薄型ボディや、進化したPowerIQ 2.0はPowerIQ 2.0ならではの特色なので、妥当な価格だと思います。

お値段含めて、「2017年の決定版」とも言える素晴らしいモバイルバッテリーで、万人受け間違い無しです。バッテリーの新調を検討されている方は、ぜひ下のリンクからアマゾンの販売ページをご覧下さい↓

Anker PowerCore II Slim 10000

コメントお待ちしています

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。