ワイモバイルと格安SIM、どちらを選ぶべき?総合的に比較

ワイモバイルと格安SIMって違うの?はい違います。厳密に分類すると、格安SIM(MVNO)には属しません。

実際の料金やサービスなどはどうなのか。今回はワイモバイルと格安SIMの徹底比較をしてみようと思います。

前回は、「ワイモバイルって実際のところお得なの?長所と短所から検証」という記事を書きました。

Y!mobile オンラインストアへ

料金プランや回線速度、サービス面など、総合的にワイモバイルを長所・短所をまとめてみました

MVNOって、なんぞや?

そもそも「MVNO」とは何か、簡単に説明します。

「MVNO」とは仮想移動体通信事業者、“Mobile Virtual Network Operator”のそれぞれ頭文字をとった言葉です。

携帯キャリアというのは通常、自社で通信網を作り運用、自社のブランド名で機種を売り出す事業者のことを指します。対しMVNOは、自社で通信網の開設・運用をせず、他社の所有する設備を利用して通信サービスを提供するというものです。

MVNOの運営会社は、物理的な設備へ投資しなくて済むので、結果的に「格安SIM」などの提供が出来るわけです。

仮想移動体通信事業者 – Wikipedia

今回の記事では、ワイモバイルの料金体系を、人気のMVNO3社と比較してみて、「お得」といえるのかを検証してみたいと思います。

ワイモバイルと格安SIM(MVNO)の違いは何か

そもそも、ワイモバイルはMVNOではない

先ほどMVNOについて簡単な説明をしましたが、ワイモバイルはMVNOには属しません。

ワイモバイルというのは、あくまでもソフトバンクの携帯ブランドです。なので、ソフトバンクが運営し、回線もソフトバンク保有のものを使用しています。

(正確には旧イー・モバイルの回線網も利用していますが、イー・モバイルはソフトバンクに吸収合併されました。)

ワイモバイル回線の安定感はMVNOより良い

MVNOの場合、多数の会社が独自のブランドで展開していて、ユーザーには幅広い選択肢があります。反面、会社選びに失敗すると、「全然ネットワークにつながらないよ!」なんてトラブルを招きかねません。

ワイモバイルは、自社の回線網を使って運営しているので、回線速度や安定性はMVNOより優れているといえます。

ワイモバイルは実店舗がある。つまり安心感につながる

ビックカメラヨドバシカメライオンなどの量販店行くと、店によってはワイモバイルの実店舗があります。

店員さんと契約に関しての相談をしたり、スマホやタブレットの実機を触って確かめたいという方、ぜひ実店舗に行ってみてはいかがでしょう。実店舗があるのは安心感に繋がると思います。

ワイモバイルと格安SIMの料金を比較

ワイモバイルとMVNO(格安SIM)の基本的な違いについてはご理解いただけたと思います。

次は価格の比較をしてみようと思います。

今回比較の対象とするのは、DMM mobile楽天モバイルmineoにしました。

比較する料金プランですが、通話SIM(通話とデータ通信が可能)とデータSIM(データ通信のみ可能)のSIM1枚の場合に限りたいと思います。

ワイモバイルの料金プランを確認

まずは、ワイモバイルの料金プランを確認しましょう。

ワイモバイルには「スマホプラン割引」という割引きシステムがあります。料金システムについての詳細は、下の記事をご覧ください。

ワイモバイルって実際のところお得なの?長所と短所から検証!

スマホプラン(通話SIM) 割引あり

  • スマホプランS(1GB):月額2,980円
  • スマホプランM(3GB):月額3,980円
  • スマホプランL(7GB):月額5,980円

スマホプラン(通話SIM) 割引なし

  • スマホプランS(1GB):月額3,980円
  • スマホプランM(3GB):月額4,980円
  • スマホプランL(7GB):月額6,980円

データプラン(データSIM)

  • データプランS(1GB):月額1,980円
  • データプランL(7GB):月額3,696円

データベーシックプラン(データSIM)

  • データベーシックプランS(1GB):月額3,980円
  • データベーシックプランL(7GB):月額5,696円

格安SIM3社の料金プランと比較

DMM mobileの料金プラン

DMM mobile – 業界最安値水準の格安スマホ・SIM!速い!つながる!

シングルコース、通話SIM
  • ライト(通信速度200kbps):月額1,140円
  • 1GBプラン:月額1,260円
  • 2GBプラン:月額1,470円
  • 3GBプラン:月額1,500円
  • 5GBプラン:月額1,970円
  • 7GBプラン:月額2,560円
  • 8GBプラン:月額2,840円
  • 10GBプラン:月額2,940円
  • 15GBプラン:月額5,270円
  • 20GBプラン:月額6,790円
シングルコース、データSIM
  • ライト(通信速度200kbps):月額440円
  • 1GBプラン:月額590円
  • 2GBプラン:月額770円
  • 3GBプラン:月額850円
  • 5GBプラン:月額1,210円
  • 7GBプラン:月額1,860円
  • 8GBプラン:月額2,140円
  • 10GBプラン:月額2,190円
  • 15GBプラン:月額4,570円
  • 20GBプラン:月額6,090円

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

通話SIM
  • ベーシック(通信速度200kbps):月額1,350円
  • 3.1GBプラン:月額1,728円
  • 5GBプラン:月額2,322円
  • 10GBプラン:月額3.196円
データSIM(SMS機能あり)
  • ベーシック(通信速度200kbps):月額696円
  • 3.1GBプラン:月額1,101円
  • 5GBプラン:月額1,695円
  • 10GBプラン:月額2,570円
データSIM(SMS機能なし)
  • ベーシック(通信速度200kbps):月額597円
  • 3.1GBプラン:月額972円
  • 5GBプラン:月額1,566円
  • 10GBプラン:月額2,440円

mineoの料金プラン

mineo(マイネオ)|ドコモ・auどちらでも使えるおトクな格安スマホ(SIM)

docomoプラン シングルタイプ(データSIM)
  • 500MBプラン:月額700円
  • 1GBプラン:月額800円
  • 3GBプラン:月額900円
  • 5GBプラン:月額1,580円
  • 10GBプラン:月額2,520円
docomoプラン デュアルタイプ(通話SIM)
  • 500MBプラン:月額1,400円
  • 1GBプラン:月額1,500円
  • 3GBプラン:月額1,600円
  • 5GBプラン:月額2,280円
  • 10GBプラン:月額3,220円
auプラン シングルタイプ(データSIM)
  • 500MBプラン:月額700円
  • 1GBプラン:月額800円
  • 3GBプラン:月額900円
  • 5GBプラン:月額1,580円
  • 10GBプラン:月額2,520円
auプラン デュアルタイプ(通話SIM)
  • 500MBプラン:月額1,310円
  • 1GBプラン:月額1,410円
  • 3GBプラン:月額1,510円
  • 5GBプラン:月額2,190円
  • 10GBプラン:月額3,130円

格安SIMと比べると、ワイモバイルは割高

f:id:pasoju:20160311182540j:plain
上の棒グラフは、ワイモバイルと格安SIMの同じ容量あたりの料金を比較したものです。

通話SIMの1GBと3GBの月額料金になります。

こうして見ると、ワイモバイルの料金は格安SIMよりも2倍ほど高い事が分かります。

ソフトバンク>ワイモバイル>>格安SIM

といった感じです。

どっちを選べば良い?

これまでの比較をふまえて、ワイモバイルと格安SIMのどちらを選べば賢い選択になるのか、まとめました。

ワイモバイルに向いている人

  • よく通話をする人。1回10分・月300回の無料通話特典があります。
  • 通信速度も確保しつつ、月々の料金を抑えたい人。

格安SIMに向いている人

  • 通信速度はそこそこ。月々の料金をとにかく安くしたい人。
  • 契約の縛りが鬱陶しいという人。

Y!mobile オンラインストアへ