アマゾン、Kindle 2.7万冊+まとめ買い半額セールを7/11まで実施

お買い得情報

今月7月の10日より、一大セールイベント「Prime Day」を控えているアマゾンですが、2日前から7月11日まで「Kindle本50%OFF大型セール」が開催されています。

大々的にアピールされているPrime Dayの影に隠れてしまっている印象ですが、Kindle本2.7万冊とシリーズ物のまとめ買いが半額という大規模なセールで、気になるタイトルをお買い得価格で手に入れられるチャンスですね。

では、セール内容をざっくり見てみます。

27,512冊のKindle本が半額!

記事執筆現在、アマゾンの「Kindle本50%OFFセール」ページを見ると、なんと27,512のKindle本が割引の対象となっています。7月11日の23:59まで、希望小売価格の50%オフで販売されるので、お目当てのタイトルはぜひとも手に入れておきたいところ。

筆者が気になるジャンルといえば、プログラミング特にPython辺り、それから金融関係ですね。

マネーの公理

著者:マックス ギュンター

Amazon.co.jpで見る

1,830のシリーズ物はまとめ買いで半額!

漫画などのシリーズ物、計1,830タイトルも割引されており、全巻まとめ買いで購入すると半額になるという仕組み。ざっと見たところ、目玉となりそうなものは少ないですが、気になる方はこちらも覗いてみて下さい。

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

コメントを残す

*