LAVIE Hybrid ZERO HZ750/DAB、モバイル性と性能共に優れた2in1

筆者が思うに、優秀なノートパソコンとはモバイル性と性能を上手く両立した機種、いわゆる「ウルトラブック」と呼ばれるものになります。

国産のウルトラブックの中でも代表的な機種として、「NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750」が挙げられるでしょう。

NEC(日本電気)が開発したLAVIE Hybrid ZERO HZ750、軽くて薄い本体に加え、性能にも優れたノートパソコンです。ディスプレイはタッチパネル機能搭載でタブレットとして使うこともできて、重量は926gと軽量。13インチクラスの2in1としては驚異的な軽さと言えます。

LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO] – ノートパソコン | NEC Direct

LAVIE Hybrid ZERO HZ750のスペック

OSWindows 10 Home 64bit
プロセッサーIntel Core i7-6500U(Skylake世代) 2.5GHz 2コア/4スレッド
ストレージSSD 256GB
メモリLPDDR3 8GB
ディスプレイ13.3インチ 2,560 x 1,440ピクセル (タッチ操作対応)
グラフィックチップIntel HD Graphics 520
光学ドライブ無し
バッテリー駆動時間最長9時間
接続端子USB3.0 x2、SDカードリーダー x1、HDMI x1、オーディオ端子 x1
幅 x 厚さ x 奥行き319 x 16.9 x 217 mm
本体重量926g

素材にこだわり926gの軽量な本体構造を実現

本体の至る所に「マグネシウムリチウム合金」を採用、普通のマグネシウム合金に対して比重は75%で、軽量化しつつ強度を確保しています。アルミニウムよりも軽く、プラスチックにも迫るほどの軽い素材を使うことで、926gという非常に軽量な本体構造を実現しています。

この先端技術は、NECとその周りの企業の努力の賜物と言えるでしょう。

超軽量マグネシウムリチウム合金の特徴や開発に関する記事見つけました。興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

マグネシウム・リチウム合金(サンマリア) | 製造品目 | 株式会社三徳

世界初! 超軽量マグネシウムリチウム合金の採用 開発・採用までのストーリー NEC PC Watch – Impress Watch

Intel Core i7+メモリ8GB、モバイル性と高い性能を両立

NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750は軽量なボディーに加えて、パワフルな性能も備えています。

プロセッサーは第6世代(Skylake)のIntel Core i7 6500U(2コア4スレッド)を搭載、クロック周波数2.4GHz、最大で3GHzのモバイル向けプロセッサーです。TDP 15Wと省電力ながら、十分な性能を確保しています。

LPDDR3の8GBメモリをオンボードで搭載、ビジネス用途などでは不満ないメモリ容量でしょう。

フルHDよりも更に高精細、タッチ対応ディスプレイを搭載

nec-lavie-hybrid-zero-hz750-display.001

搭載されているディスプレイは、WQHD(2,560 × 1,440ピクセル)のLED液晶で、フルHD(1,920 x 1,080ピクセル)よりも更に解像度が高く高精細です。

IGZOディスプレイを採用ししていて、十分な液晶の明るさを確保しつつ省電力化も図っています。

NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750はタッチ対応の2in1ラップトップですので、ディスプレイは静電容量方式のタッチパネルです。


NEC LAVIE Hybrid ZERO HZ750の他にも、おすすめのビジネス向けノートパソコンは「人気のビジネス向けノートパソコン、オススメの9機種まとめ」にて紹介しています。

人気のビジネス向けノートパソコン、オススメの9機種まとめ

本体重量1kgを切る、軽量でスタイリッシュなノートパソコンは「1kg以下は当たり前!?軽量・スタイリッシュなノートパソコン」にて紹介しています。

1kg以下は当たり前!?軽量・スタイリッシュなノートパソコン

コメントを残す

*