格安SIM(MVNO)

キャリアよりも安くスマホを運用できる「格安SIM」(MVNO)についての記事一覧です。

【楽天モバイル祝2周年】Huawei honor 8が期間限定で1万円引き!

楽天モバイル honor 8 割引キャンペーン

MVNOの中でも高い人気を誇っており、現在急成長中の楽天モバイル。どうやらサービス開始から2周年を迎えたようで、それを祝して嬉しいキャンペーンを用意しているとのこと。

国内では楽天モバイルが独自販売しているスマホ「Huawei honor 8」2016年12月1日 9:59までの期間限定で10,000円割引キャンペーンが実施されています。honor 8はSIMとセットで契約することで入手可能、今までよりもよりリーズナブルな価格で手に入れるチャンスですので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

続きを読む

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションで動画・音楽視聴し放題

BIGLOBE SIM エンタメフリー・オプション

スマホで動画をよく観る、音楽をよく聴く方へ朗報です!

BIGLOBEが運営する格安SIM「BIGLOBE SIM」は、動画サービスAbemaTV 、YouTubeと音楽サービスGoogle Play Music、Apple Musicが視聴し放題になるオプション「エンタメフリー・オプション」を発表しました。データ通信量が嵩みがちな動画や音楽の視聴、エンタメフリー・オプションを契約すればプランで定められた月々の通信量にカウントされないのでいくらでも楽しみ放題です。

このオプションを選べるプランは月6GBまで使える「Sプラン」、12GBまで使える「12ギガプラン」、3GBのエントリープランと1GBの音声通話スタートプランは対象外です。

気になるオプションの月額料金ですが、音声通話SIM向けには480円(税込み518円)データSIM向けには980円(税込み1,058円)で提供され、いずれも通信プランの基本使用料に加算されます。

オプションの提供は11月1日から開始されますが、11月中は先着1万件限定となりますのでお申込みはお早めに!

続きを読む

DMM mobileは高速通信の3日間制限が無い!容量を柔軟に使える魅力

DMM mobile 高速通信 3日間制限 無し

格安SIM各社は、幅広いユーザーのニーズに応えようと多種多彩なプランをラインナップしており、中には月々数十GBもの高速通信が利用できる大容量プランも存在します。しかし、月々使える容量だけで会社やプランを選んでしまってはいけません。なぜなら「3日間あたりの通信制限」が設けられている場合が多いため、月々の容量を超えなくても突発的な通信量増加によって大幅な通信速度を食らってしまう事例が多いのです。

がっつりとスマホを使い込む方にとってネックになりがちな「3日間制限」の存在、しかし格安SIM会社の一つ「DMM mobile」は高速通信時の3日間制限を設けていないのです!

続きを読む

【業界最安の戦い】nuroモバイル対DMM mobile、選ぶべきはどっち!?

dmm-mobile-vs-nuro-mobile-compare-thumbnail

今月10月からソニーネットワークより提供が開始された「nuroモバイル」。2GB〜10GBの範囲内で1GB刻みの容量選びが可能、「newer simple.それぞれの人に合ったシンプルなモバイルサービスを。」をコンセプトとし、シンプルかつ自由度の高いプラン契約が出来る格安SIMです。

また、一部のプランでは「業界最安水準」を謳うDMM mobileよりも安い事が判明、今まさにDMMモバイル vs nuroモバイル業界最安の戦が繰り広げられようとしています。業界最安級格安SIMであるnuroモバイルとDMM mobile、この両者を比較してみて選ぶべきはどちらなのか、検証してみたいと思います。

続きを読む

要チェック!楽天モバイルがスマホ大幅割引のオータムセール開催中

楽天モバイル 2016年 オータムセール

新製品ラッシュの秋と共に、今とても熱いのが10月3日より楽天モバイルが実施しているオータムセール。通話SIM、又は050データSIM、データSIM(SMSなし)の通信プランとセットで契約すると、なんと機種によっては通常販売価格の61%割り引きでスマホを購入出来ます。

楽天モバイルのオータムセール対象となるスマートフォンは6機種、ASUS製機種がメインですがオクタコア搭載の高性能ファブレット「Huawei Mate S」にも注目です。

セールは11月1日の9:59まで開催していますが、限りのある台数が無くなり次第終了となりますので、お早目にチェックを!

楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

続きを読む

nuroモバイル登場!プランによっては最安水準のDMM mobileより安い

nuroモバイル

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供してきた格安SIMサービス「So-net モバイル LTE」、使い方によっては月々料金が無料になる「0SIM」などで人気を博していましたが、先日2016年9月30日をもって新規登録受付を終了しました。

そのSo-net モバイル LTEの後継ぎとして誕生したのがnuro モバイル、プラン構成は以前と打って変わって単純明快に、更にプランによっては業界最安値水準を謳うDMM mobileよりも安い事が判明。登場したばかりのnuroモバイル、その全貌を簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

楽天モバイルのコミコミプランS、Mに新機種が追加

楽天モバイル コミコミプランS、M 新機種追加

楽天が運営する格安SIM「楽天モバイル」のプランの一つ「コミコミプラン」に新しい2つのスマートフォンが追加されました。

コミコミプランとは、スマホ端末 + 高速データ通信 + 5分かけ放題オプションを一度に契約出来る楽天モバイル独自のプラン形態、種類はコミコミプランS、M、Lの3つで高速データ通信の容量と選べる端末がそれぞれ異なります。

別々に契約するよりも料金が若干安くなるお得なプランですが、従来は選べる機種が各プラン1機種で計3機種とラインナップが貧弱でした。今回新たに機種が追加されて選択肢が2つに増えたのはプランSとM、プランSにASUS ZenFone 2 LaserプランMにSHARP AQUOS SH-RM02が加わり、コミコミプラン全体では合計5機種のスマホがラインナップされています。

続きを読む

ZenFone 3を扱う格安SIM各社の料金を比較!最もお得なのは?

ASUS ZenFone 3 MVNO 格安SIM

ASUSが先月発表した同社スマホラインナップの新しい主力部隊、ZenFone 3。近年、スマホ通信の格安化競争が激化してゆく中、国内の主要なMVNO(格安SIM)各社はZenFone 3取扱開始を一斉に表明、最新機種をより安い価格で提供し新規ユーザー獲得に繋げたい狙いがあります。

格安SIMの運用にはもってこいなZenFone 3、より安くお得に契約するならどの格安SIMがベストチョイスなのか、徹底した料金比較を基に検証してみます。今回はDMMモバイルNifMoBIGLOBE SIM楽天モバイルnuro モバイルの5社をピックアップ、いずれも国内では有名どころの会社です。

続きを読む

【楽天モバイル】用途と予算で選ぶ、おすすめの端末とプラン

rakuten-mobile-device-plan-thumbnail

「格安SIM」と聞くとSIMと通信サービスばかりを思い浮かべがちですが、楽天モバイルは機種のラインナップが豊富で、最新スマホを数多く取り揃えています。iPhoneやGalaxy、Xperiaなどの、キャリアが取り扱うようなメジャーな機種は取り扱っていませんが、お手頃価格でコスパに優れた端末を重点的にラインナップしています。

その選択肢の自由度の高さから、「一体どれを選んだら良いの?」と機種選びに迷われる方も居る事でしょう。

楽天モバイルが取り扱うスマホ・タブレットの中から、筆者イチオシ端末をピックアップ、用途別・予算別にご紹介したいと思います。また、端末と用途に合ったおすすめのプランもご紹介します。

続きを読む

楽天モバイル セットでお得なコミコミプランの選び方と注意点

楽天モバイル コミコミプラン

楽天モバイルが今年2016年の7月1日より開始した「コミコミプラン」スマホ本体音声通話+データ通信通話し放題をセットとして提供する料金プランです。別々で契約した場合の料金よりも、割安価格での提供となっています。

楽天モバイルの数あるプランの中でも、コミコミプランはお得感を感じるため、新規契約するにあたってコミコミプランを検討されている方も居ることと思います。

確かに、このコミコミプランは通常契約時と比べると割安で契約ができるものの、契約前にチェックしておきたい注意点も何点かあります。この記事では、コミコミプランの良い所と注意すべきポイントをお伝えしていきます。

続きを読む

ソフトバンク回線の格安SIM「Hitスマホ」登場。料金や機種など

Hitスマホ MVNO 格安SIM

岐阜県高山市に本社を置くケーブルテレビ局、飛騨高山ケーブルネットワーク株式会社は、ソフトバンクの子会社であるSBパートナーズ株式会社とタッグを組み、ブランド名を「Hitスマホ」とするMVNO(格安SIM)サービスを8月22日より提供開始します。

ソフトバンクグループが提供する通信サービス「ワイモバイル」は、100%自社での運営となるためMVNOには属しません。ソフトバンク回線を利用したMVNOブランドの誕生は、Hitスマホが国内初となります。

続きを読む

MVNOを活用して初期費用2万+月2千円でiPhoneを運用する方法

mvno-iphone5c-thumbnail

最近良く聞く「MVNO」、キャリアから既にある通信設備を借りて運営している通信業者を指し、月額料金が安い事から「格安SIM」とも呼ばれています。最近では数多くのMVNO業者が参入し、価格競争はますます激しくなる一方です。

キャリアよりも圧倒的な低価格で契約出来る事が魅力的、今後さらに発展していく業界だと思います。

さて、日本で人気のスマートフォンと言えば、真っ先に思いつくのが「iPhone」です。海外ではAndroidの方がシェアを伸ばしていますが、国内ではiPhone含むiOSデバイスの割合が圧倒的。なんと60%ものシェアを誇っており、世界一iPhoneが好きな国なのです。

iPhone大国日本、シェア66.2%に 世界40カ国で調査 – NEWSALT(ニュースソルト)

iPhoneに限らず、スマホの契約は一般的に大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)となります。そこでネックになるのが月々の料金、多くの方は6,000円以上を毎月維持費として支払っています。

維持費を安くしようと考え、格安SIMに乗り換える方が徐々に増えてきていますが、「格安SIMでiPhoneは使える?」といった疑問を持つ方も居るようです。今回は、月々2,000円前後&初期費用2万円でiPhoneを使う方法をお伝えします。 続きを読む

楽天モバイルの通信速度はどんな感じ?実際に測定してみた

rakuten-mobile-speed-thumbnail

楽天が運営している格安SIM楽天モバイル、筆者もユーザーの1人として、楽天モバイルの特集シリーズを数記事書いているところであります。

楽天モバイルに限らず、格安SIMの契約前に多くの方が気になるであろう事、それは「通信速度」ではないでしょうか。この記事では、楽天モバイルの通信速度について調査してみた結果をまとめてみました。

続きを読む

ドコモ版の中古iPhone 5cを楽天モバイルで運用した感想

楽天モバイル iphone 5c

楽天モバイルの通話SIMの3.1GBプランを新規契約、ドコモ版のiPhone 5cで運用し始めて2ヶ月ほどが経ちました。この記事では、iPhoneと格安SIMの組み合わせは如何なものか、率直な感想をお伝えします。

iPhoneと格安SIMの組み合わせで運用を検討している方、今回の記事をぜひ参考にしていただきたいです。

続きを読む

楽天モバイルは良い?選んだ理由と使い心地をレビューします

楽天モバイル 選んだ理由と使い心地

国内で今人気を集めている「格安SIM」、数多くの会社がサービスの提供を行っています。筆者もだいぶ前から注目していた業界でありますが、最近の格安SIMサービスは質が高いとつくづく感じております。今後さらに伸びて行く分野だと確信しています。

実は2ヶ月ほど前に格安SIMの1つである楽天モバイルを契約してみました。今回の記事では、筆者が実際に楽天モバイルを契約してから2ヶ月間使ってみてのレビューをまとめました。
続きを読む

ワイモバイルと格安SIM、どちらを選ぶべき?総合的に比較

20160308210352

ワイモバイルと格安SIMって違うの?はい違います。厳密に分類すると、格安SIM(MVNO)には属しません。

実際の料金やサービスなどはどうなのか。今回はワイモバイルと格安SIMの徹底比較をしてみようと思います。

前回は、「ワイモバイルって実際のところお得なの?長所と短所から検証」という記事を書きました。

Y!mobile オンラインストアへ

続きを読む

ワイモバイルがiPhone 5sの発売を開始、果たしてお得といえるか?

20160307003523

ソフトバンクは3月4日より、Y!mobile(ワイモバイル)ブランドとして「iPhone 5s」の取り扱いを開始しました。

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが横並びの価格で取り扱っていたiPhoneシリーズ、格安価格での参入は今回が初めてになります。

今回の記事では、Y!mobileでiPhone 5sを使うことが本当にお得といえるのか、検証をしてみました。

続きを読む