5万円台で買えるZenBook BX303UA登場!但し100台限定販売

ニュース

台湾の電子機器メーカーASUS(エイスース)は、同社が販売するノートパソコンブランド「ZenBook」の5周年を記念する新モデル「ZenBook BX303UA」を発表しました。Core i3に1,366×768ピクセルの液晶ディスプレイなど性能は控えめですが、5万円台という低価格で購入できるのが魅力です。

現在はASUS Shopにて予約注文を受け付けており、明日11月9日より販売を開始します。但し、100台限定の販売となりますので、気になる方はお早めにチェックをお願いします。

ZenBook BX303UAを購入 ASUS ShopでZenBook BX303UAを購入

ZenBook BX303UAの仕様

OSWindows 10 Home 64bit
プロセッサーIntel Core i3-6100U 2コア4スレッド 2.3GHz
ストレージ500GB HDD
メモリ4GB DDR3L 1,600MHz
ディスプレイ13.3インチ 1,366 x 768ピクセル ノングレアTFT液晶
グラフィックチップIntel HD Graphics 520
光学ドライブ無し
バッテリー駆動時間駆動時間:約6.7時間
接続端子USB 3.0x3、HDMIx1、MiniDisplayPortx1、SDカードスロットx1、オーディオ端子x1
幅 x 厚さ x 奥行き横幅323 x 縦223mm x 厚み19.2mm
本体重量1.45kg

初代を思い起こさせるデザインやフォルム

薄型・軽量ノートPC=Ultrabookの元年ともいえる2011年に、ASUSより初代のZenBookであるUX21が発売されました。

ZenBook UX21

誕生5周年を記念するモデルということもあり、ZenBook BX303UAは初代モデルを思い起こさせるようなデザインやフォルムで、Zenブランドの基本形とも言えるでしょう。天板の放射状ヘアライン加工はもちろんのこと、黒くてやや厚いベゼルや前面のASUSロゴもそのまま踏襲しています。

ZenBook BX303UA デザイン ZenBook BX303UA デザイン

性能は控えめだが、5万円台で購入可能

最近のZenBookシリーズは薄くてパワフルなイメージが強いのですが、BX303UAの立ち位置はあくまでも廉価版ですので、性能は控えめとなっています。その代わり、5万円台というリーズナブルな価格で買えるマシンですので、サブノートとしてはもってこいかもしれません。

Intel第6世代のCore i3

プロセッサはIntel第6世代(Skylake)のCore i3 6100Uを搭載しています。2コア4スレッドのエントリー向けCPUで、それほど性能は高くないものの、ファンレスマシン(MacBookなど)に搭載されるCore Mと比べればパワフルです。

ネットブラウジングや軽い画像編集程度であれば難なくこなすので、十分に実用的です。

SSDではなく500GBのHDD。これはちょいと残念かも

ストレージはコストを抑えるためか、SSDではなくハードディスクが採用されています。容量は500GBと申し分ないものの、あらゆる動作面でHDDよりもSSDの方がキビキビと速いため、HDD搭載は少々残念な点です。

HDDということは、2.5インチタイプのものを内蔵している可能性が高いです。PCの知識に長けている方なら、購入後にSSDに換装…という手も有りでしょう。もちろん、メーカー保証は効かなくなるので、自己責任でお願いします。

液晶ディスプレイは1,366 x 768ピクセル

液晶ディスプレイも廉価版相応で、1,366 x 768ピクセルのTFT液晶です。

現在はフルHDあたりが主流ですので、時代遅れ感は否めませんね。しかし、ディスプレイの表面はノングレア加工が施されているので、作業はしやすそうです。

5万円台という低価格で購入可能!

性能はあまりよろしく無いBX303UAですが、安く買えるのは嬉しいポイントです。先ほどもお伝えしたように、BX303UAは現在ASUSオンラインショップにて予約を受付中で、価格は税込みで59,800円となります。

現在のASUSノートPCの主力部隊と言えば、ZenBook 3TransBook 3あたりになります。確かに性能は高くて魅力的ではあるのですが、如何せん価格が10万以上とお高いので、なかなか手が出せないんですよね。そんな中登場したBX303UA、廉価モデルは確実に需要があるのではないでしょうか。

ZenBook BX303UAを購入 ASUS ShopでZenBook BX303UAを購入

記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。

誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。

批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。

コメントを残す

*