2016年 10月 の投稿一覧

2016年版MacBook Pro、10の大きな変更点【新旧比較】

macbook-pro-old-vs-new-thumbnail

今日の深夜2時から始まったAppleのイベントにて発表され、早くも大きな話題を呼んでいる2016年の新型MacBook Pro。

第二のRetinaディスプレイを内蔵するタッチバーやTouch ID指紋認証センサーを初めとする、注目すべき新機能と変更点が数多く加えられ、2012年のRetina MacBook Pro登場以来の4年ぶりのメジャーアップデートモデルになりました。

2016年版MacBook Proと一世代前の2015年モデルを比較、注目すべき10の変更点をピックアップしました。見た目と内部スペック共に大きく変化したMacBook Pro、盛り沢山すぎてどこからご紹介すべきか迷ってしまいますが、1〜10まで重要度の高い順に並べたつもりです。

これから買い替えを検討されている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

4年ぶりに刷新の2016年MacBook Pro登場!タッチバーや指紋認証搭載

2016年 MacBook Pro

Appleが先ほど開催した新製品発表イベント「hello again」にて、出るぞ出るぞと噂になっていた新型MacBook Proが遂に発表されました。

2012年のRetinaモデルを発売してからというもの、ぱっとしたアップデート無く約4年もの月日が経過、いよいよその影が薄くなり初めていたMacBook Proですが、久々に大幅刷新された新機種の登場です。MacBook Proユーザーの筆者としては、めちゃくちゃ嬉しいですよ!ありがとう、Appleさん!

今回は発表だけに留まらず、同時に発売まで宣言するなど、Appleのクリスマス商戦に向けてのやる気がひしひしと伝わってきます。

ファンクションキーを廃した代わりにRetinaディスプレイ内蔵のタッチバーを搭載したり、拡張ポートは全てUSB Type-Cに一新されたり、薄型化と軽量化が図られたりと、その容姿と機能をがらりと変えたMacBook Pro Late 2016。発表されて間もないですが、現時点で入手できる情報をまとめました。

続きを読む

【比較】iMac対Surface Studio 勝利の雄叫び上げるのはどっちだ

Surface Studio vs 27inch iMac Retina 5K

今日10月27日はMicrosoft Surfaceにとって記念すべき日、なぜならブランド初となる一体型デスクトップパソコン「Surface Studio」の誕生日!

これまでは2in1ラップトップで活躍していたSurfaceですが、遂に待望のデスクトップパソコンが登場、ブランドの新時代を切り開く”大黒柱”のような存在になる事でしょう。

タッチ&ペン操作対応の28インチディスプレイに自由度の高い変形を可能にする機構を取り入れ、これまでのデスクトップPCの常識を覆すような斬新なデザイン発想。加え、Intel第6世代のCore i5/i7プロセッサにGTX 965M/980Mグラフィックを積む、非常にハイスペックなマシンに仕上がっています。

ソフトとハード共に純粋なMicrosoft発のSurface、その製造プロセスやブランドイメージから「Windows界のMac」みたいなイメージで捉えられがちです。もちろん今回登場したSurface Studioも例外ではなく、Windows版iMacのような印象を強く受けましたし、OS違えど今後ライバル関係が成立することは目に見えています。

Apple iMac対Microsoft Surface Studio、果たして勝利の雄叫びを上げるのはどちらなのか。今回は比較対象を27インチiMac 5K Retina 2015年モデルとし、スペックや価格の比較、製品としてのデザインコンセプトの違いをまとめました。

続きを読む

MS初デスクトップSurface Studio登場!タッチ対応28型液晶を搭載

Surface studio

Windows版のMacみたいな位置付けで、これまでOSと共に進化を重ねてきたMicrosoft(マイクロソフト)の「Surface」ブランド。今日はSurfaceにとって歴史的な日になるかもしれません。

Microsoftがつい先程開催した自社の発表イベントにて、新しいSurface「Surface Studio」を発表。以前に当ブログで今回のイベント内容予測を発表していましたが、ほぼそれらを実現する発表内容となりました。

今回発表されたSurface Studioは、これまでのSurfaceと違い2in1デバイスでは無く、ブランド初となるディスプレイ一体型のデスクトップパソコン。28インチ(4,500 x 3,000ピクセル)という広大なディスプレイはタッチとペン操作に対応し、最上位モデルではCore i7プロセッサにグラフィックはGTX 980M32GBメモリ2TBハイブリッドHDDなど、AppleのiMacをも超えうるパワフルなマシンに仕上がっています。

続きを読む

Xiaomiの新スマホMi MIX登場!画面占有率91.3%とか尋常では無い

Xiaomi Mi MIX リリース

恐るべしXiaomi…!!

このブログで度々登場している中国の電子機器メーカー「Xiaomi」(シャオミ)、つい一ヶ月ほど前に新フラグシップスマホMi5sとMi5s Plusを発表したばかりですが、これでもか!これでもか!!というほどしつこく(褒め言葉です)またまた新製品を投入してきましたよ。

今回登場したのは、6.4インチの大画面ディスプレイを搭載するファブレット端末「Mi MIX」です。これまたタダのファブレットではなく、3辺の縁がめちゃくちゃ狭い超狭額縁なデザインが売り、画面占有率(本体前面をディスプレイが占める割合)はなんと91.3%と狂気じみた数字。もはや「でっかい画面を持っている」という、なんとも未来的な感覚に浸れそうなデバイスです。

素晴らしいのはそのデザイン性だけでなく、内部性能もモンスター。最新のハイエンドスマホに採用されているプロセッサ「Qualcomm Snapdragon 821」を搭載、4GB又は6GBのメモリ128GB又は256GBのストレージなど、「ラスボス」との愛称が似合いそうな盛々スペックです。

続きを読む

まさかの公式リーク!2016年新型MacBook Pro、発表前にお目見え

macbook-pro-sierra-leak-thumbnail

こーーーれは、一大事ですよ!

明日27日(日本時間で28日 2:00)から始まるイベント「hello again」にて発表されると噂されている新型MacBook Pro、なんとApple直々に公式リークしてしまったようです。Appleが昨日リリースしたmacOSの最新バージョン「macOS Sierra 10.12.1」、その内部ファイルの一部に新MacBook Proと思われる画像が紛れ込んでいたとMac Rumorsが報じました。

Appleまさかの公式リークには勿論ビックリですが、膨大な内部ファイルから新MacBook Proの画像を見つけ出してしまった事のほうが驚きかも…。

続きを読む

なかなかやりおるElephone S7!見た目はGalaxyだが価格5分の1

Elephone S7

年々価格競争が激化している中華スマホ市場、筆者の初めての中華スマホはXiaomi(シャオミ)さんになりますが、中国には他にも魅力的なスマホメーカーが沢山存在します。目まぐるしく変貌してゆく中華スマホ業界、毎日なんらかしらのニュースが飛び込んできますね。

先ほどスマホ関連の記事などを漁っていたところ、中国スマホメーカーの強豪スターデジタルが新機種「Elephone S7」を発表との情報をキャッチ、詳細を確認するとその破格っぷりに脱帽しました。

日本未発売のスマホを多く取り扱うGearBest(ギアベスト)にて価格を確認してみたところ、最安モデルはなんと149.99ドル!現在の日本円レートは1ドル104円なので1万5千円ちょいで買える計算になります。Elephoneの直販サイトでは更にお安く、最安モデルは139,99ドルで購入できます。

続きを読む

BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションで動画・音楽視聴し放題

BIGLOBE SIM エンタメフリー・オプション

スマホで動画をよく観る、音楽をよく聴く方へ朗報です!

BIGLOBEが運営する格安SIM「BIGLOBE SIM」は、動画サービスAbemaTV 、YouTubeと音楽サービスGoogle Play Music、Apple Musicが視聴し放題になるオプション「エンタメフリー・オプション」を発表しました。データ通信量が嵩みがちな動画や音楽の視聴、エンタメフリー・オプションを契約すればプランで定められた月々の通信量にカウントされないのでいくらでも楽しみ放題です。

このオプションを選べるプランは月6GBまで使える「Sプラン」、12GBまで使える「12ギガプラン」、3GBのエントリープランと1GBの音声通話スタートプランは対象外です。

気になるオプションの月額料金ですが、音声通話SIM向けには480円(税込み518円)データSIM向けには980円(税込み1,058円)で提供され、いずれも通信プランの基本使用料に加算されます。

オプションの提供は11月1日から開始されますが、11月中は先着1万件限定となりますのでお申込みはお早めに!

続きを読む

スマホのバッテリー寿命を延ばして長持ちさせる7つの方法

smartphone-battery-long-lasting-thumbnail

「最近バッテリーの持ちが悪い!」とお悩みの方、おそらく同様の悩みを抱えた方は多くいらっしゃるはず。なぜなら、スマートフォンやタブレットに搭載されているリチウムイオン電池は充電を繰り返す度に劣化、長年使い続けるといつかは寿命が来てしまいます。デジタルガジェットは高性能化していますが、それに比べバッテリー技術は未だ劇的な進化を成し遂げていません。

とはいえ、使い始めてから1年程度ではまだまだバッテリー寿命に達しておらず、スマホの使い方や設定を見直すだけで劇的な改善が期待出来るでしょう。iPhoneやAndroidスマホの電池持ち改善のために、ぜひとも実践したい事を7つ紹介します。

続きを読む

Apple、10月27日に発表イベント開催!新型MacBook Proは確実か

Apple 2016年10月27日 発表イベント hello again

Appleは今しがた、カリフォルニア州クパチーノのApple本社にて自社の発表イベントを行うと公表しました。10月27日午前10時(日本時間28日午前2時)から開催され、そのもようはイベント公式ページにてライブ中継されます。

公式ページには「hello again」のフレーズに絵の具で描いたような淡い暖色のアップルマーク、その中身が気になるところですが、どうやら新しいMacBook Pro登場は確実とみられるほか、MacBook AirやiMac、Mac Pro、Mac miniなどのアップデートも発表されるのではとの期待が高まっています。

今年のAppleはiOSとApple Watch尽くし、先月のiPhone 7発表イベントでもMacの話題は端に追いやられていたため、そろそろMacそれもハードウェアに関する発表を一挙に行うと思われます。

Apple Events – Keynote October 2016 – Apple

続きを読む

2016年版Fire HD 8、一ヶ月使い込んでみて感じた魅力と改善点

Fire HD 8 2016年モデル レビュー

先月アマゾンより発売開始された8インチタブレット「Fire HD 8」2016年モデル、筆者も実物を手にとって開封の様子と簡単なレビューをまとめた記事「アマゾン発売のFire HD 8 2016年モデルを開封&軽くレビュー」を書きましたが、使い始めてから約一ヶ月が経ちました。

2016年版Fire HD 8を一ヶ月みっちりと使い込んでみて、徐々に分かってきた魅力や今後出来れば改善して欲しいポイントなど、率直な感想を皆さんにお伝えできればと思います。この製品は果たして”買い”なのか、総評レビューします。

これから購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

SSDに心惹かれ、WordPressをwpXレンタルサーバーに移行してみた

wpXレンタルサーバー レビュー

今回はパソコンやスマホなどガジェット系の話題では無く、ブログの運営に関するお話しです。

ネットで自前のブログ・ウェブサイトを展開する際、無くてはならない存在の一つが「レンタルサーバー」です。当ブログpasojuはこれまでさくらインターネットさんの「さくらのレンタルサーバ スタンダード」を使って運営してきました。料金は月々515円と非常にリーズナブルで、長年運営されているので信頼性もあります。

さくらサーバーにWordpressを設置して運用し始めてから約3ヶ月が経ちましたが、どうも最近は不調気味…。というのも、記事の下書き保存や更新をする際にエラー画面が出たり(大体2、3回に1回はこの現象に遭遇します)、ページの表示速度が徐々にモッサリと重くなってきました。

筆者はWebの専門家では無いため詳しい原因は分かりませんが、いつも万能なGoogle先生に相談したところ、どうやらさくらサーバー側の問題だとの情報が。そもそもさくらサーバーそのものがあまり高速ではなく、動的なWordpressサイトよりも静的なHTMLサイトに向いているとの情報が。

そこで浮上したのが、レンタルサーバー移行計画!

続きを読む

快適にWordPressを使いたいなら、ぜひともwpXサーバーを試すべし

wpxレンタルサーバー,wpxクラウド

「Wordpressが快適に動かない!」

「投稿時にエラーが頻発する!」

WordPressでブログを運営しているけれども、最近イマイチ動作が不安定でエラーも出るんだよね…はてさてどうしたものかと悩んでいる方、お使いのレンタルサーバーを今一度見直してみては如何でしょう。

自前のブログやウェブメディアを運営している方の大半は、レンタルサーバーを利用しているかと思います。要であるレンタルサーバーのパワーが不足するとページの表示速度が遅くなるだけでなく、アクセス集中時にはエラーが頻発して表示すらされない事態に至ります。

ページの表示速度が極端に遅い場合、ウェブページを訪れるユーザーはストレスを感じますし、検索エンジン対策の面でも大きなマイナスになります。もしあなたが収益化を目的としたウェブメディアを運営しているならば尚更、良質なコンテンツ作りと共にサイトの高速化は重要な課題です。

続きを読む

ASUS TransBook 3発売!3K液晶にCore i5、512GB SSD搭載の2in1

asus-transbook-3-release-thumbnail

MacBookよりも軽くて薄いノートパソコン「ZenBook 3」の国内向け発売を今月下旬に控えるASUS、ZenBookよりも一足先にWindows 10搭載の2in1「TransBook 3 T303UA」を発売開始しました。

Intel第6世代のCore i5 6200Uプロセッサや3K解像度の液晶ディスプレイ(2,880×1,920ピクセル)、ストレージは512GBのSSDメモリ8GBと、パソコンとしてバリバリ使えるスペックを12.6インチの小さな筐体に収めています。またタブレット単体での重量は790gと、いろいろ詰め込んだ割に軽量なのも嬉しいポイント。

まさに”史上最強のTransBook”を謳うに相応しいハイスペックな仕様、かといってモバイル性を疎かにしない、機動力と実用性どちらも長けた2in1デバイスに仕上がっています。

続きを読む

HDDでお馴染みWestern DigitalのSSD、WD GreenとWD Blueが登場

wd-green-wd-blue-thumbnail

自作パソコン好きの方なら誰しもが知ってるであろう、ハードディスクの大御所「Western Digital」(ウェスタンデジタル)。製品はHDDだけに留まらず、とうとう同社初となるコンシューマー向けSSDを発表しました。

同社のHDDのブランドネーミングをそのまま継承、メインストリームの「WD Blue PC SSD 」と低消費電力モデルの「WD Green PC SSD 」を発表。いずれも2.5インチとM.2(type2280)規格の2種類、接続インターフェイスは最大転送速度6GbsのSATA 3.0です。また、製品購入から3年間はメーカーの保証サービスを受けられます。

HDDよりも高速で小型・薄型なSSDが近年急激に普及、その流れに乗り遅れまいと半年ほど前にWestern Digitalはフラッシュメモリ製造の大手「SanDisk」(サンディスク)を買収、遂にストレージ業界で最王手の座を獲得しました。

続きを読む

DMM mobileは高速通信の3日間制限が無い!容量を柔軟に使える魅力

DMM mobile 高速通信 3日間制限 無し

格安SIM各社は、幅広いユーザーのニーズに応えようと多種多彩なプランをラインナップしており、中には月々数十GBもの高速通信が利用できる大容量プランも存在します。しかし、月々使える容量だけで会社やプランを選んでしまってはいけません。なぜなら「3日間あたりの通信制限」が設けられている場合が多いため、月々の容量を超えなくても突発的な通信量増加によって大幅な通信速度を食らってしまう事例が多いのです。

がっつりとスマホを使い込む方にとってネックになりがちな「3日間制限」の存在、しかし格安SIM会社の一つ「DMM mobile」は高速通信時の3日間制限を設けていないのです!

続きを読む

デスクトップSurface来る!?マイクロソフトが10月26日に発表会開催

Microsoft 10月26日 発表イベント

Microsoft(マイクロソフト)は今月10月26日午前10時(日本時間27日午前2時)にアメリカ・ニューヨークにて自社の発表イベント「Microsoft Windows 10 event」を開催すると公表しました。

イベント告知ページにある「Please join us to see what’s next for Windows 10.」(Windows 10の次を見に来てください)「Imagine what you’ll do」(何ができるようになるか想像してみよう)とのメッセージから、Windows 10のアップデート発表は間違い無さそうです。

加え最近のリーク情報から、Surfaceブランドのオールインワン型デスクトップパソコンや、ゲームデバイス「Xbox」関連の話題が発表されると予想されます。特に、登場すればSurface初となるデスクトップマシンには注目が集まっており、Apple iMacの対抗馬となりつつもマイクロソフトらしいパソコンになりそうです。

発表会はマイクロソフトのイベントページにてライブ中継されるので、気になる方は眠い目を擦りながら参戦してみましょう。

続きを読む

MacBook Proに外部モニター2台繋ぐとめっちゃ幸せになれる

MacBook Pro 15インチ トリプルディスプレイ

筆者はいつも、MacBook Pro Retina 15インチに外部モニターを繋いでブログ更新を行っており、もうかれこれ4年ほど前の型落ち機種ですがパワフルなマシンなので不便なく使えています。

自宅での作業スタイルを説明すると、23インチの外部モニターでWordpress(ブログ)の投稿画面やアプリケーションドックを表示させ、MacBook Pro側でFinderでファイルの管理やFTPソフトのウィンドウを表示させる感じ。メインとして使う作業スペースはあくまでも外部モニター、サブとしてMacBook Proのディスプレイを活用しています。

これでほぼ困ることは無いのですが、更なる作業の効率化とちょっとした検証も兼ねて、しばらく使っていなかった23インチのモニターをもう一台MacBook Proに繋ぎ加えました。MacBook Pro内蔵ディスプレイと2台の液晶ディスプレイ、計3枚のトリプルディスプレイを導入してみたら文句なしの快適環境を築くことが出来ましたので、構築までの様子と作業場のビフォー・アフターをご紹介したいと思います。

続きを読む

【業界最安の戦い】nuroモバイル対DMM mobile、選ぶべきはどっち!?

dmm-mobile-vs-nuro-mobile-compare-thumbnail

今月10月からソニーネットワークより提供が開始された「nuroモバイル」。2GB〜10GBの範囲内で1GB刻みの容量選びが可能、「newer simple.それぞれの人に合ったシンプルなモバイルサービスを。」をコンセプトとし、シンプルかつ自由度の高いプラン契約が出来る格安SIMです。

また、一部のプランでは「業界最安水準」を謳うDMM mobileよりも安い事が判明、今まさにDMMモバイル vs nuroモバイル業界最安の戦が繰り広げられようとしています。業界最安級格安SIMであるnuroモバイルとDMM mobile、この両者を比較してみて選ぶべきはどちらなのか、検証してみたいと思います。

続きを読む

次期iPad Proは7.9/10.1/12.9インチ、Airやminiは廃止するとの噂

2017年 iPad Pro リーク

今年2016年10月下旬にAppleのMacBook Proが4年ぶりにメジャーアップデートされるのではと期待されていますが、来年2017年の春辺りにタブレット「iPad」のラインナップが大幅に変更されるのではとの噂が広まっています。

現在有力視されている次期iPadに関する情報をまとめると、小型版の7.9インチ、中型版は9.7インチから若干大型化し10.1インチ、大型版の12.9インチの3ラインナップ。ブランド名は一先ず「iPad Pro」に統一され、現在存在する「iPad Air」と「iPad mini」は廃止される可能性が高いとの事。

もしこれらの情報が全て真実だった場合、iPad誕生以来の大改変となりそうです。

続きを読む