スマートフォン

Huawei novaレビュー:抜群の機能性と持ち易いサイズ感が素晴らしい

発売から少し時間が経ってしまいましたが、中国Huaweiの格安SIMフリースマートフォン「nova」を購入しましたので、早速実機を用いたレビューを行います。

Huaweiといえば、Leicaとのコラボにより実現したデュアルレンズカメラ搭載のP9やMate 9、コスパの良さを全面に押し出したP9 liteなどを過去に発売しており、それらは尽くヒット。快進撃を展開するHuaweiが次に狙ったのは若者市場で、ライトなデザインに持ち易いボディ、バランスの良い性能、そして安くても手抜きのない良質な作りが売りとなっています。

この記事ではHuawei novaを品質、性能、機能性の3つの面からチェック。これから購入を検討されている方にとって、少しでも有益なレビューを届けられれば幸いです。

続きを読む

OnePlus 5 遂に登場!スナドラ835に8GB RAM、デュアルカメラを装備

中国のスマートフォンメーカー「OnePlus」は日本時間の今日早朝、同社の新スマホ「OnePlus 5」を正式に発表し、早くもその全貌が明らかとなっています。

モデルチェンジの度にスマホの頂点に君臨するハイスペックな仕様を盛り込み、品質やソフトウェアを洗練させ続けてきたOnePlusシリーズですが、今作もまた現状のAndroid端末としては最高峰のスペックを搭載。SoCとしてQualcommによる最新型「Snapdragon 835」を採用するほか、実行用メモリは6GBまたは8GBを、ストレージは超高速なUFS 2.1規格の64GBまたは128GBを内蔵します。

また、背面には1,600万画素と2,000万画素の2つのカメラを組み合わせた「デュアルレンズカメラ」を新設。イメージセンサーも変更され、ソニーとOPPO(OnePlusの親会社)によって共同開発された「IMX398」を採用し、以前よりもカメラ能力に力が入っています。

価格は下位版(6GB RAM + 64GB ROM)が479ドル、上位版(8GB RAM + 128GB ROM)が539ドルで、いずれもOnePlus 3Tよりも値上げされています。今月の27日より米国・欧州にて発売予定ですが、いつもの如く日本向けのアナウンスは無し。

続きを読む

噂の最強スマホXiaomi Mi6実機レビュー!性能や外観、使い心地など

一昨日の記事にてXiaomiのノートパソコン「Mi Notebook Air」をご紹介しましたが、今回も同じくXiaomiネタで、噂の最強スペックスマホ「Mi6」の実機レビューをお届けします。

何と言っても最大の注目ポイントは内部スペック。現状のAndroid向けSoCとしては最高峰の性能を持つ「Qualcomm Snapdragon 835」を搭載するほか、6GBの実行用メモリ64GBまたは128GBのUFSストレージなど、フラッグシップに相応しい高いスペックを盛り込んでいる点が特徴です。

また、背面カメラを2つのレンズから成る「デュアルレンズカメラ」へ刷新したほか、Wi-FiやBluetoothの強化、外部からの水滴の侵入を防ぐ防滴仕様を取り入れるなど、旧世代のMi5sを基にブラッシュアップが施されています。

気になるお値段ですが、筆者はGearBest.comから約4.7万円で購入しました。激安中華プライス!とまではいかないものの、Snapdragon 835を搭載するスマホとしては現状最安なので、コストパフォーマンスは抜群です。

続きを読む

SD835に8GBメモリ!パソコン並の超性能スマホ「ZTE nubia Z17」誕生

日本の格安スマホ界でも名のしれた中国のスマホメーカー「ZTE」は先日、フラッグシップ機種「nubia Z17」を発表し、その圧倒的なハイスペックっぷりは早くも注目を集めています。

以前ASUSが発表した世界初のTangoとDaydream両対応のスマートフォン「ZenFone AR」は8GBのメモリを搭載して話題になりましたが、今回のnubia Z17も同じく8GBメモリを積みます。また、SoCとしては最新のQualcomm Snapdragon 835を採用、最大128GBのUFS2.1高速ストレージを内蔵など、パソコンに匹敵するずば抜けたスペックが特徴です。

続きを読む

Huawei P10/P10Plus/P10lite 格安SIM(MVNO)や通販での割引情報まとめ

いよいよ日本でも販売が決まったHuaweiの新スマホ3機種「P10」「P10 Plus」「P10 lite」、皆さんはどれを買いますか?当ブログではP10とP10 liteの実機レビューを予定していますが、現在どこで買うのがベストなのか探っている最中です。

自分用の下調べも兼ねて、格安SIM各社の割引キャンペーンや通販での販売情報などまとめましたので、購入を検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

Huawei P10/P10 Plus/P10 liteが遂に国内投入!取り扱いMVNOまとめ

格安スマホで快進撃を続ける中国メーカー「Huawei」、その最新フラッグシップスマートフォン「P10」「P10 Plus」と廉価モデル「P10 lite」の3機種が遂に日本へ上陸します。既にHuaweiのオンラインストア(楽天市場)にて購入の受付が始まっており、6月9日より発送が開始される予定です。

いずれも国内で人気が沸騰したP9シリーズの後継機ともあり、注目の的となりそうですね。筆者もなるべく早く実機を手にして、詳しいレビューを皆様へお届けできるよう尽力します。

この記事では、各機種の概要と取り扱うMVNOについてまとめているので、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

スマホより小さくて軽い!dodocoolの激薄モバイルバッテリーが凄い

前回の記事にて、dodocoolというメーカーさんより提供頂いたUSBハブをご紹介しましたが、同時にモバイルバッテリーも送って下さったので今回はそちらをご紹介します。

当ブログでは過去にいくつかのモバイルバッテリーをレビューしてきましたが、今回ご紹介する「dodocool 超薄型2500mAhパワーバンク外部バッテリー充電器」はどの製品よりも小さくて軽く、容量よりもモバイル性を極めた一品となります。その作りと使い心地はいかがなものか、じっくり見ていきます。

続きを読む

Anker PowerCore 10000レビュー:手のひらに大容量が収まる幸せ

これまで当ブログではいくつかのモバイルバッテリーをレビューしてきましたが、今回ご紹介するものは最も実用性に優れた製品だと言えるでしょう。

ガジェット好きなら誰もが知っているであろう超有名なブランド「Anker」(アンカー)。同社のベストセラーである「PowerCore 10000」が、先日アマゾンにてセールの対象となっており、良い機会だと思いこの度のレビューを兼ねて購入しました。

本体の外観から使い勝手などなど、写真を交えて詳しくレポートしていきます。

続きを読む

音ゲー用に欲しいかも!激デカファブレット「Xiaomi Mi Max 2」登場

中国のアップルことXiaomi(小米)は昨日5月25日に同社の新製品発表会を開催し、新たなスマートフォン「Xiaomi Mi Max 2」を正式に発表しました。6.44インチの大画面と5300mAhの巨大バッテリーを内蔵している点が最大の特徴で、スマホよりかはタブレット寄りの「ファブレット」に分類されます。

以前に登場した「Mi Max」の後継機で、末尾の「2」はそれを示しています。バッテリーの更なる増量やステレオスピーカーの搭載、カメラ性能の向上などが主なアップデートです。処理性能に関してはCPUの変更により若干スペックダウンしていますが、ゲームや動画視聴などで実用的に使えるミドルレンジ機種となっています。

続きを読む

背面カメラ対決!Xiaomi Mi Note 2、OnePlus 3T、Huawei Mate 9

これまで当ブログにてレビューしてきたハイスペックな中華スマホ「Xiaomi Mi Note 2」「OnePlus 3T」「Huawei Mate 9」を使って比較記事を書こうと思いたったものの、スペックに関しては過去の記事で書き尽くしているため、今回は3機種のカメラ画質の比較を行います。

3機種ともカメラの性能にはメーカー側の意気込みを感じますが、力の入れどころがそれぞれ異なるため特色があります。その違いをお伝えできればと思い、作例を交えながらご紹介することにしました。

続きを読む

可愛いのに強いダンボーモバブ「cheero Power Plus 3 レッド」

アマゾンで「モバイルバッテリー」と検索すると、個性ある数多くの製品が見つかりますが、実用性に加えて可愛らしさを求めるならcheeroのダンボーシリーズが良さげです。ダンボーモバブの中でも最も大容量な「cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD」を購入したので、外観や使い心地などをレビューしていこうと思います。

色は4色展開となっていますが、今回ご紹介するのはオリジナルのダンボールカラーではなく「スーパーカーレッド」というモデル。赤いiPhoneことiPhone 7 (PRODUCT)REDとあわせて購入した品です。

続きを読む

HTC、防水やFeliCa対応の新スマホ「U11」発表!スペックや特徴など

HTC 10やJ butterflyなどで知られる台湾のスマートフォンメーカー「HTC」は5月16日、新しいスマートフォン「HTC U11」を発表しました。U11は同社ラインナップの最高峰つまりフラッグシップモデルに位置し、他社の機種に対応すべく数多くの機能や技術が盛り込まれています。

超高性能なプロセッサ「Snapdragon 835」やWQHD解像度(2,560 x 1,440ピクセル)の高精細なディスプレイをはじめ、おサイフケータイ(FeliCa)対応や防水、史上最高を謳うカメラなどなど、「私達がスマートフォンに求める機能を詰め込んだ」ような一台に仕上がっています。

また、「側面を握る」ことにより様々なアクションを起こす独自の機能も実装され、利便性はもちろんのこと変わり種としても注目を集めそうな機種です。

この記事では、まだ発表されて間もないHTC U11の特徴やスペックなどを詳しくまとめました。

続きを読む

OnePlus 3T実機レビュー後編:背面カメラ(IMX298)で試し撮り

中国スマホメーカー「OnePlus」の最新スマートフォン「OnePlus 3T」をこれまでレビューしてきましたが、今回が最後となります。前篇では外観や機能チェック、中編ではベンチマークと急速充電について、そして今回は背面カメラの画質についてじっくりご紹介していきます。

また、近日中に同じく中華スマホの「Xiaomi Mi Note 2」と「Huawei Mate 9」とのカメラ画質比較も予定しています。そちらも乞うご期待。

なお、この度のレビューが初見な方は、以前の2記事もあわせてお読みいただくと分かりやすいかと思います。

続きを読む

OnePlus 3T実機レビュー中編:ベンチマーク&電池持ちと急速充電

前回に引き続き、中華スマホ「OnePlus 3T」の実機レビューをお届けします。

外観や主な機能に関しては「OnePlus 3T実機レビュー前篇:隙のない作り込みが魅力的な中華スマホ」をお読みいただくとして、今回はパフォーマンス面にフォーカス、つまりベンチマークや電池の持ち具合についてじっくりレビューしていきます。

OnePlus 3TはSnapdragon 821プロセッサに6GBメモリを搭載するハイスペックなスマートフォンですが、ほぼ同じ性能を持つ機種「Xiaomi Mi Note 2」をつい先日レビューしています。今回は、Mi Note 2との比較も兼ねていますので、ご購入前の参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

OnePlus 3T実機レビュー前篇:隙のない作り込みが魅力的な中華スマホ

約半年前に発表された中華スマホ「OnePlus 3T」を購入したので、実機レビューをお届けします。レビューは2回か3回に分けて投稿する予定でして、初回となるこの記事では本体外観や機能全般をチェックしていきます。

お値段は4〜5万円と中華スマホにしてはやや高めの当機種ですが、所有感を満たしてくれる良質な筐体に、Snapdragon 821に6GBメモリなどのハイエンドスペックを鑑みれば、正にコストパフォマンスの塊と言えるでしょう。

続きを読む

Xiaomi Mi Note 2の使い勝手を検証!ベンチマークとカメラ画質

前回の投稿から随分と間が空いてしまいましたが、Xiaomi Mi Note 2実機レビューの後編をお届けします。外観の様子やスペックなどは前回の記事『超高性能でデュアルエッジな「Xiaomi Mi Note 2」開封レビュー』をお読みいただくとして、今回はパフォーマンスの計測結果とカメラの画質について詳しくご紹介します。

先日発売された「Mi6」に性能面では負かされたMi Note 2ですが、まだまだ現役活躍できる完成度の高いスマホです。デュアルエッジや大画面に魅力を感じる方には、もってこいの一台でしょう。

続きを読む

海外通販にてXiaomi Mi6の予約注文始まる!各社の価格を総まとめ

先日、中国のスマホメーカーXiaomi(シャオミ)より新たなスマートフォン「Xiaomi Mi6」が発表されましたが、海外の通販サイトでは早速予約注文が始まっています。

Mi6はQualcomm Snapdragon 835を搭載する超高性能なスマホで、性能はiPhone 7のA10 Fusionチップを追い抜かすと見られます。835搭載機としては既にSamsung Galaxy S8がデビューしていますが、なんとMi6の価格はその半額程度、いつもの如くコストパフォーマンス抜群なフラッグシップ機です。

他にも、背面にはデュアルレンズカメラが取り付けられ、防滴性能を備えるなど多数のアップグレードが施されています。性能や特徴に関しては「Xiaomi Mi6遂に登場!史上最強スペックのSnapdragon 835を搭載」をお読みいただくとして、この記事ではMi6の販売状況についてまとめてみました。

続きを読む

Xiaomi Mi6遂に登場!史上最強スペックのSnapdragon 835を搭載

皆さんお待ちかね(?)のアイツが遂に登場しました!そうです、中国Xiaomiが開発した2017年最初のフラッグシップスマートフォン「Xiaomi Mi6」が正式に発表されました。

何よりも、最大の目玉はQualcommの最新プロセッサ(SoC)であるSnapdragon 835を採用した点。iPhone 7に搭載のA10 Fusionチップを追い抜く性能があると言われており、正に「史上最強」と呼ぶに相応しいスマートフォンです。その他にもメモリを6GB積載しストレージは高速なUFSタイプを採用、更にはiPhone 7 Plusみたく背面にデュアルレンズカメラを設けるなど、着実な進化を遂げています。

Qualcomm社からの供給の大半がSamsungに流れたため、一時は「旧型の821を搭載するかも!?」なんて噂も流れましたが、無事835採用に至りました。Xiaomiファンとしては嬉しい限りです。

発表されてから間もないですが、スペックや特徴などの情報を一通りまとめてみました。

続きを読む

性能も価格も激似なZenFone 3とHuawei nova、選び方のポイントは?

今格安SIMと並んで急成長中のSIMフリースマートフォンですが、中でも特に売れているのが台湾ASUSのZenFoneシリーズと中国Huaweiの機種たち。両社とも定番中の定番と言える強豪メーカーで、今のトレンドはASUS ZenFone 3Huawei novaでしょう。

どちらも品質の高いスマートフォンで、実用的な性能を備えて国内の通信回線をほぼ全てカバー、価格は4万円ほどでコスパも良し。両機種とも捨てがたいですが、性能も価格もあまりに似通っているため、「どちらを選んだら良いものか…」と悩んでいる方も居るでしょう。

この記事では、ZenFone 3とHuawei novaを細部に至るまで徹底比較し、選び方のポイントを探っていきたいと思います。

続きを読む

防水で軽量なBluetoothイヤホン「JBL UA Sport Wireless」レビュー

先日、JBLのBluetooth接続ワイヤレスイヤホン「JBL UA Sport Wireless」を購入しましたので、レビューしたいと思います。

このイヤホンは、オーディオメーカーのJBLとスポーツメーカーのアンダーアーマーがコラボレーションしたモデルで、「Sport」の名の通り、スポーツやランニングに適した製品となっています。IPX5の防水に対応しているので、汗をかいても安心して使えるのがポイント。

本体は約18gと軽量でありながら、2時間の充電で最長8時間の音楽視聴が出来るので、スポーツマンのみならず、単純に「日常的に”使える”イヤホンが欲しい」という方にもおすすめです。

※筆者はオーディオマニアではないため、聴き心地よりかは使い心地に重きをおいてレビューしたいと思います。

続きを読む