Xiaomi Redmi Note 3 Pro 1,600万画素のカメラを試す

先日購入した「Xiaomi Redmi Note 3 Pro」のバックカメラ使って、写真と動画を撮影してみました。今回はカメラ性能のレビュー記事となります。

Xiaomi Redmi Note 3 Proの詳細レビューについては、前回の記事「Xiaomi Redmi Note 3 Proを購入!所感とレビュー」をご覧ください。

Xiaomi Redmi Note 3 Proを購入!所感とレビュー

GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM シルバー

GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM グレー

GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM ゴールド

バックカメラの形状とフラッシュ

Redmi Note 3 Proのバックカメラは、背面の指紋認証センサーの上に配置されており、本体からの突出はありません。フラッシュは、白色とオレンジ色の2灯タイプです。

静止画像の最大撮影解像度は1,600万画素(4,608 x 3,456ピクセル)、動画は最大4K解像度(3,840 x 2,160)で撮影が出来ます。

xiaomi-redmi-note-3-pro-review-camera

昼間の屋外の風景

お昼の12時頃、外出ついでにカメラの性能テスト用の写真を撮ってみました。写真をクリックすると、原寸のサイズの画像データを表示できます。

IMG_20160730_113400_small

IMG_20160730_121455_small

漁船が停まっていたので撮ってみました。ロープ(?)が一本一本緻密に表現されていて、1,600万画素の解像度の高さを感じられました。

IMG_20160730_120724_small

木の葉の先までくっきりと移っていて、なかなか良い感じ。

IMG_20160730_113758_small

IMG_20160730_113524_small

IMG_20160730_113431_small

夕焼けの風景

夕方の18時頃の夕焼けの風景を撮影しました。写真をクリックすると、原寸のサイズの画像データを表示できます。

IMG_20160728_184713_small

一切処理を施していませんが、やけに青が強調されている気がします。

IMG_20160728_185215_small

IMG_20160728_184955_small

下の画像も同日の夕暮れ時に撮ったものですが、やはりこちらも色が変です。青色はこんな感じですが、夕日がやけに紫がかってしまっています。

IMG_20160728_184821_small

屋内での撮影

屋内にて、身の回りの物を撮ってみました。外からの光と蛍光灯の明かりで撮影しています。夕焼けの写真では色味が明らかにおかしかったのですが、屋内写真は割りとナチュラルな風合いで撮れています。

写真をクリックすると、原寸のサイズの画像データを表示できます。

IMG_20160731_112417_small

IMG_20160731_111842_small

IMG_20160731_111553_small

IMG_20160731_111349_small

4K動画の映像

Googleより配信されているアプリ「Googleカメラ」を使って、4K動画を撮影しました。

Youtubeの動画設定にて「2160p 4K」を選ぶと、フルサイズでの動画再生が可能です。


GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM シルバー

GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM グレー

GearBest – Xiaomi Redmi Note 3 Pro 16GB ROM/2GB RAM ゴールド

コメントを残す

*