ノートパソコン

屋外へThinkPad X1 Carbonを持ち出し、がっつり作業してみた結果

Lenovo ThinkPad X1 Carbon 屋外での作業

先日、Lenovoの14インチノートパソコン「ThinkPad X1 Carbon」の実機レビューをしまして、今回の記事はその続編となります。

今回はより実践的なレビューとして、いつも自宅で行っている作業を屋外へ持ち出したX1 Carbon 1台だけでこなしてみて、バッテリー持ちや使い勝手などを調査してみました。主な作業はブログの更新やネットブラウジング、写真編集などで、自宅で必要最低限の環境を整えて外出してきました。ちなみに、この記事の冒頭部分はX1 Carbonで書いています!

前回の記事では、X1 Carbonのスペックの良さやモバイル性抜群の軽量ボディについて書きましたが、数字やカタログスペックだけでは分からないリアルな使用感をまとめます。

なお、スペックや外観については前回の記事「これは実用性の塊だ!ThinkPad X1 Carbon(2016)実機レビュー」で詳しく紹介していますので、そちらもあわせてお読みください。

これは実用性の塊だ!ThinkPad X1 Carbon(2016)実機レビュー

続きを読む

これは実用性の塊だ!ThinkPad X1 Carbon(2016)実機レビュー

Lenovo ThinkPad X1 Carbon

LenovoのThinkPadと言えば、世界的に有名なビジネス向けのノートパソコンで、日本でも利用ユーザーの多い機種です。

このたび、ThinkPadシリーズの主力機種である「ThinkPad X1 Carbon」の2016年モデルをLenovo様よりお借りすることが出来ましたので、実機を使ったレビューをしたいと思います。

X1 Carbonは、長時間の作業でもストレスを感じない14インチの高精細ディスプレイを備えつつ、ボディを1.18kgという持ち運びやすい重量に抑えた、実用性とモバイル性の両方を兼ね備えたバランスの良いノートパソコンです。

良いところだけでなく、悪いところもしっかりとチェックしました。また、おすすめのカスタマイズ構成やクーポンに関してもまとめましたので、ThinkPad X1 Carbonのご購入を検討されている方はぜひこの記事をお読み下さい。

続きを読む

Atom x5-Z8350搭載Jumper EzBook Airの実力、ベンチマーク

Jumper EzBook Air パフォーマンス

先日、「Jumper Ezbook Air」の開封の様子と軽い使用感をお届けしましたが、今回はテクニカルな部分に迫ります。

3万円以下というリーズナブルな価格で購入可能なJumper EzBook Airには、Intel Atom x5-Z8350という超省電力なプロセッサーが搭載されており、お世辞にも高性能とは言えません。しかし、ベンチマークやカタログスペックをいくら眺めたところで使い心地までは分かりませんので、Intel Atomと聞いただけで避けてしまうのは少々もったいないと思います。

実際のところ、どれほどの実力を持っているのか。Intel Atomで出来ること、出来ないこと、使用感をまとめてみました。また、格安中華ノートPC「Jumper EzBook Air」のベンチマーク測定結果も発表します。

続きを読む

格安ノートPC「Jumper EzBook Air」開封!想像以上に完成度高し

Jumper EzBook Air

一昨日の記事にて、中国のJumperというメーカーが発売した2in1「Ezpad 6」を取り上げましたが、今回も同じくJumper製品をご紹介します。

ご紹介するのは、格安ノートパソコン「Jumper EzBook Air」です。以前に、某リンゴメーカーのノートPCそっくりな「EzBook 2」を発売して話題となったJumperですが、EzBook Airはその後継機にあたります。

プロセッサはIntel Atomで非力さは否めないものの、フルHD液晶128GBのフラッシュストレージ960gの軽量・スタイリッシュボディに取り込みつつ、お値段3万円以下と非常にリーズナブル。この記事では、開封の様子と約一日使ってみた感想をお伝えします。

今回レビューに使用するEzBook Airの実機は、海外のデジタルガジェットを幅広く取り扱う通販サイト「GearBest」(ギアベスト)様より提供頂きました。以前から気になっていた製品なので、こうしてレビューの機会を頂けること、非常に嬉しく思います。

続きを読む

Jumperより、11インチ2in1「EZpad 6」登場。よりノートPCらしく

Jumper EZpad 6

某リンゴ会社の”あれ”に外観そっくりなノートパソコンEzbookを発売し、何かと話題に上がることの多い中国の電子機器メーカー「Jumper」(ジャンパー)。お次は、11インチの2in1ノートパソコン「EZpad 6」を発売したようです。

以前にも、JumperからはEZpad 5sとEZpad 5SE(うーん…どことなく漂うリンゴ臭…)という2in1デバイスが発売されてきましたが、いずれもSurfaceのようなキックスタンド+キーボードカバー着脱型です。対し、今回発売されたEZpad 6は、キックスタンドの無いキーボード分離型で、よりノートパソコンらしい構造となっています。

しかし、EZpad 6専用のドッキングキーボードは同梱されず、EZpad 6をノートパソコンとして使うには本体価格に50ドルほど上乗せする必要があるようです。ディスプレイはタッチ操作対応なので、タブレットとして使うなら問題無いのですが、どうせならキーボードもセットで販売して欲しかったです。

続きを読む

5万円台で買えるZenBook BX303UA登場!但し100台限定販売

ZenBook BX303UA

台湾の電子機器メーカーASUS(エイスース)は、同社が販売するノートパソコンブランド「ZenBook」の5周年を記念する新モデル「ZenBook BX303UA」を発表しました。Core i3に1,366×768ピクセルの液晶ディスプレイなど性能は控えめですが、5万円台という低価格で購入できるのが魅力です。

現在はASUS Shopにて予約注文を受け付けており、明日11月9日より販売を開始します。但し、100台限定の販売となりますので、気になる方はお早めにチェックをお願いします。

続きを読む

2万円の15インチノートPC「CHUWI LapBook」がなかなか面白そう

chuwi-lapbook-thumbnail

最近、中国メーカーCHUWI製のタブレットを「CHUWI Hi10 Plus」を手にし、すっかり中華タブレットにハマってしまった筆者です。CHUWI Hi10 Plusに関しては『Remix OS搭載の中華タブレット「CHUWI Hi10 Plus」がやって来た』の記事にて取り上げていますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

おっとっと、初っ端から話がそれてしまいました!今回の話題はタブレットではなくノートパソコンです。

通販サイトGearBestのスタッフの方から教えて頂いたのですが、どうやらつい最近、CHUWIが15インチのノートパソコン「CHUWI LapBook」を発売したようです。性能はさておき、驚くのはその価格。現在GearBestにて194.99ドル=約2万円で購入可能、もはやスマホのような安さが一番の売りです。

なかなか面白そうなので、CHUWI LapBookを軽くご紹介したいと思います。

続きを読む

似ているようで実は全くの別物!MacBookとASUS ZenBook 3を比較

MacBook vs ZenBook 3

先日ASUSが発売開始したノートパソコン「ZenBook 3」、何よりも薄くて軽いボディを売りとしており、そのモバイル性はAppleのMacBookをも上回ります。なのにプロセッサはIntel第7世代のCore i5またはi7メモリは8GBまたは16GBを搭載しており、MacBookを上回るばかりか13インチMacBook Proに匹敵するほどの処理能力を備えています。

MacBookもZenBook 3も、薄型軽量なUltrabookであるという共通点は持っていますが、スペックや価格面での違いは大きく、似ているようで実は全くの別物なのです。ASUSがZenBook 3を発表するにあたって、確実にライバル視したMacBookやそのシリーズたち、両者を多方向から比較してみて、それぞれの長所と短所をまとめてみたいと思います。
続きを読む

ASUS TransBook 3発売!3K液晶にCore i5、512GB SSD搭載の2in1

asus-transbook-3-release-thumbnail

MacBookよりも軽くて薄いノートパソコン「ZenBook 3」の国内向け発売を今月下旬に控えるASUS、ZenBookよりも一足先にWindows 10搭載の2in1「TransBook 3 T303UA」を発売開始しました。

Intel第6世代のCore i5 6200Uプロセッサや3K解像度の液晶ディスプレイ(2,880×1,920ピクセル)、ストレージは512GBのSSDメモリ8GBと、パソコンとしてバリバリ使えるスペックを12.6インチの小さな筐体に収めています。またタブレット単体での重量は790gと、いろいろ詰め込んだ割に軽量なのも嬉しいポイント。

まさに”史上最強のTransBook”を謳うに相応しいハイスペックな仕様、かといってモバイル性を疎かにしない、機動力と実用性どちらも長けた2in1デバイスに仕上がっています。

続きを読む

11月発売のZenBook 3に注目!MacBookより薄型軽量でi7+16GB RAM搭載

ASUS ZenBook 3

今年は自社のスマートフォン「ZenFone 3」が大きな話題となったASUSさん、今月10月下旬11月上旬にこれまたITガジェット好きには堪らない代物が登場しますよ!

Intel第7世代(Kaby Lake)のCore i7又はCore i5のUプロセッサ、8GB又は16GBのメモリを搭載。12インチMacBookよりもパワフルなのに、なんと同等サイズのMacBookより薄く軽く携帯性抜群。ZenFone 3と同じく高級路線にシフトチェンジしたのか、旧モデルと比べ物にならないほどの凝縮感とラグジュアリー感が魅力的です。

国内での販売価格はi5+256GB SSD+8GB RAMモデル(UX390UA-256G)が150,984円、i7+512GB SSD+16GB RAMモデル(UX390UA-512GP)が199,584円、スペックもさることながらお値段もお高め。

続きを読む

パナソニックLet’s note、第7世代CPU搭載の2016年秋冬モデル発表

パナソニック Let's note SZ6、RZ6、LX6

ビジネス用ノートパソコンとして多くの国内ユーザーから愛されるパナソニックのLet’s note(レッツノート)シリーズ、昨日2016年秋冬新モデル「SZ6」「RZ6」「LX6」が発表され10月14日より発売されます。

今年の6月に発売された2016年夏モデルSZ5、RZ5、LX5をベースとし、内蔵プロセッサをIntelの第6世代(Skylake)からIntelの第7世代(Kaby Lake)へアップグレードしたほかLTEモデルでは最大通信速度が向上。内部スペックのマイナーチェンジに留まったものの、性能と利便性が底上げされて着実に進化しました。

またLet’s noteシリーズ20周年記念として、SZ6を最高スペックまで引き上げた「SZ 20周年記念モデル」が200台限定で販売されました。

続きを読む

これぞ未来!タッチキーに激薄軽量ボディなYoga Book、国内発売決定

Lenovo Yoga Book

今月の初めにベルリンで開催された世界最大のエレクトロニクスショー「IFA 2016」にてLenovo(レノボ)は自社の新製品を一挙に発表・展示、その中でも一際異彩を放って注目の的となったのが「Yoga Book」(ヨガブック)です。

他の2in1パソコンとの違いは説明不要なくらい瞭然、タッチ式のLEDキーボードを搭載してペンタブとしても使える変態仕様、しかもパソコンとして見れば世界最薄かつ世界最軽量というなんとも未来感溢れちゃってるデバイスです。

OSはAndroid 6.0又はWindows 10 Homeを搭載、タブレット寄りの使い方をするならAndroid、より生産性を高めるならWinwodwsというように、予想される活用用途の幅に応じてOSを選ぶと良いでしょう。

日本では本日9月27日より予約注文を受け付け始め、10月の下旬より販売開始されるYoga Book、製品としての魅力、詳細スペックや販売価格などまとめます。

続きを読む

ライトユーズに徹した、Amazonで買える安いノートパソコン5選

5万円以下で買える安いノートパソコン

今時のデジタルデバイスと言えばスマートフォンやタブレットが主役になりつつあるのですが、まだまだノートパソコンの需要も尽きません。モバイルデバイスでは限界のある作業でもノートパソコンを使えば難なくこなせますし、何と言っても圧倒的に効率良く作業を進める事が出来ます。

「あまり高額な出費は出来ない、でもそこそこ実用的なノートパソコンが欲しい!」という要望をお持ちの方に向けて、Amazonや楽天で買えるコストパフォマンスに優れた、オススメの安いノートパソコン5機種ご紹介したいと思います。予算は5万円以下!

続きを読む

Acer、厚さ1cmを切る超薄型ノートパソコン「Swift 7」を発表

acer-swift7-thumbnail

台湾のパソコンメーカー「Acer」(エイサー)は昨日、9月2日よりベルリンで開かれる「IFA 2016」のプレスカンファレンスを開催し、その中で新しいノートパソコン「Swift 7」を発表しました。同時に2in1ラップトップ「Spin7」も発表、両者ともにモバイル性をとことん追求したデバイスとなっています。

特に、今回発表されたSwift 7は、本体厚み1cmを切った超薄型のノートパソコンとして大きな注目を集めています。

続きを読む

1kg以下は当たり前!?軽量・スタイリッシュなノートパソコン

light-stylish-laptop-thumbnail

スマホやタブレットの軽量化・小型化風潮は2016年現在も未だ続いていて、ノートパソコン分野でも各メーカーのモバイル性追求の熱い戦いが繰り広げられています。薄型で軽量なノートパソコン「Ultrabook」をインテルが提唱した2011年以降、スタイリッシュでモバイル性に優れたノートパソコンが急激に増えました。

中には1kgを切る軽量な機種も登場しており、もはやタブレットの領域に足を踏み入れつつあるノートパソコン、この記事では、本体重量1kg以下の軽量・薄型ノートパソコンをピックアップしてご紹介します。

続きを読む

ノートパソコンの発熱問題、実際に効果があった4つの改善策

laptop-heat-thumbnail

日本各地で猛暑が続いている2016年の夏、この暑さはいつまで続くのでしょうか…。

筆者はこうして屋内でのブログ更新を淡々と続けており、猛暑による体力消耗はあまりありませんが、最近の悩みといえば「ノートパソコンの発熱問題」でしょうか。特にMacBook Proちゃんは、放熱性があまりよろしくなく、夏場の冷却に苦戦している最中なのです。

今回はノートパソコンの発熱を解消すべく、実際に効果のあった対策方法をご紹介します。ノートパソコンの発熱・爆熱っぷりにお困りの方、参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

Mi Notebook AirはMacBookの対抗馬!?性能・価格を比較

xiaomi-mi-notebook-air-fight-macbook-thumbnail

中国のデジタル機器メーカーXiaomi(シャオミ)は、先月7月の末頃に行われた新製品発表会で「Mi Notebook Air」を発表しました。今までスマホやタブレットなどのモバイル製品、イヤホン、アクションカメラなどの開発をしてきたXiaomiですが、Mi Notebook Airは記念すべきノートパソコン第一号となりました。12.5インチと13.3インチの2機種をラインナップしていて、Intel Skylake世代の最新プロセッサーを搭載しています。

AppleのMacBookシリーズを意識させるような名前とスペック、製品として競合要素も多いです。Xiaomiも対MacBookの戦に臨む構えで、開発していることでしょう。

今回はMi Notebook AirとMacBookシリーズ、両者を性能価格の面から徹底比較してみようと思います。

続きを読む

Xiaomi Mi Notebook Airはコスパ高過ぎ!Macとの価格差に驚愕

mi-notebook-air-thumbnail

中国に拠点を構え、圧倒的なコストパフォマンスを誇るデジタルデバイスを次々と世に送り出しているメーカー「Xiaomi」(シャオミ)をご存知でしょうか。先月の末ごろの話になりますが、同社初となるノートパソコンMi Notebook Airを発表しました。

Core Mを搭載した12.5インチのエントリーモデルと、Core i5 Uプロセッサを搭載した13.3インチの上位モデルの2機種展開、どちらも薄型で重量を1kg程度に収めているポータビリティに優れたノートパソコンです。

Xiaomi Mi Notebook Air — the Description of All Models in the Mi Laptop Series

続きを読む

MateBookとSurface Pro 4を比較!買うならどっちが良いか

matebook-vs-surface-pro-4-thumbnail

HuaweiはWindows搭載2in1ラップトップ「MateBook」を7月15日に発売します。スマートフォン業界ではコスパが良いことで有名なHuaweiですが、MWC2016(モバイル・ワールド・コングレス)で同社初の2in1としてMateBookが発表され、今回満を持しての市場投入となります。

省電力かつ実用的な性能を兼ね備えたIntel第6世代(SkyLake)のCore Mプロセッサを採用、抜群のモバイル性と凝縮感が魅力的、「スマホメーカーの本気」と話題になるのにも頷けます。

また、12インチサイズの2in1である事から、iPad ProやSurfaceへ挑戦状を送りつけるようなHuaweiの本気っぷりを感じさせられる製品です。

続きを読む

人気のビジネス向けノートパソコン、オススメの9機種まとめ

popular-business-laptop-9-thumbnail

快適なオフィスワークを実現するためには、快適に使うことができるノートパソコンが必要です。

ノートパソコンを仕事で使う場合、モバイル性(持ち運びやすさ)や内蔵電池の持ち具合など、様々なスペックや情報を吟味した上で購入に踏み切るべきです。

CPU性能が高くても電池の持ちが悪かったり、本体が薄くてもCPU性能が低かったり、バランスの取れていない機種を選んでしまうと、作業効率に直接影響してしまいます。

またビジネス現場で活用することを考えると、内面的な部分だけでなく、モバイル性も考慮した上で機種を選ぶ必要があります。

続きを読む