iTunesより使いやすい!iOS管理ソフト「AnyTrans」をレビュー

みなさんは、iPhoneやiPadなどiOS端末に入っているデータをバックアップしたり撮り溜まった写真を取り込むとき、パソコンソフトは何をお使いでしょうか。

筆者は今までiTunesで音楽を同期、Mac標準の写真アプリで撮影した写真と動画を取り込んでいたのですが、先日ソフトウェア開発会社であるiMobie様からiOS管理ソフトウェア「AnyTrans」のレビュー依頼を頂きまして、あまりにも優秀で使いやすいためiPhoneの管理をAnyTransに一本化することにしました。この記事では主な機能や使い方、実際に使ってみての感想をまとめました。

AnyTransは非常に高機能なソフトですので、この記事でその全てを書くことは不可能と判断しました。筆者が役立ちそうだと感じた機能をざっくりとご紹介します。

今回レビュー用に「AnyTrans」の有料版をiMobie様より提供頂いているため、タイアップ記事となっています。ステルスマーケティングではありませんし、中立で率直なレビューを致します。

AnyTrans 5 – 本当の最高級iPhoneマネージャー – 公式ホームページ

AnyTransとは。何が出来るのか

iOSデバイスとパソコンの台数関係なく管理が出来る

Appleが提供しMacにプリインストールされる音楽ソフト「iTunes」、所持する音楽ファイルの管理に加え、iOSデバイスの同期が出来ますが原則的に1台のiOSデバイスと1台のパソコンがペアです。

パソコン1台↔iOSデバイス1台のiTunes

anytrans-sync-itunes

例えば、パソコンAのiTuensライブラリに入っている音楽をiOSデバイスにコピー(同期)、その後音楽ファイルの無いパソコンBと同期させるとパソコンAとの同期時にiOSデバイスへ入れた音楽は全て消えてしまいます。

筆者も過去に、異なったiTunesライブラリを持つ複数台のパソコンとうっかり同期してしまった際、iOSデバイス上のファイルが意図しない内容に書き換えられてしまう事態に度々遭遇していました。パソコンの中に元データが有るためストックしてきた音楽が消えることはありませんが、iPhone内のファイルを再構築しなくてはならず非常に面倒くさいです。

パソコン無制限台↔iOSデバイス無制限台のAnyTrans

anytrans-sync-anytrans

AnyTransの場合、iTunesのようなパソコンとiOSデバイス双方のペア概念が無く、台数無制限で同期・ファイル管理が可能です。
複数台のパソコンにAnyTransをインストールすれば、どのパソコンでも不意なデータの書き換え等を起こさず安心してiOSデバイスの管理が出来るのです。

iOSデバイスを外部ストレージとして扱うことが出来る

AnyTransでは、iPhoneやiPadを完全な外部ストレージとして扱うことが出来て、内部ファイルのブラウズも可能です。30種類もの豊富なファイル形式に対応しており、デバイス内のほぼ全てのファイルを可視化して管理出来ます。

また、iTunesでは隠されてユーザーの手の及ばないシステムファイルも丸見えになるため、使い方によっては思わぬトラブルを招くことも有りえます。ファイルブラウズ機能の使い方には十分注意しましょう。

メディアデータ
  • 音楽
  • プレイリスト
  • オーディオブック
  • ムービー
  • テレビ番組
  • ミュージックビデオ
  • ポッドキャスト
  • iTunes U
  • 着信音
  • ボイスメモ
個人情報
  • 連絡先
  • メッセージ
  • ボイスメール
  • ブック
  • メモ
  • カレンダー
  • Safariブックマーク
  • Safari履歴
写真
  • カメラロール
  • フォトストリーム
  • フォトライブラリ
  • 写真共有
  • フォトビデオ
  • マイアルバム
その他
  • アプリ内のデータ
  • iCloud
  • システム
  • JBシステム
  • ストレージ
  • バックアップ

AnyTrans導入手順。入手から初期設定まで

1. 公式サイトから購入または無料体験版をダウンロード

AnyTransはiMobieの公式サイトから入手することが出来ます。ウェブサイトの会社概要を見てみると本拠地は中国にあるようですが、しっかりサイトは日本語化されておりサポートもしっかりしている印象です。

AnyTrans 5 – 本当の最高級iPhoneマネージャー – 公式ホームページ

AnyTrans インストール方法 公式サイト

AnyTransは個人用ライセンス(3,999円)家庭用ライセンス(5,999円)ビジネス用ライセンス(10,980円)の3種類が用意されています。加えて無料体験版もありますので、いきなり有料版を購入する前に機能や使い勝手を試してみましょう。

AnyTrans インストール方法 ライセンス AnyTrans インストール方法 インストーラーダウンロード

2-1. インストール(Macの場合)

Macでのインストール方法を説明します。

ダウンロードしたインストーラーを開くと、AnyTransをアプリケーションフォルダーに移動するよう指示されます。サイズは60MBと軽量ですので、ドラッグアンドドロップすれば数秒でインストールが完了します。

AnyTrans インストール方法 インストーラー

インストールが完了したらFinderでアプリケーションフォルダーを開くかLaunchpadを起動、AnyTransを見つけダブルクリックで起動しましょう。

AnyTrans インストール方法 アプリケーションフォルダー

2-2. インストール(Windowsの場合)

次はWindowsでのインストール方法を説明します。

ファイルエクスプローラーでダウンロードファイルを参照、インストーラー(anytrans-setup)を見つけたらダブルクリックで開きましょう。

AnyTrans Windows インストール方法 ファイルエクスプローラー

インストーラーが起動したら、画面中央の「Install」ボタンをクリックすればインストールが始まります。

AnyTrans Windows インストール方法 インストーラー

Mac同様に数秒でインストールが完了します。

AnyTrans Windows インストール方法 インストーラー

3. 言語を選択

初回起動時には言語設定のウィンドウが表示されますので、ここでは日本語を選択します。

AnyTrans Windows インストール方法 言語設定

4. ライセンス認証

AnyTransウィンドウ左上のオレンジのカートアイコンは、ライセンス認証を済ませていない体験版であることを知らせます。今回、iMobie様より個人用ライセンスをレビュー用として提供いただいたので、早速ライセンス認証へ進みたいと思います。

AnyTrans Windows インストール方法 ライセンス認証

画面下のライセンスコード入力欄に購入したコードを入力、青い「認証」ボタンを押せばアクティベーション完了です。

AnyTrans Windows インストール方法 ライセンス認証

iOSデバイス内のメディアファイルを丸ごとコピー保存

これはかなり重宝しそうな機能です。iOSデバイス内に入っているありとあらゆるメディアファイルをパソコンへコピー保存出来る機能で、音楽や写真・動画、アプリからブックマークまで、ほぼ全てのデータを吸い出すことが可能です。

ウィンドウ左上のiPhoneアイコンをクリック、青い「パソコンへ」ボタンをクリックします。

AnyTrans iOSデバイス バックアップ

保存したいメディアファイルの種類とコピーの保存先を指定します。もしコピーしたい内容のデータ容量が大きい場合には、外付けのハードディスク等を用意するとパソコン内部のストレージを圧迫せずに済みます。

ここでは、筆者のiPhoneに入っている全てのファイル(32.59GB)を外付けハードディスクへコピー保存したいと思います。

AnyTrans iOSデバイス バックアップ

AnyTrans iOSデバイス バックアップ

転送が完了するまで約40分ほど掛かりました。決して速くはありませんが、32GB以上に及ぶ5,760個もの大量のファイル、かつUSB接続の外部ハードディスクを保存先に指定したため、まあ当然の結果と言えるでしょう。

AnyTrans iOSデバイス バックアップ

AnyTransのコピー保存機能を使ってみて一番感動したのは、吸い出したファイルをフォルダーに分別してくれた事です。

iTunesのバックアップファイルは独自方式を用いて管理しているため、Finderで覗いてみても全くもって訳が分かりません。対しAnyTransはファイルの種類別にきちんとフォルダー分け、目的のファイルをすぐに探し出すことが出来るのです。これは素晴らしい! AnyTrans iOSデバイス バックアップ フォルダー分け

iOSデバイスのファイルマネージメントが捗る

AnyTransのファイル管理機能は非常に素晴らしく、iOSデバイスを外部ストレージのような感覚で扱うことが出来ます。オーディオや写真・動画はもちろん、ブックマークやアプリ内データ等のiTunesでは可視化出来ないファイルも簡単に探し出せます。

ファイルマネージメントのトップ画面に表示される14つのカテゴリから、参照したいファイルに当てはまるものを見つけましょう。

AnyTrans ファイルマネージメント

写真

写真はタイル表示とリスト表示が出来て、Macの写真アプリケーションのような操作感で管理が可能です。デバイス接続時にサムネールが生成されるので、お目当ての画像や動画をすぐに見つけることが出来ます。

AnyTransはiTunesの代替ソフトとして使えますが、同時にMacの写真アプリと同等のインポート機能も兼ね備えています。

AnyTrans ファイルマネージメント 写真

リスト表示に切り替えると、サムネールに加えて解像度、撮影日時、サイズなどの詳細情報も同時に確認できます。


ボイスメモ

ボイスメモは収録時間を表示出来るのでおおよそ内容の把握は出来るものの、読み込み前に再生が出来るとより良かったです。

AnyTrans ファイルマネージメント ボイスメモ


iBooks

筆者は説明書のPDFファイルをダウンロードしiBooksで管理するのですが、パソコンで同じものを参照できるのは便利です。

AnyTrans ファイルマネージメント 書類


Safari ブックマーク

何気に有り難いのがブックマークの管理機能。iPhoneで追加したブックマークを読み込めるのに加え、パソコンのウェブブラウザーで登録したブックマークをiPhoneに転送することも出来てしまいます。ほんと、よく出来ています。

AnyTrans ファイルマネージメント ブックマーク

AnyTrans ファイルマネージメント ブックマーク読み込み


アプリ内データ

これまた凄い機能ですが、本来見ることの許されないインストール済みアプリの中身まで覗く事が出来ます。しかし動作に影響を及ぼすファイルも多く含まれているので、興味半分で下手に弄り過ぎるのは厳禁です。

AnyTrans ファイルマネージメント アプリ内データ

AnyTransの価格、ライセンスの違いについて

体験版を使用してみて気に入ったら、有料版を購入してみては如何でしょう。AnyTransの便利な機能を期限無制限で利用出来て、永久無償のアップデートと親切なサポートも受けられます。

ライセンスの種類は個人用、家庭用、ビジネス用の3つ、それぞれの価格と違いをまとめました。

個人用ライセンス – 3,999円

個人用を購入すると、Macコンピューター1台分のライセンスコードを入手出来ます。残念ながらWindows版で使いまわすことは出来ないため、Windowsをお使いの方は一段階上の家庭用ライセンスを購入しましょう。

  • 1台のMacで動作可能
  • 終生使用可能
  • 永久無料サポート
  • 永久無償アップグレード

iMobie AnyTrans 個人用ライセンスの購入へ

家庭用ライセンス – 9,999円 → 5,999円

家庭版ライセンスはMacとWindows両方をサポート、5台までインストールすることが出来ます。複数台にインストールする場合、お高めですが家庭用ライセンスを購入したほうがお得です。

通常9,999円のところ、現在5,999円と4,000円引きで購入することが出来ます。

  • 5台のMacまたはWindowsで動作可能
  • 終生使用可能
  • 永久無料サポート
  • 永久無償アップグレード

iMobie AnyTrans 家庭用ライセンスの購入へ

ビジネス用ライセンス – 10,980円〜

10台以上のパソコンに一斉導入する場合は、MacとWindows両対応で他のユーザーよりも優先したサポートを受けられる、ビジネス用ライセンスがおすすめです。

  • 10台〜のMacで動作可能
  • 終生使用可能
  • 永久無料且つ優先サポート
  • 永久無償アップグレード

台数が多くなればなるほど1台あたりのライセンス料は安くなり、販売価格は以下のとおりです。

  • 10台まで:10,980円(1台あたり1,098円)
  • 30台まで:20,980円(1台あたり699円)
  • 60台まで:30,980円(1台あたり516円)
  • 100台まで:40,980円(1台あたり409円)
  • 台数無制限:50,980円

iMobie AnyTrans ビジネス用ライセンスの購入へ

コメントを残す

*