アマゾン、画面がフルHD超えの新Fire HD 10を発表。価格は2万円以下

ニュース

アマゾンは9月19日、自社が展開するタブレット「Fire」シリーズのうちの一つ「Fire HD 10」の新型を発表しました。

これまでも、Fire HD 10という同一名称の機種が販売されていましたが、今回の2017年モデルは作りが大きく変貌しています。

まず注目したいのは画面の解像度。画面サイズそのものは従来と変わらず10.1インチですが、旧型は1,280 x 800だったのに対し、今作はフルHDよりも大きな1,920 x 1,200ピクセルとなりました。これにより、Fireシリーズでは最も高精細な224ppiを実現し、綺麗で迫力のある映像を楽しめます。

内部スペックも底上げされ、より高性能なクアッドコアCPUと倍増された2GBメモリ(RAM)により、旧型よりも30%の高速化を実現したとのこと。

以前は、最安の16GBでさえ29,980円で、他のFireシリーズとは比にならないほど割高感が否めなかった当機種。しかし、今作は32GBモデルが18,980円、64GBモデルでも22,980円という低価格で売り出され、「Fire 7やHD 8では物足りない!」と感じているユーザーの乗り換え先としては最適と言えるでしょう。

また、プライム会員限定の「Fireタブレット クーポンキャンペーン」では、Fire HD 10含むFireタブレット全般を4,000円割引でゲットできるので、会員の方は要チェック!

Amazon Fire HD 10 2017年モデル

32GB

18,980円

更新

64GB

22,980円

更新

Fire HD 10の主なスペック

OSAndroidベースのFire OS
プロセッサーMT8173 クアッド(4)コア 1.8GHz x2 + 1.4GHz x2
ストレージ32GB(18,980円)、64GB(22,980円)
メモリ2GB
ディスプレイ10.1インチ 1,920 x 1,200ピクセル(224ppi) IPSディスプレイ
グラフィックPowerVR GX6250
内側カメラVGA(30万画素)
外側カメラ200万画素
通信Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac対応、Bluetooth対応
バッテリー最大10時間駆動(公称値) 容量は不明
拡張Micro USB(2.0) x1、3.5mmオーディオジャック x1
幅 x 厚さ x 高さ縦262 x 横幅159 x 厚み9.8mm
本体重量500g
カラーバリエーションブラック

不人気な旧Fire HD 10から飛躍的に進化した2017年モデル

画面解像度が1,920 x 1,200ピクセルのWUXGA解像度に

画面の大きさは変わらず10.1インチですが、解像度が1,280 x 800から1,920 x 1,200へ上がったことで、1インチあたりのピクセル数を示すppiは従来の149ppiから224ppiへ向上。iPadシリーズには届かぬものの、AppleのMacBook Proと同水準の精細さです。

これにより、WebページやKindle本の細かな文字までもをくっきり表示できるほか、フルHDの動画をドットバイドット(1ドット=1ピクセル)表示で映し出せるので、コンテンツを楽しむタブレットとしてはFire 7やHD 8よりも進歩しています。

CPUがクロックアップで高速化

内部の処理性能が上がった点にも注目です。CPUは旧型と同様にクアッドコアのままですが、クロック周波数が1.5GHz + 1.2GHzから1.8GHz + 1.4GHzに上がっているので、よりキビキビとした動作が期待できます。

詳しい型番などはまだ判明しておらず、ベンチマーク等の情報も見当たらないため何とも言えませんが→SoCはMediaTek製で型番は「MT8173」と判明、アマゾンによれば「30%の高速化を実現した」とのこと。筆者の勝手な推測ですが、格安スマホ並の性能を持ち合わせていると見られます。

実行用メモリは倍増されて2GBを内蔵

実行用メモリ=RAMの容量は、旧型より倍増された2GBを内蔵しています。最近のタブレットとしては必要最小限の水準ですが、アプリの同時起動などのマルチタスクに強くなったため、素直に喜んで良いポイントでしょう。

ちなみに、Fire 7は1GB、HD 8は1.5GBを積んでいます。

電池持ちが2時間伸びた

電池持ちに関しても改善され、旧型が8時間の駆動時間だったのに対し、今作は2時間伸びて10時間駆動を実現したとのこと。

ちなみに、Fire 7は8時間駆動、HD 8は12時間駆動を謳うので、その中間辺りです。

32GB or 64GBの内蔵ストレージに加え、最大256GBのMicroSDカードも利用可

内蔵ストレージの容量は、32GBもしくは64GBの2択。

アプリを幾つか入れてクラウド上のビデオや音楽を楽しむといった使い方なら、内蔵の容量で十分事足りますが、ダウンロードしたコンテンツを詰め込むとなれば話は別。しかし、Fireタブレット全機種においてMicro SDスロットを装備しているので、使い始めてからでも容量を拡張出来るのは嬉しいポイント。

旧型は最大200GBのMicro SDカードに対応していましたが、新型では更に大容量な256GBも扱えるようになりました。

モバイル性は退化。以前よりも分厚く重たい

モバイル性に関しては少しばかり退化しており、タブレット本体は旧型よりも2.1mm分厚い9.8mmに。これにより重量も68g増して、500gピッタリとなっています。

とはいえ、10.5インチのiPad Proおよび無印iPad(いずれもWi-Fiモデル)が469gなので、そこまで悲観的に捉えなくても良いでしょう。ただ、スマホもタブレットも薄型が当たり前になったこの時代、厚さ約1cmのボディには古臭さを感じそうですね。

現在は予約受付中。お得なキャンペーンも実施中!

Fire HD 10は10月11日発売。32GBモデルは2万円以下

2017年版Fire HD 10の発売予定日は2017年10月11日ですが、既に予約注文の受け付けが始まっています。価格は32GBモデルが18,980円、64GBモデルが22,980円。

Amazon Fire HD 10 2017年モデル

32GB

18,980円

更新

64GB

22,980円

更新

プライム会員限定のクーポン配信中!現行のFireタブレットが4,000円割引

アマゾンプライム会員(無料体験は対象外)の方に向けて、限定クーポンが配信されています。Fire HD 10に限らずFire 7とHD 8も対象となっており、販売価格より4,000円割り引かれるお得なキャンペーンなので、プライム会員の方は要チェック!

Fire HD 10は、注文確定時に現れるクーポン欄に「PRIMEFIRE10」と入力し適用すると、32GBは14,980円、64GBは18,980円で購入できます。

他機種のクーポンや利用手順等に関しては、下のリンクよりキャンペーンページをご確認ください↓

10月17日までにFireタブレットを買うと、Amazonビデオの770円クーポンが貰える

更に、Fire HD 10登場にあわせてAmazonビデオのクーポンプレゼントキャンペーンも実施中で、10月17日23:59までにFire 7 / HD 8 / HD 10(いずれも最新モデルが対象)を注文すると、タブレット発送後にAmazonビデオで使える770円クーポンがもれなく貰えます。

詳細や注意事項等に関しては、下のリンクよりキャンペーンページをご確認ください↓

この記事に付けられたタグ:,

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

コメントを残す

*