ポケモンGOの推奨スペックとオススメのスマホ機種

とうとう日本に上陸した「ポケモンGO」、これから始めるにあたって機種変更を視野に入れる方も居るかと思います。

この記事では、ポケモンGOを快適に遊ぶための推奨スペックと、オススメのスマートフォンをまとめました。

自分のスマホはポケモンGOに対応しているか確認してみよう

まずは、あなたのスマホがポケモンGOの動作条件を満たしているか、確認してみましょう。もし端末が以下の条件に合致しない場合、ポケモンGOのアプリは動作しない可能性が高いです。

iOS版 ポケモンGOの動作環境

  • iOS 8以降
  • GPS搭載
  • iPhone 5以降のモデル
  • iPadはiPad 2以降のモデル

Android版 ポケモンGOの動作環境

  • Android バージョン 4.4 〜 6.0.1
  • GPS搭載
  • Intel Atomプロセッサ搭載機種は非対応
  • Androidタブレットは非対応

デバイスに求められる能力と、ポケモンGOを快適に遊ぶための推奨スペック

位置情報サービスとAR技術を活用するポケモンGOアプリの弱点として、動作が重い事とバッテリーの消耗が早いことが挙げられます。

スペックの低い端末では描写が遅れたり、起動中にアプリが強制終了する可能性もあります。また、バッテリー容量の少ない端末では、アプリを長時間起動することは出来ないでしょう。

仮に動作条件を満たしていてアプリが動いたとしても、スペックの低い端末ではレスポンスなどの面からストレスを感じることでしょう。ポケモンGOで快適に遊ぶにあたっては、主に以下の点に気をつける必要があります。

ある程度のCPU性能

ポケモンGOは3Dゲームほどではないものの、ある程度のCPUの処理能力が必要と思われます。

あくまでも目安ですが、iOSではA7チップ以降を搭載した機種、AndroidではQualcomm Snapdragon 800と同等かそれ以上のCPU搭載した機種あたりが狙い目でしょう。機種の位置付け的にはミドルクラス〜ハイクラスで、「ハイエンド」程の性能は必要ありません。

十分なRAMの容量

RAM(ランダムアクセスメモリ)の容量も重要です。

現在の主流は2GBですが、格安SIM会社が提供する端末などは1GBなどの機種も存在します。

スマホゲームとは無縁のライトユーザーであれば、1GB程度のメモリでも不満を感じることはないかもしれません。しかし、ポケモンGOを快適に動作させようとするならば、2GB以上のメモリ容量は確保したいところです。

バッテリー容量はなるべく多い方が良い

ポケモンGOは従来のスマホゲームとは違い、主に屋外で遊ぶタイプのゲームです。つまり、外出先で充電は極力減らしたいところです。

先程も触れたように、ポケモンGOのアプリ起動中のバッテリー消耗については、開発側にとって最大の改善点となるでしょう。なるべく長時間充電をせずにプレイするためには、バッテリー容量の多い機種で動作させることが最善の手段です。

Androidの場合ですが、バッテリー容量2,500mAh以上のものを搭載した端末が好ましいでしょう。もし、スマホ単体でのバッテリー容量に不安を感じるならば、「モバイルバッテリー」を入手するという選択肢もあります。

iPhone 6を10回充電出来るAnker Astro E7が凄い

ポケモンGOをストレスなく遊ぶための、推奨スペックをまとめると…

iOS版 ポケモンGOの推奨スペック

  • iPhone 5s、iPad Air、iPad mini Retina以降のモデル

Android版 ポケモンGOの推奨スペック

  • CPUがQualcomm Snapdragon 800以上の処理能力
  • メモリ2GB以上
  • バッテリー容量2,500mAh以上

となります。

ポケモンGOをやり込むなら、スマホを買い換えてみるのもOK

「ポケモンGOをやり込みたいけど、スマホのスペックが足りない」という悩みを抱えている方、これを機にスマホを買い換えてみるのも良いと思います。

ある程度のCPU性能と、2GBのメモリ容量、2,500mAh以上のバッテリーを備えた、オススメのスマートフォン3機種を紹介したいと思います。また、当然GPS(位置情報サービス)に対応した機種を選ばなくてはいけません。

バッテリー容量重視なら、迷わずAndroid端末

ポケモンGOで遊ぶにあたって、iPhoneを使っても良いのですが、オススメはAndroid端末です。その理由は、バッテリー容量にあります。

iPhoneシリーズの一番の弱点は、やはりバッテリーだと筆者は感じていまして、バッテリー容量すなわち駆動時間を重視する場合、どうしてもAndroid端末に目が行ってしまうのです。


ZTE Blade V580

OSAndroid 5.1
プロセッサーMediaTek MT6753 8コア (1.3GHz)
ストレージ16GB
メモリ2GB
ディスプレイ5.5インチ 1080 x 1920ピクセル
内側カメラ500万画素
外側カメラ1,300画素
バッテリー容量3,000mAh
拡張microUSB x1、イヤホンジャックx1
SDカードMicro SDカードスロット 最大32GB
センサーGPS、指紋、ジャイロ、コンパス、照度、近接
SIMカードnano SIM
幅 x 厚さ x 高さ77.2 x 8.55 x 155.3mm
本体重量165g
カラーバリエーションシルバー、グレー

Google Nexus 5X

OSAndroid 6.0
プロセッサーQualcomm Snapdragon 808 6コア 2x1.8GHz + 4x1.4GHz
ストレージ16GB、32GB
メモリ2GB
ディスプレイ5.2インチ 1080 x 1920ピクセル
内側カメラ500万画素
外側カメラ1,230万画素
バッテリー容量2,700mAh
拡張USB-C x1、イヤホンジャックx1
SDカード無し
センサー指紋(Nexus Imprint)、GPS、ジャイロ、加速度、コンパス、環境光、近接、気圧
SIMカードnano SIM
幅 x 厚さ x 高さ147 x 7.9 x 72.6mm
本体重量136g
カラーバリエーションカーボン、クオーツ、アイス

SONY Sony Xperia Z5 Compact

OSAndroid 5.1
プロセッサーQualcomm Snapdragon 810 8コア (4x2.0GHz + 4x1.5GHz)
ストレージ32GB
メモリ2GB
ディスプレイ4.6インチ 720 x 1280ピクセル
内側カメラ510万画素
外側カメラ2,300万画素
バッテリー容量2700mAh
拡張microUSB x1、イヤホンジャックx1
SDカードMicro SDカードスロット 最大200GB
センサーGPS、指紋、加速度、コンパス、環境光、近接、気圧
SIMカードnano SIM
幅 x 厚さ x 高さ65 x 8.9 x 127mm
本体重量138g
カラーバリエーションホワイト、グラファイトブラック、コーラル、イエロー

もし、AndroidよりもiPhoneの方が良いという方は「iPhone SE」をおすすめします。

なぜなら、バッテリーの持ちがiPhoneシリーズの中でもかなり優れているためです。バッテリー容量は1,624mAhさほど多くないものの、1,715mAhの6sよりも長持ちというデータも出ています。

必ずディスプレイを使うことになるインターネット利用・ビデオ再生はiPhone 6sよりiPhone SEのほうがバッテリーながもち。やりおりますな、iPhone SE。

引用元:iPhone SEはiPhone 6sよりもバッテリーが長持ち|ギズモード・ジャパン

Apple iPhone SE

OSiOS 9
プロセッサーA9チップ
ストレージ16GB、64GB
メモリ2GB
ディスプレイ4インチ 640 x 1,136ピクセル
内側カメラ120万画素
外側カメラ1,200万画素
バッテリー容量1,624
拡張Lightning端子 x1、イヤホンジャックx1
SDカードなし
センサーGPS、指紋(Touch ID)、ジャイロ、加速度、コンパス、環境光、近接
SIMカードnano SIM
幅 x 厚さ x 高さ58.6 x 7.6 123.8mm
本体重量123g
カラーバリエーションシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド

ポケモンGOアプリは電池消耗が悩みどころ…。電池問題を解決するための「モバイルバッテリー」に関する記事を書きました。外出先でポケモンGOをガッツリやり込みたい方、是非ご覧下さい。

ポケモンGO、モバイルバッテリーは必需品!おすすめ3選

ポケモンGOを快適に遊ぶための周辺機器やグッズについてもまとめました。詳しくは下の記事をご覧下さい。

ポケモンGOを快適に遊ぶために、用意した方が良いグッズ

コメントを残す

*