スマホ・タブレット

スマホやタブレットなど、モバイルデバイスについて書いた記事をまとめました。

ASUSの6.8インチ特大スマホ「ZenFone 3 Ultra」が12月9日発売

ASUS ZenFone 3 Ultra

先日、新しいエントリーモデル「ZenFone 3 Laser」の記事を投稿したばかりですが、今回は「ZenFone 3 Ultra」のお話しです。

ASUS JAPANは、ZenFone 3の派生機種の一つであるZenFone 3 Ultra ZU680KLを、今月12月9日に発売すると決定しました。ASUSのオンラインショップでは既に予約注文を受け付けており、価格は59,800円(税込み64,584円)となります。

何と言っても特徴は、広大な画面とデカい本体。5.5インチを超えるとスマートフォン+タブレットで「ファブレット」という呼び名が相応しくなりますが、ZenFone 3 Ultraのディスプレイは6.8インチものタブレット並の大画面を備えています。

6インチ以上の画面を備えた機種というのはなかなか珍しく、代表的なものを上げるとすればXperia Z UtlraやHuawei P8maxなどでしょう。選択肢が少なかった特大スマホですが、ZenFone 3 Ultraは期待の新作ファブレットとしてデビューしました。

続きを読む

Helio X25に2K液晶搭載のVernee Apollo、3万円以下で販売開始

Vernee Apollo

中華スマホメーカーはもはや乱立状態ですが、その中の1つ「Vernee」(バーニー)というメーカーをご存知ですか?

日本でもVerneeスマホのレビュー記事は多く見かけるので、そこそこ有名なメーカーと思われますが、当ブログで取り扱うのは今回が初めてですね。

筆者はXiaomi推しなのですが、Verneeもなかなかやります。

Verneeはフラッグシップスマホ「Apollo」を正式に市場投入し、GearBestにて販売を開始しました。Apolloは既に登場しているApollo Liteの上位版にあたるモデルで、10コアのMediaTek Helio X25を採用したほか、4GBのメモリフルHDを超える2K解像度(2,560 x 1,440)のディスプレイを備えます。

そして、ハイスペックな事はもちろん、更に魅力的なのが価格。通常販売価格でも299.99ドル=約33,600円と十分にお安いのですが、GearBestでは12月7日までの先着1,000台限定で50ドル値引き、Vernee Apolloを249.99ドル=約28,000円で購入できるキャンペーンを実施しています。

前々からおおよその情報は公表されていましたが、改めてその特盛りスペックとコストパフォーマンスの高さに脱帽します。
続きを読む

Xiaomi Mi5sのIMX378搭載バックカメラで試し撮りしてみた

Xiaomi Mi5s バックカメラ 試し撮り

Xiaomi Mi5sレビューの続編です。今回はカメラテスト回ということで、Mi5sの背面カメラで試し撮りしてみた結果を公開します。まだ以前の記事をお読みでない方は、開封レビューの記事や、ベンチマーク測定&電池持ち検証の記事も併せてお楽しみ下さい。

Mi5sの背面カメラには、ソニー製のIMX378というセンサーが使われており、先月発表されたGoogle Pixelにも同一のものが搭載されています。

Mi5sの一つ型落ちモデルにあたるMi5は、1,600万画素のIMX298センサーが使われていますが、Mi5sのIMX378は1,200万画素。解像度だけ見れば旧モデルMi5より劣っていることになりますが、センサーサイズが大型化し、より明るくノイズの少ない映像を捉えられるとのこと。

撮影可能な解像度は、写真が最大4,000 x 3,000ピクセル動画は最大4K(3,840 x 2,160ピクセル)となります。

続きを読む

メタルボディで高級感増したASUS ZenFone 3 Laser、11/26発売

asus-zenfone-3-laser-release-thumbnail

2日前に発表されたようなので、少し出遅れてしまいました!ASUSの話題です。

先日11月22日、ASUS JAPANは新しいエントリーモデル「ZenFone 3 Laser ZC551KL」を日本国内でも販売すると発表しました。販売は11月26日より開始され、現在ASUSのオンラインショップにて予約注文を受け付けています。

その名前からも分かる通り、ZenFone 3 LaserはZenFone 2 Laserの後継となるモデルで、レーザーAFはそのまま引き継ぎつつ、CPUやメモリ等の内部スペックが向上しました。本体背面はZenFone 2 Laserのプラスチックボディからメタルボディーへ変更され、デザインはZenFone 3を踏襲しているため、高級感がグッと増しました。

また、画面は5インチから5.5インチへ大型化したものの、2mm以上の薄型化を実現し、ほぼ同等の重量に留めています。モバイル性を大きく損なうこと無く大画面を搭載したのも注目ポイントです。

その他にも、カメラ画質の向上や指紋認証センサーの搭載など、変更点が目白押しです。

続きを読む

1万円以下は当たり前!? Bluboo製スマホの激安っぷりに度肝抜かれた

bluboo-smartphone-thumbnail

このブログでは、中国メーカーのスマホ・タブレットについて度々扱っています。筆者の嗜好やブログのジャンルが合致したためか、最近は海外通販サイト「GearBest」のスタッフさんからガジェット系の話題を提供いただいています。昨日、耳を疑うようなとんでもないニュースを入手しましたので、早速皆さまにお伝えしたいと思います。

筆者は中華デジタルガジェットに昔から興味があって、おおよその情報は把握しているつもりでしたが、まだまだ初心者ですね。今回の情報は初耳です。

中国スマホメーカーの一つ「Bluboo」が、最近になって「Bluboo Picasso 4G」「Bluboo Mini」という新スマホを出したようです。中華スマホは既に数え切れないほどの製品が溢れかえっている訳ですが、Blubooのアピールポイントは他社を圧倒するほどの激安っぷり。通常販売価格はBluboo Picasso 4Gが89.99ドル(約9,900円)Bluboo Miniは54.99ドル(約6,100円)と、両者とも1万円以下!

さらに、期間限定ではありますが、現在GearBestではPicasso 4Gが台数限定でなんと39.99ドル(約4,400円)Miniが49.99ドル(約5,500円)で購入できるフラッシュセールを開催しているとのこと。

続きを読む

スナドラ821搭載Xiaomi Mi5sの実力は?ベンチマークや電池持ち

Xiaomi Mi5s ベンチマーク測定・バッテリー検証

先日GearBest様よりXiaomi Mi5sの実機を提供頂いて、使い始めてから早くも1週間が経とうとしています。以前投稿したレビュー記事では、開封の様子と機能の紹介までに留まりましたが、今回は更に踏み入った内容になります。

おそらく皆さん気になるのが、ハイスペックなSoC「Snapdragon 821」を搭載したMi5sの性能面での実力。ベンチマークの測定結果と電池の持ちについて詳しくまとめましたので、ご購入前の参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

スナドラ821にRAM 6GB搭載のハイエンドスマホ「OnePlus 3T」発表

OnePlus 3T

中国のスマホメーカーOnePlus(ワンプラス)は、同社のフラッグシップモデルOnePlus 3の後継機にあたる「OnePlus 3T」を新たに発表しました。高性能なSoC「Snapdragon 821」に6GBもの大容量メモリ、5.5インチでフルHD解像度のAMOLED(有機EL)ディスプレイを備えます。

内部スペックの増強までに留まったマイナーアップデートモデルにも関わらず、価格が以前の399ドルから439ドルへ値上げされてしまったのは少々残念な点ではあります。

今しがたその詳細スペックが明らかとなりましたので、その全貌やOnePlus 3との違いをまとめました。

続きを読む

1〜2万円で買えるXiaomiの低価格スマホRedmi 4、Redmi 4A登場

Xiaomi Redmi 4 Redmi 4A

先日XiaomiのフラッグシップスマホMi5sの開封レビュー記事を挙げたばかりで、ここんとこ中華製品(特にXiaomi)尽くめになってしまっていますが、何度もしつこくまたまたXiaomiの話題です。

先日Mi MIXやMi Note 2が発売開始され、完成度は着実に上がった一方、中華スマホ本来の魅力である”安さ”が損なわれつつあるとの不満点も残りました。Xiaomiは高級路線に走ってしまったのか!?と、その行く末が気になっていたところ、性能よりも安さを重視した廉価版「Redmi 4」「Redmi 4A」が登場しました。

それぞれの位置付けは、エントリーモデルのRedmi 4(699人民元=約10,900円)とその廉価版Redmi 4A(499人民元=約7,800円)といった感じ。Redmi 4は更に通常版と高スペック版の2機種に分かれており、その違いは内部スペックや画面解像度に現れています。

新たに登場したRedmi 4と4Aの詳細スペックや、両モデルの違いを分かりやすくまとめました。

続きを読む

評価が異常に高い!iClever 2ポートUSB充電器を買ったのでレビュー

iClever USB充電器 レビュー

スマートフォンにタブレット、モバイルバッテリー…。最近デジタルデバイスが増えてきたせいか、深刻な充電器不足に悩まされていました。今までは、iPhoneに同梱されている白くてちっこいUSB充電器1つで手持ちのデバイス全ての電力を賄ってきましたが、この体制もいよいよ限界を迎えたようです。

アマゾンにてUSB充電器をあれやこれや探し回っていたところ、一際目を引く製品に出会いました。iClever USB充電器の購入に至るまでの経緯と、実際使用してみた感想をまとめました。

続きを読む

Xiaomi Mi5s 開封レビュー。3万円高コスパスマホの出来栄えは…!?

Xiaomi Mi5s 開封レビュー

もう記事のタイトルでお分かりかと思いますが、Xiaomi Mi5sが遂にやって来ました!

Mi5sは、中国のスマホメーカー「Xiaomi」(シャオミ)が今年の9月末に発表したフラッグシップモデル、当ブログでもいち早くニュース記事を起こしていました。

Snapdragon 821というAndroidトップクラスのプロセッサを積みメモリは3GB(上位版は4GB)、超音波指紋認証センサーまで備えてそのお値段3万円。以前Redmi Note 3 Proを購入し、その完成度の高さに驚かされた筆者ですが、今回ご紹介するMi5sの超コスパっぷりには詠嘆の声をもらします。

発売から1ヶ月半ほど経ったタイミングで、GearBest様よりレビュー用として実機を提供して頂きました。つい先日、手にしたばかりですが、開封からレビューまで詳しくレポートします。

続きを読む

小型、軽量、安価の三拍子!cheero Power Plus 3 mini 5200mAh

cheero Power Plus 3 mini 5200mAh

外出先でいつでもどこでもスマホを充電できるモバイルバッテリー、デジタルガジェット大好きな筆者にとって無くてはならない大切な存在です。

今年の夏より配信が開始されたARゲーム「ポケモンGO」流行によって需要が一気に高まったモバイルバッテリー、アマゾンで探してみると非常に数多くの製品がヒットしますが、選択肢があまりにも広すぎて一体どれを選んだら良いのか迷ってしまいそうです。

筆者がぜひともオススメしたいのがcheeroのPower Plus 3シリーズ、様々な用途を想定して3,350mAh〜20,100mAhまでの幅広い容量を合計6製品(記事執筆時)のラインナップでカバー、かつリーズナブルな価格で販売されています。また完成度の高さから、どの製品のレビューを見ても大半は満点=5つ星、モバイルバッテリーの大御所であるAnker製品とも肩を並べています。

数年前から使い込んでいるせいか、電池の劣化も目立つようになってきたモバイルバッテリーからの乗り換えを決心、そこで筆者が選んだのが「cheero Power Plus 3 mini 5200mAh」です。以前から気になっていた製品なので、張り切ってレビューしていきます。

続きを読む

Remix OS搭載の中華タブレット「CHUWI Hi10 Plus」がやって来た

CHUWI Hi10 Plus 開封レビュー

iPhone 7にMacBook Pro、秋の新製品ラッシュも一先ず落ち着き11月に突入、冬の寒さが駆け足でやって来ましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

11月最初の製品レビューは、WindowsとRemix OS(Android)を搭載した中華タブレット「CHUWI Hi10 Plus」です。昨日開封して数時間使ってみたところ、寒さを吹っ飛ばすような好奇心擽られる素晴らしいデジタルガジェットでしたので、さっそく開封の様子と軽い使用感をお届けします。

文章よりも写真のほうが伝わりやすいと思うので、写真メインでレポートします。

続きを読む

Xiaomiの新スマホMi MIX登場!画面占有率91.3%とか尋常では無い

Xiaomi Mi MIX リリース

恐るべしXiaomi…!!

このブログで度々登場している中国の電子機器メーカー「Xiaomi」(シャオミ)、つい一ヶ月ほど前に新フラグシップスマホMi5sとMi5s Plusを発表したばかりですが、これでもか!これでもか!!というほどしつこく(褒め言葉です)またまた新製品を投入してきましたよ。

今回登場したのは、6.4インチの大画面ディスプレイを搭載するファブレット端末「Mi MIX」です。これまたタダのファブレットではなく、3辺の縁がめちゃくちゃ狭い超狭額縁なデザインが売り、画面占有率(本体前面をディスプレイが占める割合)はなんと91.3%と狂気じみた数字。もはや「でっかい画面を持っている」という、なんとも未来的な感覚に浸れそうなデバイスです。

素晴らしいのはそのデザイン性だけでなく、内部性能もモンスター。最新のハイエンドスマホに採用されているプロセッサ「Qualcomm Snapdragon 821」を搭載、4GB又は6GBのメモリ128GB又は256GBのストレージなど、「ラスボス」との愛称が似合いそうな盛々スペックです。

続きを読む

なかなかやりおるElephone S7!見た目はGalaxyだが価格5分の1

Elephone S7

年々価格競争が激化している中華スマホ市場、筆者の初めての中華スマホはXiaomi(シャオミ)さんになりますが、中国には他にも魅力的なスマホメーカーが沢山存在します。目まぐるしく変貌してゆく中華スマホ業界、毎日なんらかしらのニュースが飛び込んできますね。

先ほどスマホ関連の記事などを漁っていたところ、中国スマホメーカーの強豪スターデジタルが新機種「Elephone S7」を発表との情報をキャッチ、詳細を確認するとその破格っぷりに脱帽しました。

日本未発売のスマホを多く取り扱うGearBest(ギアベスト)にて価格を確認してみたところ、最安モデルはなんと149.99ドル!現在の日本円レートは1ドル104円なので1万5千円ちょいで買える計算になります。Elephoneの直販サイトでは更にお安く、最安モデルは139,99ドルで購入できます。

続きを読む

スマホのバッテリー寿命を延ばして長持ちさせる7つの方法

smartphone-battery-long-lasting-thumbnail

「最近バッテリーの持ちが悪い!」とお悩みの方、おそらく同様の悩みを抱えた方は多くいらっしゃるはず。なぜなら、スマートフォンやタブレットに搭載されているリチウムイオン電池は充電を繰り返す度に劣化、長年使い続けるといつかは寿命が来てしまいます。デジタルガジェットは高性能化していますが、それに比べバッテリー技術は未だ劇的な進化を成し遂げていません。

とはいえ、使い始めてから1年程度ではまだまだバッテリー寿命に達しておらず、スマホの使い方や設定を見直すだけで劇的な改善が期待出来るでしょう。iPhoneやAndroidスマホの電池持ち改善のために、ぜひとも実践したい事を7つ紹介します。

続きを読む

2016年版Fire HD 8、一ヶ月使い込んでみて感じた魅力と改善点

Fire HD 8 2016年モデル レビュー

先月アマゾンより発売開始された8インチタブレット「Fire HD 8」2016年モデル、筆者も実物を手にとって開封の様子と簡単なレビューをまとめた記事「アマゾン発売のFire HD 8 2016年モデルを開封&軽くレビュー」を書きましたが、使い始めてから約一ヶ月が経ちました。

2016年版Fire HD 8を一ヶ月みっちりと使い込んでみて、徐々に分かってきた魅力や今後出来れば改善して欲しいポイントなど、率直な感想を皆さんにお伝えできればと思います。この製品は果たして”買い”なのか、総評レビューします。

これから購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

MVNO向きの16年秋最新機種ZenFone 3とhonor 8、選ぶべきはどっち?

ZenFone 3 vs honor 8 比較

年々MVNO(格安SIM)とSIMフリースマートフォンの人気が熱を帯びてきた中、2016年秋はASUSの「ZenFone 3」とHuaweiの「honor 8」が発売され注目の的となりました。両機種とも双方メーカーのフラッグシップかつメインストリーム機にあたる存在、 どちらも日本の格安SIM推進を支える要となるでしょう。

この記事では、2016年秋の最新機種ASUS ZenFone 3とHuawei honor 8を比較、果たして選ぶべきはどちらなのか、両機種の特色や取り扱う格安SIM会社、お得な購入方法までまとめようと思います。

続きを読む

Fire、FireHD8、FireHD10の違いは?アマゾンタブレットを一挙に比較

fire-firehd8-firehd10-compare-thumbnail

通販サイトでお馴染みのアマゾンが販売する「Fireタブレット」、現在のラインナップは7インチのFire、8インチのFire HD 8、10インチのFire HD 10の3機種、いずれもAndroidをベースにカスタマイズされたFire OS搭載のタブレットです。

2週間ほど前、筆者は初めてのFireタブレットとして2016年版Fire HD 8を購入しましたが、その他2機種についても理解を深めようと思いました。この記事ではFireFire HD 8Fire HD 10の3機種の特徴をまとめて比較、果たしてベストバイはどれなのか考察してみます。

続きを読む

Freetel、10コアCPU搭載の高性能スマホ「SAMURAI KIWAMI 2」発表

freetel-samurai-kiwami-2-thumbnail

プラスワン・マーケティング株式会社が運営するスマホメーカー兼MVNO「Freetel」(フリーテル)が今日10月6日に開催した新製品発表会にて、自社の新たなフラッグシップ機となる「SAMURAI KIWAMI(極) 2」を発表しました。

デカコア(10コア)プロセッサを搭載し、FHDを超えるWQHD画質(2,560 x 1,440ピクセル)の高精細な5.7インチ有機ELディスプレイを搭載など、前世代のSAMURAI KIWAMIをスペックの高さをしっかり継承。メモリは1GB増量された4GBへ、ストレージ容量は2倍の64GBに引き上げられて、更なる磨きをかけました。

発売開始は2016年12月になる予定で、価格は49,800円(税込み53,784円)です。

続きを読む

Google Nexusの後継スマホPixel、Pixel XL発表!スペックや特徴

Google Pixel、Pixel XL

米Google(グーグル)は、サンフランシスコにて10月4日(日本時間5日1:00)より新製品発表会「Made by Google」を開催、自社のAndroid搭載ハードウェアブランド「Nexus」の後継機種である「Pixle」「Pixel XL」を発表しました。PixelスマートフォンはGoogleが初めてハードウェアを開発、発表会名の通り”Made by Google”となります。

価格は、5インチのPixelは649ドル(約66,700円)から、5.5インチのPixel XLは769ドル(約79,100円)から。アメリカ、オーストラリア、カナダ、ドイツ、イギリスでは今日5日、インドでは13日からGoogle公式ストアにて予約注文を受付、残念ながら今のところ日本向け販売は未定です。

続きを読む