“レトロ”を感じる「ニンテンドー2DS」発売! 安くてコスパも良いから魅力的

2月27日、任天堂の新しいゲーム機「ニンテンドー2DS」が任天堂より発売されました!

去年(2015年)の12月26日から予約を開始し、前々から結構話題を集めていた機種です。

3D機能は無いものの、非常に魅力的なゲーム機なので、紹介しようと思います。

(この記事で掲載している本体写真は、オフィシャルサイトのものです。)

ニンテンドー2DS|Nintendo

本来は3DS売れ行き不調の打開策!?

実は、2DSそのものは2013年に存在していました。

しかしその時は北米・欧州限定での発売で、日本にはやって来ませんでした。

理由の一つとして、海外での3DSの売れ行きが伸びなかったことが挙げられるようです。

売れ行き不調を打開するために、機能を限定して価格を抑えたいわゆる「廉価版」というような位置づけで投入された製品のようです。

ニンテンドー2DSの基本的な性能をチェック

それではまず基本的な性能をチェックしてみましょう。

(情報はオフィシャルサイトより)

  • 本体サイズ:縦127mm × 横144mm × 厚さ20.3mm
  • 重量:約260g(バッテリーパック・タッチペン・SDカードを含む)
  • 上画面:3.53インチ(横76.8mm × 縦46.08mm) 400×240ドット
  • 下画面:タッチ機能付き 3.02インチ(横61.44mm × 縦46.08mm) 320×240ドット
  • バッテリー持続時間 (ニンテンドー3DSソフトをプレイ):約3.5~5.5時間
  • バッテリー持続時間 (ニンテンドーDSソフトをプレイ):約5~9時間
  • バッテリー充電時間:約3時間30分
  • カメラ:内側1個/外側2個 解像度はいずれも640×480
  • スピーカー:モノラルスピーカー
  • 無線通信:2.4GHz帯(11b 1~13ch/11g 1~11ch)
  • SDメモリーカードスロット搭載
  • ヘッドホン接続端子搭載

ニンテンドー2DSの特徴

ニンテンドー2DSの主な特徴を分かりやすくまとめてみました。

3D表示機能がない

20160301112457

2DSの最も大きな特徴、それは名前の通り「3D機能」で遊ぶことが出来ない点です。

3DS特有の裸眼立体視が好きな方にとっては、結構残念な点だと思います。

しかし3D機能の撤廃という恩恵に与って、低価格を実現しています。

折りたたみ機能は無く、フラット・コンパクトな形状

20160301112400

画面サイズは上3.53インチ、下3.02インチで3DSと変わりませんが、DSシリーズ特有の「折りたたみ」機能が備わっていません。

広げた時の3DSよりコンパクトになっているので、モバイル性に優れているといえるでしょう。

スリープさせるにはどうすれば良い??

と心配する方も居るかと思いますが、大丈夫です。

正面から見て本体右下に「スリープスイッチ」が備わっており、スライドさせることで簡単にスリープモードにすることが出来ます。

2D表示ながら3DSゲームで遊べる。DSもDSiゲームにも対応

2DSでは3DS、DS、DSiのカセットに対応しているので、数多くのタイトルを楽しめます。

また、別売のニンテンドー3DS NFCリーダー/ライターを使うことで、amiibo対応のゲームでも遊ぶことが出来ます。

※NEWニンテンドー3DSのソフトには対応していないので、注意が必要です!

ニンテンドー3DS NFCリーダー/ライター
任天堂 (2015-07-30)
売り上げランキング: 644

驚くほど安い!ソフト同梱セットで9,980円(税別)!

実は、国内では2DS本体だけの発売はされていません。(2016年3月1日現在)

懐かしのゲームボーイ版ポケモン(赤・緑・青・ピカチュウ)を蘇らせた「バーチャルコンソールソフト」と2DS本体がセットになった

「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤』限定パック」

「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 緑』限定パック」

「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 青』限定パック」

「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター ピカチュウ』限定パック」

として発売されています。

20160301211902

20160301212006

そして、なにより価格が驚き!

「ニンテンドー2DS『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』限定パック」は、どれも9,980円(税別)という低価格ぶり!!

20160301212418

ちなみに…..

New 3DSは16,000円New 3DS LLは18,800円(どちらも税別)であることを考えると、いかに2DSがリーズナブルコストパフォマンスに優れた機種であるかが分かるかと思います。