ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone Max」登場。バッテリー大容量過ぎて驚き! 

ASUSはスマートフォン「ZenFone」シリーズの新機種「ZenFone Max」を3月中旬に発売します。
この機種の最大の売りは「連続待受時間1か月以上」と謳う、大容量5000mAhのバッテリーを搭載したことです。

(この記事で掲載している本体写真は、オフィシャルサイトのものです。)

ZenFone Max (ZC550KL) | スマートフォン | ASUS 日本

基本スペックをチェック

20160303180342

  • OS:Android 5.0
  • カラー:ブラック、ホワイト
  • 本体サイズ:156 ×77.5 ×5.2mm(最薄部) ~ 10.55mm(最厚部)
  • 本体重量:202g
  • 画面:5.5インチ、1,280×720ピクセル(HD画質) IPSディスプレイ
  • プロセッサー:Qualcomm Smapdragon 410
  • グラフィック:Adreno 306
  • ストレージ:eMMC 16GB+5GB ASUS ウェブストレージ
  • メモリ:2GB LPDDR3
  • 前面カメラ:500万画素
  • 背面カメラ:1300万画素
  • Wi-Fi:802.11b/g/n
  • Bluetooth:Bluetooth 4.1
  • バッテリー容量:5000mAh リチウムポリマーバッテリー
  • SIMスロット:MicroSIM x2スロット
  • その他:MicroUSBポート x1、MicroSDスロット x1、イヤホンジャック x1

タブレット並みのバッテリー容量!「連続待受時間1か月以上」とのこと

20160303174940

「ZenFone Max」の大きな特徴ともいえるバッテリー、5000mAhというタブレット並に大容量なものを搭載しています。
なんと3G接続時で約38日間、LTE接続時で約28日間の連続待受が可能とのこと!
iPhone 6 Plus(約16日)のおよそ倍にあたります。

20160303173513

(下の記事にiPhoneの機種別の連続待受時間のデータが掲載されています。)

iPhone6の連続待受時間はiPhone3Gなどと比較して悪化していることが判明 – iPhone Mania

他のデバイスを充電できる「リバースチャージ機能」がナイスアイディア!

20160303174950

ZenFone Maxのさらに凄いのが、バッテリー残量を本体で消費するだけでなく、他のデバイスの充電にあてることが出来てしまう事。

同梱の変換ケーブルで、スマートフォンWi-Fiルーター充電ができるようです。

つまり、5000mAh級のモバイルバッテリーを携帯していることになるわけですね。

これはナイスアイディアだと思います!

(これって、モバイルバッテリーも充電できるのではないか…笑 特に意味ないけど)

性能は抑え気味な印象、悪くはないが「体力温存型」の機種といえる

20160303182447

メモリは2GBストレージは16GB控えめです。

バッテリーの消費量を減らすためか、画面の解像度が1280×720ピクセル(HD解像度)で抑えられています。

5.5インチでこの解像度は少し残念な印象があります。

この頃の5インチ級端末では、1920×1080のフルHD画質以上が主流になりつつあるので…。

ちなみに、旧モデルのZenFone 2では…

  • メモリ:2GB又は4GBのLPDDR3 RAM
  • ストレージ:32GB又は64GBのeMMC
  • 画面解像度:5.5インチ、1920 x 1080ピクセル
となっており、比較してみるとZenFone Maxは、スペックよりスタミナ寄りの「体力温存型」の機種といえるでしょう。

カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開。

3月の中旬に発売予定。