レビューの記事一覧

3000円で買えるスマートリストバンド「Mi Band 2」を使い始めたよ

数年前から何かと話題に上ることの多い「スマートウォッチ」ですが、これまで筆者は一台も所持したことがありませんでした。

名前からして、スマホっぽいものを腕に身に付けるイメージ。何となく「便利なんだろうな…」と思っていたものの、スマホで満足している筆者にとって、さほど惹かれる存在では無かったのです。

しかし先日、中国深センのECサイトGearBestより、「Xiaomi Mi Band 2」というスマートウォッチのレビュー依頼を頂きまして、この度記事にてご紹介することとなりました。初のウェアラブルです。

Xiaomiは、安さで攻めつつ高品質なガジェットを次々売り出す中国の電子機器メーカー。これまで同社のスマートフォンを3台レビューしており、当ブログにとっては馴染み深いメーカーなのです。そのXiaomiが作るウェアラブルデバイス「Mi Band 2」の使い心地や完成度は如何なものか、詳しくレビューしていきます。

続きを読む

据え置き型の決定版!dodocool 58W 6ポートUSB充電器をレビュー

スマホやタブレットに限らず、何かと使う機会の多いUSB充電器。

身の回りにデジタルガジェットが増えてくると、どうしてもUSBポートの不足に陥りがちで、日々ガジェットレビューを続けている筆者もその一人。やはり、複数のデバイスを一気に充電できる「据え置き型の充電器」は憧れの存在で、持っているだけで安心感がありますね。

何とも嬉しいことに、スマホやパソコンの周辺機器をアマゾンにて販売しておられる「dodocool」さんより、「58W 6ポートUSB充電器」をレビュー用にご提供頂きました。品質や使い勝手など、細部に至るまでレビューしますので、USB充電器をお探しの方は参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

Vernee Apolloレビュー:10コアCPUに2K液晶搭載の超コスパスマホ

Vernee Apollo

3ヶ月ほど前に当ブログでご紹介した中華製スマートフォン「Vernee Apollo」を購入しましたので、実機レビューしたいと思います。

Vernee(バーニー)は、XiaomiやOppoなど中国スマホメーカーの中の一社ですが、グローバル向けの会社というイメージがあります。去年11月に発表された「Apollo」は、現状ラインナップ上で最高峰に位置する端末で、10コアSoC「Helio X25」WQHD(2K)ディスプレイなどのハイスペックな要素がふんだんに盛り込まれています。

しかし、お値段はなんと3万円以下(記事執筆時)で、この驚異的なコストパフォーマンスの高さこそ最大の魅力でしょう。

実際の使い心地や品質などはどうなのか、たくさんの写真を交えながら詳しくご紹介します。

続きを読む

1万円以下でデュアルカメラ…だと!? CUBOT Rainbow 2をレビュー

スマートフォンってどんどん安くなっていますけど、今回はなんと1万円以下の激安中華スマホを皆様にご紹介します。

今回登場するのは、中国メーカーCUBOTが開発した「Rainbow 2」。以前レビューした「UMi Diamond X」よりもさらに安価です。

しかし、ただの激安スマホではなく、背面にデュアルレンズカメラを備えているという変わり者。本体の品質からカメラ機能まで、たくさんの写真を交えながら分かりやすくレビューします。

毎度のことながら、中国深センの通販サイト「GearBest」(ギアベスト)より、レビュー用として実機を提供いただきました。ありがとうございます!

続きを読む

これあれば最強!dodocoolの1本3役USBケーブルが万能で便利すぎる

スマホやタブレット、ノートパソコンなどのデジタルガジェットを複数台所持している人にとって、充電グッズはとても大切なアイテムです。特に充電ケーブル!

筆者の引き出しの中は、常に異なる種類のケーブルが何本も混在している状態で、スマホ一台充電するのも一苦労。何気に嵩張りますし、数が増えるとごちゃごちゃ汚らしくなりますし、どれも似た容姿をしていて紛らわしいですし…。

そんな悩みを万事解決してくれる、とても便利なケーブルに出会いました!その名も「dodocool 3in1 USBケーブル」。1本3役の万能ケーブルです。

「dodocool」とは、アマゾンにてスマホの周辺機器を販売しているメーカーで、既にご存知の人は多いと思います。ご縁がありまして、先日dodocool様より3in1ケーブルをレビュー用としてご提供頂きましたので、さっそく皆様にご紹介します。

続きを読む

超高性能でデュアルエッジな「Xiaomi Mi Note 2」開封レビュー

以前の記事でちらっと予告しましたが、Xiaomi Mi Note 2の上位版を購入しまして、先日ついに現物が届きました!

中国スマホメーカーXiaomiのラインナップ上では最上位に位置する機種で、スペックもさることながら価格もお高いです。しかし先日配信されたGearBestのクーポンで、そこそこお買い得と言える値段へ落ち着いたため、勇気を振り絞ってポチってみました。お値段は6.4万円。

Xiaomiといえば、3万円のハイスペックスマホ「Mi5s」や、1〜2万円のコスパ重視低価格スマホ「Redmi」シリーズが有名ですが、よりプレミアムな機種を求める方にとってMi Note 2やMi MIXあたりは非常に魅力的な存在だと思います。流石にMi MIXにまでは手が出ませんでしたが、より実用性を重視したMi Note 2を入手出来ましたので、その魅力をたっぷりとレポートしていきたいと思います。

今回の記事では本体の外観や基本的な機能のみレビューし、ベンチマーク結果やカメラ性能に関しては後日詳しくお届けします。

続きを読む

Celeron N3450を搭載するLapBook 14.1の性能・使い心地

今月の初めに中国メーカーCHUWIの14インチノートパソコン「LapBook 14.1」をレビューしまして、この記事はその続きとなります。外観や品質に関しては前回たっぷりご紹介しましたので、今回は処理性能使い心地バッテリーの持ち具合などをレビューしようと思います。

LapBook 14.1ではIntel Celeron N3450プロセッサを採用しており、中華タブレット・PCによくありがちなAtomプロセッサよりもワンランク上の性能を持っています。一体どれほどの実用性を備えているのか、ベンチマークも交えてご紹介していきます。

続きを読む

Fire HD 8 2016の性能と電池持ちをベンチマークで測ってみた

購入してから半年ほどが経過してしまいましたが、以前レビューしたアマゾンのタブレット「Fire HD 8」ネタを復活させます。

というのも、このブログの実機レビューではお馴染みのベンチマークテストですが、そういえばFire HD 8では走らせていなかったな…。というわけで、この記事では取り忘れていたFire HD 8のベンチマーク結果を公表します。処理性能だけでなく、電池持ちに関してもレビューしますので、Fire HD 8の購入を検討されている方は参考にして頂ければ幸いです。

詳しいレビューに入る前に、今回登場するHD 8は2016年モデルです。これよりも前に2015年版が出ているのですが、それとは全くの別物です。

続きを読む

Xiaomi Redmi 4 レビュー後篇:性能や電池持ち、カメラ画質など

Xiaomi Redmi 4の実機レビュー、今回は後篇となります。前回の記事は「Xiaomi Redmi 4 開封レビュー前篇:2万円とは思えない質感の良さ」となりますので、そちらからお読み頂いたほうが分かりやすいかと思います。

前回は、筐体の作りや特徴などをチェックしましたが、2万円ながらかなり良質な仕上がりでした。モデルチェンジを重ねるごとに、Xiaomiスマホは着実に進化しています。

では実用性はどうなのか?というわけで、今回はよりテクニカルな部分に着目。Redmi 4に積まれているSnapdragon 625の性能ベンチマークスコアや、バッテリーの持ち具合カメラの画質などを一挙にご紹介します。

続きを読む

Xiaomi Redmi 4 開封レビュー前篇:2万円とは思えない質感の良さ

Xiaomiが去年の冬に発表した低価格スマホ「Redmi 4」を購入しましたので、開封レビューをお届けします。

今回レビューするRedmi 4は、Snapdragon 625プロセッサに3GBのメモリ、32GBのストレージを搭載する上位版。価格は約2万円と非常に安価でありながら、本体のデザイン性や質感は価格に見合わないほど良質で、相変わらず期待を裏切らないXiaomiといった感じです。

以前にRedmi Note 3 Proを購入しレビューしており、Redmiシリーズはこれで2台目となりますが、見た目も中身もそしてコスパも着実に進化しているなと実感。

続きを読む

実機レビュー:CHUWI LapBook 14.1は質も価格もバランス良い一台

中国メーカーの格安ノートパソコンと聞けば、安かろう悪かろうなイメージが浮かんでしまいがちですが、一概には言えませんよ!

MacBookやVAIOは値段相応のスペックに高い品質が魅力的ですが、誰もが高価なノートパソコンを欲しているかといえばそうでもなく、格安機種の需要も絶えないわけです。アマゾンでも安いノートパソコンはいくつか販売されていますが、より格安でよりコストパフォーマンスに長けたものを求める方は中華ノートパソコンなんて選択肢も有りです。

この記事では、中華タブでお馴染みのCHUWIが販売する14インチノートパソコン「CHUWI LapBook 14.1」を皆様にご紹介しようと思います。製品の全体像、良いところとイマイチな点を分かりやすくまとめましたので、最後までお楽しみ下さい。

続きを読む

発売からまもなく1年迎えるiPhone SEを今さら購入しました

日本のスマホユーザーの半数が使っていると言われるApple社のiPhoneシリーズ。iPhoneと聞けば、高いけどハイスペック&多機能で大画面を備える「iPhone 7」を真っ先に思い浮かべるわけですが、最新機能には対応していないけどお安くて本体がコンパクトな「iPhone SE」もそれなりに需要があります。

半年ほど前に「iPhone 7が登場した今、真の狙い目はSEなのかもしれない」という記事を書いたところ、思いのほかアクセス数が伸びまして、毎日沢山の方に読んで頂いております。ならば、その続編的な記事を展開したいな…と思い、先日iPhone SEを購入しましたので、実機レビューしていこうと思います。

およそ1年前に発売されたiPhone SEは、既に多くのブロガーさんたちによってレビューされています。なので、今さら感たっぷりなレビュー記事になるとは思いますが、総まとめ的な感覚でお読み頂きたいと思います。

続きを読む

入門機に最適な1万円台の中華スマホ「UMi Diamond X」をレビュー

XiaomiやHuaweiなど、最近の大手中国スマホメーカーはやや高級・高額志向に傾きつつあるイメージですが、まだまだ激安路線も健在です。

ガジェット系ECサイトの「GearBest」(ギアベスト)様より、低価格スマートフォン「UMi Diamond X」をレビュー用に提供して頂きました。

これまで2万円〜3万円台のスマホは当ブログにていくつかご紹介してきましたが、今回のUMi Diamond Xはなんと1万円台!1万円ともなると”格安”というより”激安”で、その実力は如何なるものなのか、2回の記事に分けてレビューをしようと思います。

今回は開封と初期セットアップ、軽い使用感をお届けします。

続きを読む

mineo Dプランを契約!選んだ理由から申し込み方法まで詳しく解説

mineo

一昨年あたりから急激に普及が進んでいる格安SIM。大手キャリアよりもスマホの維持費を安く抑えられることから、格安SIMへ乗り換える方も続々と増えていますね。今や、ユーザーの数はもちろんのこと、業者の数も相当なものになっています。

やはり、この時代の流れに乗っかって記事を書きたい!ということで、割と有名どころな「mineo」(マイネオ)の格安SIMを使い始めました。プランは「Dプラン」で、データ通信と音声通話が使える「デュアルタイプ」を契約してみたので、プランの選び方から申し込みまでの流れをご紹介します。

今回はかなり初歩的な部分からじっくり解説していきますので、「格安SIMを使いたいけど、仕組みや手順がよく分からない…。」といまいち踏み出せない方は、この記事を参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

夜景もボケもお任せ!Huawei Mate 9のカメラを心ゆくまで愉しむ

Huawei Mate 9の最大のアピールポイントと言えば、やはり背面のデュアルカメラですね!

以前に発売されたP9にも搭載されたHuaweiスマホのデュアルカメラは、ドイツのカメラメーカー「Leica」(ライカ)との共同開発によって生み出され、性能ばかりではなくアーティスティックな要素も織り込んだというのが製品コンセプトのようです。

Mate 9ではP9よりもパワーアップした“第2世代Leicaカメラ”が搭載され、モノクロカメラの解像度が上がり、劣化の少ない2倍ズームにも対応するなど、更なる磨きがかかっています。

この記事では、Mate 9のカメラ機能を重点的にチェックし、たくさんの写真や動画と共に皆さんにお届けします。とにかく機能が豊富で、その全てに触れることは出来ませんが、カメラとしても愉しめる一台「Huawei Mate 9」の魅力をお伝え出来るよう、頑張って撮影・執筆しました。

続きを読む

Kirin 960搭載のHuawei Mate 9のベンチマーク結果と電池持ち

Huawei Mate 9 ベンチマークと電池持ち

先日、SIMフリースマートフォン「Huawei Mate 9」を購入しまして、3日前の記事にて開封の様子や外観のご紹介、機能面のレビューと軽い所感などなど書きました。ファースト・インプレッションに収めるつもりが、予想以上に長くなってしまいましたが、ご興味のある方はぜひそちらもあわせてお読み下さい。

前回の記事:6万円のSIMフリースマホHuawei Mate 9を購入したので実機レビュー

Huawei Mate 9の全体像については前回の記事でたっぷりとご紹介しましたので、今回の記事ではテクニカルな部分、すなわちベンチマークの結果や電池の持ち具合について詳しくまとめました。

続きを読む

キーワードで絞りこめる万能ニュースアプリ「カメリオ」に惚れた

カメリオ

日々、当ブログの記事で取り扱うネタを探す上で、情報収集ツールは非常に頼もしい相棒です。これまで筆者は、スマートニュースや著名なIT系メディア、RSSリーダーの「Feedly」などを使ってきましたが、利便性という面において最近出会った「カメリオ」に敵うものはいないでしょう。

この記事では、キーワードを登録するだけで自動的に新しい情報を集めてくれるキュレーションアプリ「カメリオ」の魅力、主な機能と使い方についてご紹介したいと思います。使いやすい情報収集ツールをお探しの方、ぜひこの記事をお読み頂き、カメリオを存分に使い込んでもらえれば幸いです。

続きを読む

6万円のSIMフリースマホHuawei Mate 9を購入したので実機レビュー

Huawei Mate 9 パッケージと本体

発売されてから約一ヶ月が経ちますが、中国のHuawei(ファーウェイ)のフラッグシップSIMフリースマホ「Huawei Mate 9」を購入したので、早速実機レビューをしたいと思います。

以前に当ブログでニュース記事としてご紹介し、それ以来ずっと気になっていたスマホなのですが、あまりの魅力に惹かれてとうとう買ってしまいました…。

Huaweiといえば、今多くの支持者を獲得して急成長中の「格安SIM」でよく見かけるメーカーですが、今回レビューするMate 9のお値段は約6万円。決して格安とは言えない高級モデルの実力は如何なるものか、本体の作り込みから機能まで、じっくりとレビューしていきます。

続きを読む

屋外へThinkPad X1 Carbonを持ち出し、がっつり作業してみた結果

Lenovo ThinkPad X1 Carbon 屋外での作業

先日、Lenovoの14インチノートパソコン「ThinkPad X1 Carbon」の実機レビューをしまして、今回の記事はその続編となります。

今回はより実践的なレビューとして、いつも自宅で行っている作業を屋外へ持ち出したX1 Carbon 1台だけでこなしてみて、バッテリー持ちや使い勝手などを調査してみました。主な作業はブログの更新やネットブラウジング、写真編集などで、自宅で必要最低限の環境を整えて外出してきました。ちなみに、この記事の冒頭部分はX1 Carbonで書いています!

前回の記事では、X1 Carbonのスペックの良さやモバイル性抜群の軽量ボディについて書きましたが、数字やカタログスペックだけでは分からないリアルな使用感をまとめます。

続きを読む

これは実用性の塊だ!ThinkPad X1 Carbon(2016)実機レビュー

Lenovo ThinkPad X1 Carbon

LenovoのThinkPadと言えば、世界的に有名なビジネス向けのノートパソコンで、日本でも利用ユーザーの多い機種です。

このたび、ThinkPadシリーズの主力機種である「ThinkPad X1 Carbon」の2016年モデルをLenovo様よりお借りすることが出来ましたので、実機を使ったレビューをしたいと思います。

X1 Carbonは、長時間の作業でもストレスを感じない14インチの高精細ディスプレイを備えつつ、ボディを1.18kgという持ち運びやすい重量に抑えた、実用性とモバイル性の両方を兼ね備えたバランスの良いノートパソコンです。

良いところだけでなく、悪いところもしっかりとチェックしました。また、おすすめのカスタマイズ構成やクーポンに関してもまとめましたので、ThinkPad X1 Carbonのご購入を検討されている方はぜひこの記事をお読み下さい。

続きを読む