Macで誤削除したデータを復元!Data Recovery Wizard for Mac

削除するはずじゃなかったファイルを誤ってゴミ箱に入れてしまい、そのまま「ゴミ箱を空にする」を押してしまった…この記事を読んでいるあなた、そんな経験をお持ちでしょうか?

筆者は何度かファイルの誤削除で痛い目に合った経験があります。せっかく外出先で撮ってきた写真データを丸ごと消してしまったり、長時間掛けて作ったLogic(音楽ソフト)のプロジェクトファイルを書類データと間違えて消してしまったり…。

ファイルの誤削除はそう頻繁に起こりうるミスではありません。しかし、悲劇は忘れた頃にやって来るわけで、せっかくのデータを丸ごと飛ばしてしまった時には、やり場のない怒りと悲しみが込み上げて来る訳ですよ。

この記事では、Macで誤削除してしまったファイルを復元してくれる、Mac専用のデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Macをレビューしたいと思います。

Mac用データ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 購入ページ – MyCommerce Online Store

今回レビュー用に「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」のProfessional版をEaseUS Software様より提供頂いているので、タイアップ記事となっています。ステルスマーケティングではありませんし、中立で率直なレビューを致します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macとは

Macのゴミ箱に誤ってファイルを入れてしまい、その後削除してしまった…。通常この状態から誤削除したファイルを取り戻すのは不可能ですが、それを可能にするのが「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」です。

また、ゴミ箱を空にしたことによって失ったファイルだけでなく、OSやソフトのクラッシュ等によって消えてしまったファイルの復元も可能とのことです。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、安全かつ効率的なMacデータ復旧ソフトです。あらゆるファイルをすべてのMacベースのドライブ及びほとんどの記憶装置から復元できます。削除、フォーマット、ウィルス攻撃、誤操作、ボリュームの障害・紛失などの原因により、失われたデータをMacパソコン、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、デジカメ、音楽プレーヤー、またはほかのデバイスから復元できます。

公式サイトより引用:Mac用データ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト

EaseUS Data Recovery Wizard for Macのダウンロードとインストール方法

EaseUS Data Recovery Wizard for Macのダウンロードとインストールを順を追って説明します。

1. 公式Webサイトよりソフトをダウンロード

公式Webサイトよりソフトをダウンロードしましょう。有料版を入手する場合は「今すぐ購入」をクリックして購入手続きに移っても良いですが、まずは「無料体験」からお試し版を使ってみましょう。

data-recovery-wizard-for-mac-website

Mac用データ復旧ソフト – EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト

後からライセンスコードを入手して認証させることも出来ますので、今回は「無料体験」を選択し進んだ場合の手順を説明します。

2. アプリケーションフォルダへドラッグアンドドロップ

「無料体験」をクリックすると、自動的にソフトのダウンロードが始まります。ダウンロードが完了したmac_drw_trial.dmgを開くとインストーラーが起動しますので、アプリアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグアンドドロップして下さい。

data-recovery-wizard-for-mac-drag-and-drop

3. 起動後、パスワードを入力

アプリケーションフォルダーの中に先ほどダウンロードしたEaseUS Data Recovery Wizard for Macが有ると思いますので、ダブルクリックで起動して下さい。

data-recovery-wizard-for-mac-icon

起動するとユーザー名とパスワードの入力が求められると思いますので、入力して「OK」をクリックです。

data-recovery-wizard-for-mac-password

4. 使うバージョンを選んでインストール完了

今回はお試しバージョンのインストーラーをダウンロードしたため、起動時に有料バージョンの購入とライセンス認証を促すポップアップが表示されました。既に有料版ライセンスコードをお持ちの方は左下の「ライセンス認証」を、これから購入する方はオレンジ色の「今すぐ購入」をクリックして下さい。

data-recovery-wizard-for-mac-startup

今回はEaseUS Software様より提供頂いたPro版のライセンスコードを入力して、認証を完了させます。

data-recovery-wizard-for-mac-license

EaseUS Data Recovery Wizard for Macの使い方

EaseUS Data Recovery Wizard for Macの導入が完了したので、早速使い方と機能を見てみましょう。非常に多機能なソフトであるため、この記事で全ての機能をご紹介することは出来ないと思いますので、今回は空にしたゴミ箱からのデータ復元を試してみたいと思います。

準備:画像データをゴミ箱に入れて削除

今回はpng画像データをゴミ箱に入れて完全に削除、その後問題なく復元出来るか試してみます。分かりやすいように、USBに入っている当ブログのロゴ画像で実験してみます。

data-recovery-wizard-for-mac-trashbox-iloveimg-compressed

初期画面で復元するファイルの種類を選択

EaseUS Data Recovery Wizard for Macの初期画面では、まずリカバリーするファイルの種類を選択します。復元したいファイルが明確に決まっているならば、画像、ドキュメント、オーディオ、動画、メール、圧縮ファイル、その他、この中から当てはまる物を選びましょう。

data-recovery-wizard-for-mac-start

ディスクを選択してスキャンを開始

復元するデータの入っていたディスクを選択してスキャンをしましょう。ここでは、png画像データの入っていたUSBメモリを選択します。

状態の欄に「サポート対象外」と書いてあるのですが、これは一体どういう意味なのでしょう…?

data-recovery-wizard-for-mac-choose-disk

復元するファイルを選択。見当たらなければ「ディープスキャン」を実行

スキャンが終わると、検出されたファイルが一覧で表示されます。

なんということでしょう、先ほど完全に削除したはずのpng画像が発見されました。でもファイル名が少し変になってますので、もしかしたらデータが若干壊れてるのかもしれません。ファイルの破損が無いか確認するために、「リカバリー」を押して復元を試してみましょう。

もし失ったファイルが見当たらない場合は、左上の「ディープスキャン」をクリックして更にじっくりとスキャンを実行しましょう。

data-recovery-wizard-for-mac-choose-file

ファイルの保存先を選択して復元実行

復元するファイルを何処に保存するのか、保存先に指定したいディスクとフォルダーを選択しましょう。聞いた話によると、復元元とは別のディスクを保存先として選択したほうが、安全性と復元の成功率が高いとのことです。

今回は外付けハードディスク内のフォルダーを選択しました。

data-recovery-wizard-for-mac-choose-save-disk

data-recovery-wizard-for-mac-recovery-done

無事、削除してしまったpng画像の復活に成功!

ファイル名は若干変わってしまっているものの、一度ゴミ箱に入れて削除してしまったpng画像を完全に復元することが出来ました!ファイルサイズも削除前と全く変わっておらず、完璧に復元が成功したと言えます。

data-recovery-wizard-for-mac-recovery-image

バージョンラインナップ・無料版と有料版の違い

Data Recovery Wizard for Macは、無料版、Pro、Bootable Media、Technicianの4つのバージョンがラインナップされています。それぞれの違いは何なのか、細かく説明します。

EaseUS Data Revory Wizard for Mac バージョン比較ページ

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 無料版

ライセンス認証の必要が無い「無料版」は、期間の制限無く基本的な機能を利用できます。ただし、復元可能なデータ容量の上限が2GBとなっており、2GB以上の大きなデータを復元するためには有料版を購入する必要があります。

削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元 o 対応しています
Time Machineバックアップから復元 o 対応しています
削除、非表示、紛失したデータやRAWパーティションからファイルを復元 o 対応しています
永久無料アップグレード x 対応していません
永久無料の技術サポート x 対応していません
顧客に技術サービスを提供 x 対応していません
ブータブルメディアからシステムを起動 x 対応していません
復元可能データ量 2GB
価格 無料

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro

Pro版では、バージョンアップグレードと技術サポートを永久無料で受けられるサービスがあります。また、復元可能なデータ量は無制限となっており、大きいファイルを復元するならPro版が良いでしょう。

公式ストアでの販売価格は、1台分のライセンスで8,900円。割高感を感じる方も居るかと思いますが、ソフトの高機能っぷりと評判の高さを考えると妥当な値段かと思います。

削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元 o 対応しています
Time Machineバックアップから復元 o 対応しています
削除、非表示、紛失したデータやRAWパーティションからファイルを復元 o 対応しています
永久無料アップグレード o 対応しています
永久無料の技術サポート o 対応しています
顧客に技術サービスを提供 x 対応していません
ブータブルメディアからシステムを起動 x 対応していません
復元可能データ量 無制限
価格 8,900円

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 購入ページへ

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Bootable Media

Macのシステムがクラッシュして起動出来なくなった時、ブータブルメディアからシステムを起動し復元作業をすることが出来ます。万が一の非常事態に備えて、Pro版に4,000円ほど上乗せしたBootable Media版を購入するというのも賢明な選択といえます。

削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元 o 対応しています
Time Machineバックアップから復元 o 対応しています
削除、非表示、紛失したデータやRAWパーティションからファイルを復元 o 対応しています
永久無料アップグレード o 対応しています
永久無料の技術サポート o 対応しています
顧客に技術サービスを提供 x 対応していません
ブータブルメディアからシステムを起動 o 対応しています
復元可能データ量 無制限
価格 13,480円

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 購入ページへ

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Technician

ソフトの最上位バージョンとなり、価格は58,000円と超高額!その代わりライセンス認証できるMacの台数は無制限、おそらく企業向けに提供されているバージョンと思われます。機能面ではPro版と変わりません。

Pro版を5台以上のMacに導入するなら、Technician版を購入した方がお得ということになりますね。

削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元 o 対応しています
Time Machineバックアップから復元 o 対応しています
削除、非表示、紛失したデータやRAWパーティションからファイルを復元 o 対応しています
永久無料アップグレード o 対応しています
永久無料の技術サポート o 対応しています
顧客に技術サービスを提供 o 対応しています
ブータブルメディアからシステムを起動 x 対応していません
復元可能データ量 無制限
価格 58,000円

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 購入ページへ

コメントを残す

*