パソコン

パソコンや周辺機器などの記事をまとめました。

ASUS TransBook 3発売!3K液晶にCore i5、512GB SSD搭載の2in1

MacBookよりも軽くて薄いノートパソコン「ZenBook 3」の国内向け発売を今月下旬に控えるASUS、ZenBookよりも一足先にWindows 10搭載の2in1「TransBook 3 T303UA」を発売開始しました。

Intel第6世代のCore i5 6200Uプロセッサや3K解像度の液晶ディスプレイ(2,880×1,920ピクセル)、ストレージは512GBのSSDメモリ8GBと、パソコンとしてバリバリ使えるスペックを12.6インチの小さな筐体に収めています。またタブレット単体での重量は790gと、いろいろ詰め込んだ割に軽量なのも嬉しいポイント。

まさに”史上最強のTransBook”を謳うに相応しいハイスペックな仕様、かといってモバイル性を疎かにしない、機動力と実用性どちらも長けた2in1デバイスに仕上がっています。

続きを読む

HDDでお馴染みWestern DigitalのSSD、WD GreenとWD Blueが登場

自作パソコン好きの方なら誰しもが知ってるであろう、ハードディスクの大御所「Western Digital」(ウェスタンデジタル)。製品はHDDだけに留まらず、とうとう同社初となるコンシューマー向けSSDを発表しました。

同社のHDDのブランドネーミングをそのまま継承、メインストリームの「WD Blue PC SSD 」と低消費電力モデルの「WD Green PC SSD 」を発表。いずれも2.5インチとM.2(type2280)規格の2種類、接続インターフェイスは最大転送速度6GbsのSATA 3.0です。また、製品購入から3年間はメーカーの保証サービスを受けられます。

HDDよりも高速で小型・薄型なSSDが近年急激に普及、その流れに乗り遅れまいと半年ほど前にWestern Digitalはフラッシュメモリ製造の大手「SanDisk」(サンディスク)を買収、遂にストレージ業界で最王手の座を獲得しました。

続きを読む

デスクトップSurface来る!?マイクロソフトが10月26日に発表会開催

Microsoft 10月26日 発表イベント

Microsoft(マイクロソフト)は今月10月26日午前10時(日本時間27日午前2時)にアメリカ・ニューヨークにて自社の発表イベント「Microsoft Windows 10 event」を開催すると公表しました。

イベント告知ページにある「Please join us to see what’s next for Windows 10.」(Windows 10の次を見に来てください)「Imagine what you’ll do」(何ができるようになるか想像してみよう)とのメッセージから、Windows 10のアップデート発表は間違い無さそうです。

加え最近のリーク情報から、Surfaceブランドのオールインワン型デスクトップパソコンや、ゲームデバイス「Xbox」関連の話題が発表されると予想されます。特に、登場すればSurface初となるデスクトップマシンには注目が集まっており、Apple iMacの対抗馬となりつつもマイクロソフトらしいパソコンになりそうです。

発表会はマイクロソフトのイベントページにてライブ中継されるので、気になる方は眠い目を擦りながら参戦してみましょう。

続きを読む

MacBook Proに外部モニター2台繋ぐとめっちゃ幸せになれる

MacBook Pro 15インチ トリプルディスプレイ

筆者はいつも、MacBook Pro Retina 15インチに外部モニターを繋いでブログ更新を行っており、もうかれこれ4年ほど前の型落ち機種ですがパワフルなマシンなので不便なく使えています。

自宅での作業スタイルを説明すると、23インチの外部モニターでWordpress(ブログ)の投稿画面やアプリケーションドックを表示させ、MacBook Pro側でFinderでファイルの管理やFTPソフトのウィンドウを表示させる感じ。メインとして使う作業スペースはあくまでも外部モニター、サブとしてMacBook Proのディスプレイを活用しています。

これでほぼ困ることは無いのですが、更なる作業の効率化とちょっとした検証も兼ねて、しばらく使っていなかった23インチのモニターをもう一台MacBook Proに繋ぎ加えました。MacBook Pro内蔵ディスプレイと2台の液晶ディスプレイ、計3枚のトリプルディスプレイを導入してみたら文句なしの快適環境を築くことが出来ましたので、構築までの様子と作業場のビフォー・アフターをご紹介したいと思います。

続きを読む

コスパ最高!サンワサプライのPCデスクで快適なワークスペース構築

サンワサプライ パソコンデスク 100-DESK080W

快適に作業を進められるワークスペースが欲しい!

ブログの更新が日課になりつつある今日このごろ、長時間の作業でも疲れない快適なパソコンデスクが欲しいなぁ…と思うようになりまして、ここ一ヶ月ほどネットの情報を頼りにデスク探しをしておりました。第一の条件は頑丈な作りであること、奥行きは60cm以上予算は1万円ほど、そして最終的に行き着いたのがサンワサプライ(サンワダイレクト)の「シンプルワークデスク」という製品です。

この机にたどり着くまでの経緯、数日間使ってみた感想などを紹介したいと思います。

続きを読む

11月発売のZenBook 3に注目!MacBookより薄型軽量でi7+16GB RAM搭載

ASUS ZenBook 3

今年は自社のスマートフォン「ZenFone 3」が大きな話題となったASUSさん、今月10月下旬11月上旬にこれまたITガジェット好きには堪らない代物が登場しますよ!

Intel第7世代(Kaby Lake)のCore i7又はCore i5のUプロセッサ、8GB又は16GBのメモリを搭載。12インチMacBookよりもパワフルなのに、なんと同等サイズのMacBookより薄く軽く携帯性抜群。ZenFone 3と同じく高級路線にシフトチェンジしたのか、旧モデルと比べ物にならないほどの凝縮感とラグジュアリー感が魅力的です。

国内での販売価格はi5+256GB SSD+8GB RAMモデル(UX390UA-256G)が150,984円、i7+512GB SSD+16GB RAMモデル(UX390UA-512GP)が199,584円、スペックもさることながらお値段もお高め。

続きを読む

パナソニックLet’s note、第7世代CPU搭載の2016年秋冬モデル発表

パナソニック Let's note SZ6、RZ6、LX6

ビジネス用ノートパソコンとして多くの国内ユーザーから愛されるパナソニックのLet’s note(レッツノート)シリーズ、昨日2016年秋冬新モデル「SZ6」「RZ6」「LX6」が発表され10月14日より発売されます。

今年の6月に発売された2016年夏モデルSZ5、RZ5、LX5をベースとし、内蔵プロセッサをIntelの第6世代(Skylake)からIntelの第7世代(Kaby Lake)へアップグレードしたほかLTEモデルでは最大通信速度が向上。内部スペックのマイナーチェンジに留まったものの、性能と利便性が底上げされて着実に進化しました。

またLet’s noteシリーズ20周年記念として、SZ6を最高スペックまで引き上げた「SZ 20周年記念モデル」が200台限定で販売されました。

続きを読む

これぞ未来!タッチキーに激薄軽量ボディなYoga Book、国内発売決定

Lenovo Yoga Book

今月の初めにベルリンで開催された世界最大のエレクトロニクスショー「IFA 2016」にてLenovo(レノボ)は自社の新製品を一挙に発表・展示、その中でも一際異彩を放って注目の的となったのが「Yoga Book」(ヨガブック)です。

他の2in1パソコンとの違いは説明不要なくらい瞭然、タッチ式のLEDキーボードを搭載してペンタブとしても使える変態仕様、しかもパソコンとして見れば世界最薄かつ世界最軽量というなんとも未来感溢れちゃってるデバイスです。

OSはAndroid 6.0又はWindows 10 Homeを搭載、タブレット寄りの使い方をするならAndroid、より生産性を高めるならWinwodwsというように、予想される活用用途の幅に応じてOSを選ぶと良いでしょう。

日本では本日9月27日より予約注文を受け付け始め、10月の下旬より販売開始されるYoga Book、製品としての魅力、詳細スペックや販売価格などまとめます。

続きを読む

Amazonで買える、安くてコスパの高い外付けHDDはコレだ!

Amazonで買える、おすすめの外付けハードディスク

最近のパソコン特に薄型ノートパソコンに内蔵されているストレージは、データ転送速度が速くて小型なSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が使われています。HDD(ハードディスク)よりも体感速度を劇的に向上させる事が出来て耐衝撃性にも強いSSDですが、大容量のものはHDDと比べ容量あたりの価格が割高になるデメリットもあります。

数年前までは500GB〜1TBのHDD搭載が主流でしたが、最近ではSSD化が進んで容量は250〜500GBあたりが主流となり、高速化や小型・軽量化が捗っている反面で内蔵ストレージの容量には多少心もとなさを感じる事があるでしょう。

大容量のデータを扱われる方が真っ先に直面するであろう容量不足問題、それを解決してくれるのが「外付けハードディスク」です。SSDよりも圧倒的に安く購入できてしかも大容量、高画質の動画ファイルや音楽コレクションの管理にはもってこいなアイテムです。この記事では、Amazonで安く買えるコスパの高い外付けハードディスクを据え置きとポータブルに分けてご紹介します。

続きを読む

ライトユーズに徹した、Amazonで買える安いノートパソコン5選

5万円以下で買える安いノートパソコン

今時のデジタルデバイスと言えばスマートフォンやタブレットが主役になりつつあるのですが、まだまだノートパソコンの需要も尽きません。モバイルデバイスでは限界のある作業でもノートパソコンを使えば難なくこなせますし、何と言っても圧倒的に効率良く作業を進める事が出来ます。

「あまり高額な出費は出来ない、でもそこそこ実用的なノートパソコンが欲しい!」という要望をお持ちの方に向けて、Amazonや楽天で買えるコストパフォマンスに優れた、オススメの安いノートパソコン5機種ご紹介したいと思います。予算は5万円以下!

続きを読む

ノートパソコンのデスクトップ化に便利なおすすめ周辺機器

ノートパソコン デスクトップ化

多くの方は「デスクトップは家ガッツリで使う、ノートパソコンは外でライトに使う」みたいなイメージをお持ちだと思いますが、ノートパソコンの使い方次第ではデスクトップ並のパワフルな作業環境を実現するだって可能です。

ノートパソコンを家でも効率的に最大限活用したい方に向けて、ノートパソコンのデスクトップ化を提案します。どういう事かというと、ノートパソコンに外部モニターを接続して、擬似的なデスクトップ環境を作り出してしまうのです。

ノートパソコンに外部モニターを繋げるだけだとあまり使い勝手は良くありませんので、この記事ではノートパソコンのデスクトップ化にあたって、是非とも揃えておきたい周辺機器たちをご紹介します。

続きを読む

Acer、厚さ1cmを切る超薄型ノートパソコン「Swift 7」を発表

台湾のパソコンメーカー「Acer」(エイサー)は昨日、9月2日よりベルリンで開かれる「IFA 2016」のプレスカンファレンスを開催し、その中で新しいノートパソコン「Swift 7」を発表しました。同時に2in1ラップトップ「Spin7」も発表、両者ともにモバイル性をとことん追求したデバイスとなっています。

特に、今回発表されたSwift 7は、本体厚み1cmを切った超薄型のノートパソコンとして大きな注目を集めています。

続きを読む

1kg以下は当たり前!?軽量・スタイリッシュなノートパソコン

スマホやタブレットの軽量化・小型化風潮は2016年現在も未だ続いていて、ノートパソコン分野でも各メーカーのモバイル性追求の熱い戦いが繰り広げられています。薄型で軽量なノートパソコン「Ultrabook」をインテルが提唱した2011年以降、スタイリッシュでモバイル性に優れたノートパソコンが急激に増えました。

中には1kgを切る軽量な機種も登場しており、もはやタブレットの領域に足を踏み入れつつあるノートパソコン、この記事では、本体重量1kg以下の軽量・薄型ノートパソコンをピックアップしてご紹介します。

続きを読む

ノートパソコンの発熱問題、実際に効果があった4つの改善策

日本各地で猛暑が続いている2016年の夏、この暑さはいつまで続くのでしょうか…。

筆者はこうして屋内でのブログ更新を淡々と続けており、猛暑による体力消耗はあまりありませんが、最近の悩みといえば「ノートパソコンの発熱問題」でしょうか。特にMacBook Proちゃんは、放熱性があまりよろしくなく、夏場の冷却に苦戦している最中なのです。

今回はノートパソコンの発熱を解消すべく、実際に効果のあった対策方法をご紹介します。ノートパソコンの発熱・爆熱っぷりにお困りの方、参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

まるで弁当箱!ASUSがChrome OS搭載小型PC「Chromebox 2」発売

国内でも有名な中国の電子機器メーカーASUSTekは、Chrome OSを搭載した小型のデスクトップパソコン「ASUS Chromebox」を発売しました。なんといっても魅力は本体のコンパクトさ、サイズは124 x 124 x 42mmと手のひらに収まってしまうほど小型。

ASUSは以前に、型番”CHROMEBOX-M130U”のChromeboxを発売しており、今回その後継機にあたる”CHROMEBOX2-G065U”を日本市場向けに投入することとなります。公式の名称とは異なりますが「Chromebox 2」と呼ぶほうが分かりやすいと思いますので、記事ではこの呼名で統一したいと思います。

続きを読む

SATA、mSATA、M.2… SSDの種類が沢山あるので違いをまとめた

最近のOSディスクの主流といえば、やっぱりSSDですよね。大容量のストレージにはHDDが適していると言われていますが、今後SSDの低価格化が更に進めば、いずれ記憶機器は全てSSDに置き換わってしまうのでしょうか…?

HDDといえば、SATA(シリアルATA)という規格が最も一般的ですが、SSDにはメジャーな規格が主に3つありまして、SATA、mSATA、M.2です。それぞれの規格には特徴や長所短所がありますので、分かりやすく説明します。

続きを読む

低価格化が進む内蔵SSD、規格・容量別のおすすめ製品

内蔵SSD おすすめ製品

数年前までパソコンに搭載する記憶装置の主流はハードディスク(HDD)でしたが、現在は「SSD」がその天下を取りつつ有ります。

HDDよりもSSDの方が優れている点としては、データ転送速度とランダムアクセスが非常に速い事と、外部からの衝撃に強い事が挙げられます。また、SSDはデータアクセス時に物理的な運動が無いため、省電力性にも優れていることから、多くの薄型ノートパソコンに採用されています。

容量あたりの価格がHDDよりも高い事が、SSDを含むフラッシュストレージのデメリットといえますが、数年前から比べるとSSDの販売価格は大幅に下落しており、低価格化によって急速に普及が進んでいます。

今回は、レビューとコスパが高い、オススメの内蔵型SSDを規格別と容量別に紹介します。

続きを読む

ノートPC対応大容量モバイルバッテリーは、最強ノマドグッズだ

パソコン対応 大容量モバイルバッテリー

ノマドワーカーの皆さん、ノートパソコンを持ち歩く機会が非常に多いかと思いますが、電源の確保は出来ていますか?

長時間の快適なノマドワークを実現するために、ノートパソコン対応の大容量モバイルバッテリーは強力なアイテムになるでしょう。ここでは、大容量モバイルバッテリーの必要性と、おすすめの製品を3つ紹介します。

続きを読む

Mi Notebook AirはMacBookの対抗馬!?性能・価格を比較

中国のデジタル機器メーカーXiaomi(シャオミ)は、先月7月の末頃に行われた新製品発表会で「Mi Notebook Air」を発表しました。今までスマホやタブレットなどのモバイル製品、イヤホン、アクションカメラなどの開発をしてきたXiaomiですが、Mi Notebook Airは記念すべきノートパソコン第一号となりました。12.5インチと13.3インチの2機種をラインナップしていて、Intel Skylake世代の最新プロセッサーを搭載しています。

AppleのMacBookシリーズを意識させるような名前とスペック、製品として競合要素も多いです。Xiaomiも対MacBookの戦に臨む構えで、開発していることでしょう。

今回はMi Notebook AirとMacBookシリーズ、両者を性能価格の面から徹底比較してみようと思います。

続きを読む

Xiaomi Mi Notebook Airはコスパ高過ぎ!Macとの価格差に驚愕

中国に拠点を構え、圧倒的なコストパフォマンスを誇るデジタルデバイスを次々と世に送り出しているメーカー「Xiaomi」(シャオミ)をご存知でしょうか。先月の末ごろの話になりますが、同社初となるノートパソコンMi Notebook Airを発表しました。

Core Mを搭載した12.5インチのエントリーモデルと、Core i5 Uプロセッサを搭載した13.3インチの上位モデルの2機種展開、どちらも薄型で重量を1kg程度に収めているポータビリティに優れたノートパソコンです。

Xiaomi Mi Notebook Air — the Description of All Models in the Mi Laptop Series

続きを読む